キッチンラップの選び方ひとつで食材の運命が変わります

キッチンラップ(食品用ラップ)を買うとき、みなさんは何を基準に選んでいますか? たまたま安くなっているものを買ったり、あまりこだわりなく選んでいるという方も多いのではないでしょうか。

「食品用ラップはどれでもそれほど差がない」と思っているからかもしれませんが、実は、保存テクニックと合わせてちゃんとアイテムを見直せば、いろんな食材がもっと長もちしておいしくなるんです。

エコの観点から繰り返し使えるシリコンラップも注目されていますが、汎用性が高く使い勝手がいいキッチンラップは購入の頻度が高いですよね。そこで今回テストする女性誌『LDK』が、料理家がリアルに使うときを想定して、キッチンラップのベストバイを決定しました!

キッチン使いやすいキッチンラップを選ぶポイント

食品用ラップには業務用ラップ家庭用ラップがありますが、食品を保存したり、電子レンジでのあたために使ったりと、どちらも使用目的はほぼ同じです。使われている材質によって特徴が異なるため、まずは使用目的に合った製品を選ぶようにしましょう。

前提:用途にあった素材を選ぶ

キッチンラップの主な材質には、ポリ塩化ビニリデン、塩化ビニル樹脂、ポリエチレンがあります。それぞれの特徴を踏まえた上で、用途に合ったものを選ぶようにしましょう。

ポリ塩化ビニリデン:酸化・ニオイ漏れを防ぎレンジにも対応

ポリ塩化ビニリデン素材のラップ

ポリ塩化ビニリデンは、サランラップやクレラップといった代表的な家庭用ラップの多くに使用されています。

肉や魚などの生鮮食品の保存に向いていて、食品の酸化を防ぐことができます。食品の鮮度をキープして長持ちさせることができ、ニオイ移りも防げます。また、耐熱温度も高いので電子レンジ調理にも最適。しっかりとした素材で使いやすいですが、価格はやや高めです。

塩化ビニル樹脂:熱に強く密着性がある

塩化ビニル樹脂素材のラップ

塩化ビニル樹脂は、よく伸びて熱に強く、スーパーや飲食店など業務用ラップで多く使用されている材質です。

収縮性に長けているため、器にピタっと密着して汁気が多い料理に使いやすいです。一方で酸素や水分を通しやすく、ニオイ移りしやすいため、鮮度キープという点では不安があり長期保存には不向きです。ポリ塩化ビニリデンよりも価格が安いので、ラップをよく使う人におすすめです。

ポリエチレン:耐熱性はやや低め

ポリエチレン素材のラップ

ポリエチレンは、水分を通しにくく酸素を通しやすいので、野菜や果物といった生鮮食品の保存に向いています

ただし、あまり伸びなかったり、容器からはがれやすかったりと機能面ではやや劣ります。レンジでも使えますが耐熱性はやや低く、破れたりすることも。食品の酸化やニオイ移りもしやすいですが、燃やしてもガスが出ないなど、環境面にはやさしいです。

その他の素材

特殊なものとして、ポリエチレンとナイロンやEVOH樹脂など、複数の素材が三層や五層構造になっているラップもあります。耐熱温度は170〜180℃と高くなっています。

家庭での食材の鮮度キープや電子レンジ使用が主な目的の場合は、以下のポイントで選びましょう。

家庭用なら「切れやすさ」が一番重要

1:刃の使い勝手はどうか

食材にラップをかけている様子の画像

料理をしながらササッと使いたいラップは、どんなにコスパが高いとしても、ヨレたり切れにくかったりする使いにくいものはNG! その小さなイライラが時短調理を邪魔しているんです。 なかでも切りやすさは特に重要です。

刃は紙製・プラスチック製・金属製があり、業務用など長尺のキッチンラップは、耐久性にすぐれた金属製の刃がついていることが多いです、切れ味なら金属製ですが、小さなお子さんがいる家庭ではプラスチック製や紙製が安心です。ゴミの分別でもラクです。

2:食品の酸化を防ぐか

酸素をしっかりさえぎって酸化を防ぐ「酸化耐性」があるものはしっかり食材の鮮度をキープしてくれます。

3:水分をキープするか

しっかりラップしたのに食材の水分が飛んでシナシナになってること、ありますよね。食材の鮮度を保って水分をキープする「保水性」も大切です。

4:耐熱性はどうか

ほとんどの製品がレンジ加熱から冷凍庫保存まで使えます。油の多い食品や砂糖などの高温になる食品を直接ラップに包んでの加熱は高温になることもあるため、耐熱温度が140℃のポリ塩化ビニリデン製を使うと安心でしょう。

キッチン料理家が使いやすいキッチンラップを探して3項目でテスト

今回は、おなじみの「クレラップ」「サランラップ」に加え、100均のダイソーやトップバリュ、カインズ、マツキヨなどのPBブランドなど、ドラッグストアやAmazon・楽天市場などネット販売で購入できる9製品の食品用ラップをピックアップ。

