ガードルの効果は?

テレワークの増加や外出の自粛によって、気が付いたらお腹がぽっこり、太ももがむちむちに……。

一念発起して運動を始めても、すぐには効果ナシ。一朝一夕には解決しない悩みですよね。そんな時に頼りになるのが補正ガードルです!

ガードルは、お腹まわりやヒップライン、太ももをサポートしてくれるレディース用の補正下着です。多くの女性が悩むぽっこりお腹垂れたお尻などを補正し、美しいシルエットに見せてくれます。

また、毎日はくことでヒップのラインがキレイに癖づくことも。そのため、ブラと同じようにガードルも毎日身に着けることが大切です。

そんな頼もしい補正ガードルですが、残念ながらダイエット効果はありません。

「癖づけ」によって痩せると思われることもありますが、ガードルはあくまで補正下着。「身に着けるだけで痩せる」ということは無い点に注意してください。

ガードルの選び方は?

ガードルと一口に言っても、機能やサイズ、素材など違いがたくさんあって迷ってしまいますよね。

ここからは、自分に合ったガードルを選ぶために注意したいポイントについてご紹介していきます。

お悩みに合わせて選ぶ

ガードル選びで大切なのは自分の悩みに合ったガードルを選ぶこと。ここでは、具体的なお悩みに合わせた選び方をご紹介します。

ヒップ

女性のお尻のラインのお悩みで特に多いのは、「垂れ尻」「扁平尻」「四角尻」「出尻」

その中でも、筋肉や脂肪がたるんだ「垂れ尻」にお悩みの場合は、ヒップを上向きに補正するタイプのガードルがおすすめです。

平らな「扁平尻」は、ヒップラインを丸く補正するタイプがおすすめ。「四角尻」にはシェイプ力があり、ウエストにくびれを作ってくれるタイプがいいでしょう。

「出尻」には小ぶりなヒップを作ってくれるサポート力の強いタイプがおすすめです。

お腹

ぽっこりお腹でお悩みの場合は、ハイウエストタイプの引き締め効果のあるガードルがおすすめです。

お尻だけでなくウエストまわりもカバーしてくれるので、メリハリのある美しいボディラインを作ることができます。

太もも

むちむちとした太ももでお悩みの女性は多いですよね。そんなお悩みには、ロングタイプのガードルがおすすめです。

ロングタイプのガードルは太もも全体をカバーしてくれるので、美しいラインを見せることができます。

骨盤矯正ガードルとは?

中には体型補正だけでなく、体の悩みをサポートしてくれるガードルもあります。

男性に比べ、女性は出産や姿勢の悪さなどによって骨盤が歪みやすい傾向があります。骨盤が歪むと、おなかがぽっこりするだけでなく、肩や腰などにも影響が及ぶ場合も。

骨盤矯正ガードルは、歪んだ骨盤を元の位置に戻す骨盤ベルトとしての役割を果たしてこうしたお悩みをサポートする補正下着です。

また、加齢などにより子宮や膀胱などの内臓を支える筋肉が衰え、体型が崩れたり尿漏れになったりするといった女性の体の変化に関するお悩みもサポートしてくれます。

このような高機能ガードルを購入する際は、ガードルの表示をよく見て、どういった機能があるか確認してくださいね。

ウエスト丈から選ぶ

またガードルはウエスト丈の違いによって、補正する範囲やサポートできる部位が変わります。

補正したい部位を覆う丈のガードルを選ぶことで、より美しいボディラインを作ることができます。

ローウエスト丈

※画像はAmazonより

はきこみ丈はウエストより低い位置で、ヒップ・下腹部を補正してくれます。

おなか周りの補正効果は低めですが、苦しさは少なめでボトムズを選ばずはけます。

ジャストウエスト丈

※画像はAmazonより

下腹部をすっぽりカバーしてくれるジャストウエスト丈は、苦しさがほとんどナシ! お腹まわりを無理なく補正することができます。

ハイウエスト丈

※画像はAmazonより

補正面積がくびれまでと広いため、ウエスト部分をしっかりと補正してくれます。また、生地の厚みやボーンの有無によって、同じハイウエスト丈でも補正力が異なります。

すそ丈から選ぶ

ファッションに合わせてすそ丈をチェックすることも大切。ぴったりなすそ丈を選べば、ガードルからお肉がはみ出る! なんて事態を防ぐことができます。

ショート丈

ショート丈は短めのスカートやパンツなど、着るボトムズを選ばずはくことができるのが特徴。また、ショートガードルは着脱しやすいので初めてガードルをはくという人におすすめです。

