AV機器一人暮らしに最適な
AV家電をご紹介します

家電批評編集部は毎月、多種多様な家電&デジタル製品のテストをしています。中でもAmazonで販売されている家電製品への探究心は人一倍! 日本一のAmazonウォッチャーを自称するほどです。

そんな家電批評編集部がこれまでのテストで見つけた逸品の中から「Amazonでしか買えないもの」「Amazonで買うべきもの」を厳選して、ジャンルごとに連載でご紹介します!

6回目となる今回は一人暮らしや新生活にぜひ買いたい「AV家電」の逸品をご紹介したいと思います。AV家電はAmazon内でも特に“掘り出し物”に出会える確率の高いジャンル。日本のメーカーはもちろん、海外の無名メーカーの製品がレビューで高く評価されていることもしばしば。

Amazon.co.jpより

そんな中、Amazonの「デジタル用オーディオスピーカー」の売れ筋ランキングでトップ10の常連となっているのがAnkerの「SoundCore」

AmazonベストセラーAV家電編、まずはコチラのBluetoothスピーカーからご紹介したいと思います!

AV機器Amazonでも圧倒的人気!
SoundCoreは「2」がおすすめ

Anker:SoundCore 2(改善版):スピーカー

Anker
SoundCore 2(改善版)
実勢価格:4999円

サイズ:16.8x4.7x5.6cm
重量:414g

Amazonで圧倒的な人気を誇るAnkerのBluetoothスピーカー「SoundCore 2」。手の平に収まるサイズ感と、5000円以下というお手頃価格が魅力的な一品です。

防水規格はIPXで、一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがないレベルです(試験では1mの水深で30分水没) 。

水しぶきも平気なので、お風呂に浸かりながら音楽を楽しむこともできます!

中低音がしっかりしているので車の中で使用するのもおすすめです。ただし車種によっては置き場所が十分に確保できなかったり、不安定になってしまうので要注意です。

ちなみに初代「SoundCore」との価格差は1000円程度なのですが、音の良さはもはや別次元といった感じです。初代も悪くありませんが、良い音で音楽を楽しみたい方には断然「SoundCore 2」をおすすめします!

▼SoundCore「初代」と「2」の比較検証記事

AV機器音質以外にも魅力満載!
ソニーのBluetoothスピーカー

SONY:ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB21:スピーカー

SONY
ワイヤレスポータブルスピーカー
SRS-XB21
実勢価格:1万円

サイズ:W19.3×H7.2×D6.5cm
重量:530g

Bluetoothスピーカーの逸品をもうひとつご紹介します。SONYの「SRS-XB21」は家電批評がBluetoothスピーカー21製品を集めて行った比較テストで見事1位に輝いた製品。

音質はもちろん、持ち運びしやすいサイズ感や高い防水・防塵性能なども好評で「総合力」が抜きん出ていました。

▼検証記事はコチラ

AV機器2万円チョットでハイレゾに近い
音質のソニーのウォークマン

SONY:ウォークマン NW-A55:音響機器

SONY
ウォークマン NW-A55
(本体のみ・16GB)
実勢価格:1万7674円

サイズ:W5.48×H9.73×D1.07cm
重量:98g

SONYのウォークマン「NW-A55」は2万円程度のお手頃価格ながら、上位機種と同じアンプを搭載。エントリーモデルながら機能が充実しています。

イヤホン付属のモデルであれば、すぐにハイレゾに近い音質で聴くことができます!はじめてハイレゾに触れるという方におすすめです。

▼関連記事はコチラ

AV機器テレビにつなぐだけで音声が
明瞭になる小型スピーカー

パナソニック:SC-HTB200-K:スピーカー

パナソニック
SC-HTB200-K
実勢価格:1万2828円

サイズ:W45×H5.1×D13.5cm
重量:約1.6kg

パナソニックの「SC-HTB200-K」はとにかくお手軽にテレビの音をアップデートしたいという方におすすめな、コンパクトサイズのホームシアタースピーカーです。

上位モデルのように充実したサラウンド感が味わえるわけではありませんが、人物の声が効果音に埋もれることなく、セリフがはっきりと聴こえます。

AV機器地デジ対応で防水仕様!機能も
コスパもナイスなMedia Pad

ファーウェイ:MediaPad M3 Lite 10 wp:タブレット

ファーウェイ
MediaPad M3
Lite 10 wp
実勢価格:3万1673円

サイズ(約):W24.8×H17.3×D0.71cm
重量(約):465g

10インチタブレットの中で、地デジ対応で防水仕様なのはほぼ「M3 Lite 10 wp」だけ。iPadですらこれらの機能を搭載していないことを考えると、この価格帯の製品の中では高コスパと言えます!

ソファーやベッドでくつろぎながらのテレビ視聴に持ってこいのタブレットです。

▼関連記事はコチラ

AV機器アクオスAJ1は4Kテレビの
安くていいものの丁度いいライン

シャープ:AQUOS 4T-C50AJ1:4Kテレビ

シャープ
AQUOS 4T-C50AJ1
実勢価格:8万9800円

サイズ:W112.6xH71.9×D27.1 cm
重量:21.5kg

テレビ番組をテレビで見なくなった昨今。「10万円以上する高級機は買うつもりはないけど、かといって5万円以下の格安機はチョット……」という方におすすめなのがAQUOSの「4T-C50AJ1」。

画質はもちろん、使い勝手においても格安機と大きな差があります。「ほどほどに安くていいもの」をお求めならばこの辺りが妥当だと思われます。

▼関連記事はコチラ

以上、Amazonのおすすめ品「AV家電編」でした。Amazonは安くていい掘り出し物がいっぱい。AV家電選びで迷ったらぜひチェックしてみてください。

次回最終回は「デジタル雑貨編」をお送りします。引き続きお楽しみに!