スタンダード丈

股下が10㎝程度のスタンダード丈は、ガードルからお肉がはみ出すことを防いでくれます。お尻や太もものお肉をしっかりホールドしてくれるので、キレイなヒップラインを作れます。

ロング丈

太ももをしっかり引き締めたい場合はロング丈がおすすめです。膝上ぐらいまでカバーするので、パンツスタイルもばっちり決まります。

また、太ももからお尻まで引き上げてくれるので、ヒップの立体感もアップします。

生地のタイプから選ぶ

肌に直接触れるものだから、質感にはこだわりたいもの。シーンやファッションに合わせて生地のタイプを選べば、より快適に過ごせます。

ハードタイプ

ドレスやスキニーパンツといったボディラインが分かる服装を着るときは、より補正力の高いメッシュ素材のハードタイプが人気です。

多少締め付けがきつくてもお肉をしっかりとホールドするため、美しいボディラインをつくってくれます。

ソフトタイプ

初心者や快適さを重視する人には、ニットや薄いメッシュ素材などでできたソフトタイプのガードルが使いやすいでしょう。家事の最中や外出時など動き回るシーンでも快適に補正してくれます。

自分に合ったサイズを選ぶ

細く美しいボディラインをつくりたいからといって、小さいサイズを選ぶのはNG。小さいサイズをはいてしまうと余ったお肉がはみ出てしまい、ボディラインが不自然になってしまいます。

また、大きいサイズを履くのもNG。せっかくの補正力がムダになってしまいます。

自分に合ったガードルを選ぶには、ウエスト部分に注目することがポイント。

インナー着用後に屈伸してみてウエスト(後ろ)が下がるとサイズが小さい、ということを知っておくと自分に合ったサイズのガードルを選ぶことができます。

ガードル11商品を徹底比較!

快適だけどしっかり補整してくれるガードルを求めて、「補整力」「はきやすさ」「通気性」の比較テストを行いました!

補整力

補整力のないタイツとはき比べ、ウエストやヒップがどれくらい補整されているかをテストしました。

はきやすさ

はきづらくないか、はき終わったあと苦しくないか、モニターの意見を聞きながらチェックしました。

通気性

専門機器を使い、ガードルの生地の隙間を通る空気量を測定してムレにくさを検証しました。

※総合評価は補整力の点数を重視して決定しています。

それでは、いよいよおすすめの発表です!

薄手だから苦しさナシ! ライザップ「補整ボトム」

ライザップ
ヒップアップ
補整ボトム 3分丈
実勢価格:1320円

サイズ:M

▼テスト結果

  • 補整力: 〇
  • はきやすさ: ◎
  • 通気性: ◎+

すべてのテストで高評価を得てみごと1位を獲得したライザップ「ヒップアップ 補整ボトム 3分丈」。薄くてはきやすいのに補整もしっかりしてくれると好評でした。

薄手の生地ではき心地がよく、ウエストもヒップもナチュラルに無理なく補整しました。キュッとした小尻が叶います!

中根菜穂子 氏
ランジェリースタイリスト
中根菜穂子 氏 のコメント

ストッキングのような生地の薄さがいいですね!

ヒップがキュッと上がり、ウエストも整いおなかがキレイな平らに! 無理やり感がなくナチュラルに補整してくれます。

バランスがいい トリンプ「スピードシェイパー」

トリンプ
スピードシェイパー
298 ロングガードル[ミディアム]
実勢価格:5500円

サイズ:070

▼テスト結果

  • 補整力: ◎
  • はきやすさ: ◎
  • 通気性: ◎

同じく2位のトリンプ「スピードシェイパー 298 ロングガードル[ミディアム]」は股の部分がメッシュで通気性アリ。

ただ生地に厚みがあります。

やさしく補整 「おなか細見せガードル」

フィジカルデザイン
おなか細見せ
ガードル Airy
実勢価格:2780円

サイズ:M

▼テスト結果

  • 補整力: 〇
  • はきやすさ: ◎
  • 通気性: ◎+

4位のフィジカルデザイン「おなか細見せ ガードル Airy」は、サラっとしたはき心地でやさしくおなかとヒップを補整してくれます。

4位: フィット感良好 バンビウォーター「スタイルガードル」

バンビウォーター
スタイルガードル
実勢価格:4158円

サイズ:M

▼テスト結果

  • 補整力: 〇
  • はきやすさ: 〇
  • 通気性: ◎+

5位のバンビウォーター「スタイルガードル」は、フィット感がよくズレにくい点が高評価でした。

お尻がプリンと補整されました。

5位: 丸みのあるヒップに 「レギュラーガードル」

スタイルアップ
レギュラー
ガードル
実勢価格:2200円

サイズ:64

▼テスト結果

  • 補整力: 〇
  • はきやすさ: △
  • 通気性: ◎+

丸みのあるヒップになった6位のスタイルアップ「レギュラー ガードル」ですが、ウエスト部分が細いためはきづらいとの評価に。

5位: はきやすいけど…… ユニクロ「ボディシェイパー」

ユニクロ
ボディシェイパー
ショーツ
(スムース・4分丈)
実勢価格:990円

サイズ:M

▼テスト結果

  • 補整力: 〇
  • はきやすさ: ◎
  • 通気性: ◎

同じく6位のユニクロ「ボディシェイパー ショーツ(スムース・4分丈)」は、高い補整力はありません。

はかないよりはいたほうがいい程度です。

5位: ソフトな補整力 グンゼ「ロングソフトガードル」

グンゼ
キレイラボ
ガードルファンデ
ロングソフトガードル
実勢価格:3300円

サイズ:M

▼テスト結果

  • 補整力: △
  • はきやすさ: ◎+
  • 通気性: ◎

こちらも6位となったグンゼ「キレイラボ ガードルファンデ ロングソフトガードル」はウエストと裾が波状でズレにくくなっています。

補整力はだいぶソフトです。

8位: ユニクロと同じ GU「スタイルサポートシェイパー」

GU
スタイルサポート
シェイパーショーツ
(レース)(4分丈)
実勢価格:1490円

サイズ:M

▼テスト結果

  • 補整力: 〇
  • はきやすさ: 〇
  • 通気性: ◎

9位の GU「スタイルサポート シェイパーショーツ」はユニクロとほぼ同じという結果に。

ユニクロと違う点は、おなかの補整力が若干高いところ。その分締め付けもあります。

9位: ハイウエストで補整力◎ 「ウエストスリムルック」

メディキュット
ウエストスリムルック
ガードル
実勢価格:3922円

サイズ:M

▼テスト結果

  • 補整力: ◎
  • はきやすさ: △
  • 通気性: ◎

10位のメディキュット「ウエストスリムルック ガードル」はハイウエストで生地が厚いのが特徴。

しっかり補整はしてくれますが、おなかまわりが苦しくなります。

10位: 着圧感強め ツーハッチ「総レース骨盤ガードル」

ツーハッチ
総レース
骨盤ガードル
(ミドル丈)
実勢価格:1980円

サイズ:M

▼テスト結果

  • 補整力: △
  • はきやすさ: △
  • 通気性: ◎+

11位となったツーハッチ「総レース 骨盤ガードル」は着圧感が強い割に補整力はイマイチ。

生地がかたいのも残念。

おなかまわりの締め付け感が強い割に補整効果はそこまで見られない結果に。ヒップもさほど変わらずおなかもデコボコになってしまいました。

話題のしまむらの実力は?

しまむらにもガードルが売られていると知っていましたか?ここでは雑誌『LDK the Beauty』の姉妹誌『LDK』が過去に行ったしまむらのガードルのテスト結果をご紹介します!

しまむら
らくうすシェイプ3分丈ボトム
実勢価格:780円

▼テスト結果

  • 補正力: ×
  • はきやすさ: ○

しまむら「らくうすシェイプ3分丈ボトム」は、締め付けがない分はきやすいですが、サポート力はありません。膝上まであるので洋服を選びます。

ガードルのはき方は?

お肉を持ち上げてボディラインを補整してくれるガードル。実は普通にはくだけだと効果が半減してしまうんです。

ガードルをはく時のコツは、ストッキングのようにウエスト部分を折り返してはくこと。ウエスト部分をまくることで、はきやすくなります。

圧があるので、引き上げる時は右の膝まで引き上げたら次は左の膝まで上げ、右腿まで上げたら左腿も、というように形を整えるように上に向かって交互に引っ張りあげることが大切。

そして、はき終えたらヒップのお肉を引き上げるように整えます。

ブランドによっては独自のはき方がある場合もあるので、説明書などを読んで確認してくださいね。

ガードルの人気ランキングもチェック

ガードルのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

まとめ:ライザップでヒップもウエストも美しく!

以上、ガードルのおすすめランキングでした。

全製品とも通気性がよく、夏場であっても快適に過ごせるものばかりでした。

その中でもベストバイとなったライザップ「ヒップアップ 補整ボトム 3分丈」は、生地が薄くラクにはけるのに、ウエストからヒップまでなめらかに補整する優れた結果を残しました。

ガードルといってもその効果やはき心地はさまざま。気になった人は、記事を参考にしてぜひ試してみてくださいね。

▼ガードルのおすすめ

ライザップ
ヒップアップ
補整ボトム 3分丈
実勢価格:1320円

サイズ:M