料理家にご協力いただき、プロがリアルに使うときを想定して、次の3項目でテストを行いました。

テスト1:酸化耐性

ボウルに入れたアボカド、ひき肉、むね肉のドリップ量を3日後と5日後の変色を比較。あわせて評価しました。

テスト2:保水性

ビーカーに水を入れてラップをし、一定時間後の蒸散量を精秤しました。水分を通さないラップが高評価となります。

テスト3:使い勝手

気持ちよく切れるか、巻き戻りしないか、箱の丈夫さなど使いやすさを料理家の目で検証。ストレスなくスムーズに作業できるかがポイントです。

以上の3項目をテストした結果を、評価の高かった製品からおすすめ順に発表します。

※耐熱100度以上でレンジ可の場合でも、油の多い食品や砂糖などの高温になる食品を直接ラップに包んでの加熱は危険です。

※今回検証した全ての保存アイテムは使い勝手を重視して総合評価をつけています。また、コスパは実際に小売店で購入した価格をもとに小数点第2位を四捨五入した数値です。

A+評価クレハ
「NEWクレラップ」

クレハ NEWクレラップの製品画像
王冠アイコン

クレハ
NEWクレラップ
実勢価格:158円
サイズ:幅30cm×長さ20m

耐冷-60℃、耐熱140℃
1mあたりの価格:7.9円
材質:ポリ塩化ビニリデン

※Amazonは30㎝×20m×4個の商品ページです

▼テスト結果

  • 酸化耐性:◎
  • 保水性 :◎+
  • 使い勝手:◎+

ベストバイに輝いたのは、クレハ「NEWクレラップ」。箱に滑り止め風の凹凸など工夫が凝らされていて、かゆいところに手が届くのがクレラップ。刃がプラスチックでできているので、金属の刃より分別がラクちんです。

野菜にラップをかけている様子

器にもササッとラップができます。

断面にピタッと密着して安心

キャベツにクレラップをかけている様子

サランラップと比べて若干やわらかさがあり、野菜の断面などにもしっかりと密着してくれます。

ほとんど変色なし

アボカドの色の比較

3日たってもほとんど変色が見られず、新鮮さをキープ。むね肉のドリップも一番少なかったです。

A+評価旭化成ホームプロダクツ「
サランラップ」

旭化成ホームプロダクツ サランラップの製品画像
王冠アイコン

旭化成ホームプロダクツ
サランラップ
実勢価格:163円
サイズ:幅30cm×長さ20m

耐冷-60℃、耐熱140℃
1mあたりの価格:8.2円
材質:ポリ塩化ビニリデン

※Amazonは30㎝×50m×2個の商品ページです

▼テスト結果

  • 酸化耐性:◎
  • 保水性 :◎+
  • 使い勝手:◎+

こちらもベストバイとなった、旭化成ホームプロダクツ「サランラップ」。他の製品と比べると厚みがあり、ヨレにくくて扱いやすいのが特徴。金属の刃を採用しているので引っかかりが一切なく、気持ちよく切れるのが最大の魅力です。

サランラップを食材にかけている様子

コツいらずでスパッと切れてストレスもありません。

ドリップも保水性も文句なし

アボカドの色の変化(サランラップ)

酸化耐性のテストでもほとんど変色が見られなかった。ドリップも保水性も文句なしです。

切りやすさはナンバーワン!

旭化成ホームプロダクツ サランラップの刃

金属の刃で形状がゆるやかなM字になっているのが特徴。引っかからずに一気に切れます。


A評価UACJ製箔
「グラッド プレスアンドシール」

UACJ製箔 グラッド プレスアンドシールの製品画像

UACJ製箔
グラッド プレスアンドシール
実勢価格:998円

サイズ:幅30cm×長さ21.6m
耐冷-20℃、耐熱100℃
1mあたりの価格:46.2円
材質:ポリエチレン

▼テスト結果

  • 酸化耐性:◯
  • 保水性 :◎+
  • 使い勝手:◎

A評価だったのは、コストコで話題になった不思議素材のラップ、UACJ製箔「グラッド プレスアンドシール」。表面に凹凸があり、紙皿などにも密着するのでキャンプなどのアウトドアにもオススメ。挟むだけで小分け保存できるので、包む手間も省けちゃいます。

小分け保存するなら便利

UACJ製箔 グラッド プレスアンドシールを器にかけている様子

紙皿にもピタッとくっつきます。

挟むだけで小分け保存が完成!

B評価トップバリュ「
食品保存ラップ」

トップバリュ 食品保存ラップの製品画像

トップバリュ
食品保存ラップ
実勢価格:998円

サイズ:幅30cm×長さ40m
耐冷-60℃、耐熱110℃
1mあたりの価格:2.5円
材質:ポリエチレン

▼テスト結果

  • 酸化耐性:◯
  • 保水性 :◎
  • 使い勝手:△

B評価だったのは、トップバリュ「食品保存ラップ」。水分を逃しにくいので保存向き。ただし薄くてヨレやすいのが難点です。

トップバリュ 食品保存ラップの刃にラップがついている様子

あちこちにくっついちゃいます。

B評価キッチニスタ
「キッチニスタラップ」

キッチニスタ キッチニスタラップの製品画像

キッチニスタ
キッチニスタラップ
実勢価格:107円

サイズ:幅30cm×長さ20m
耐冷-60℃、耐熱130℃
1mあたりの価格:5.4円
材質:塩化ビニル樹脂

※Amazonは幅22cm×長さ100mの商品ページです

▼テスト結果

  • 酸化耐性:◯
  • 保水性 :◯
  • 使い勝手:◯

同じくB評価だったのが、キッチニスタ「キッチニスタラップ」。きちんと刃がラップをキャッチしてくれるので、コスパ重視ならアリ!

キッチニスタ キッチニスタラップの刃

B評価のなかでは切りやすいです。

B評価宇部フィルム
「NEWポリラップ」

宇部フィルム NEWポリラップの製品画像

宇部フィルム
NEWポリラップ
実勢価格:85円

サイズ:幅30cm×長さ22m
耐冷-70℃、耐熱110℃
1mあたりの価格:3.9円
材質:ポリエチレン

▼テスト結果

  • 酸化耐性:◯
  • 保水性 :◎+
  • 使い勝手:△

宇部フィルム「NEWポリラップ」は添加物が使用されていないラップです。鮮度はそこそこキープできましたが、とにかく切りにくいのが残念でB評価でした。

宇部フィルム NEWポリラップで保存したひき肉の画像

鮮度はそこそこキープできて、保水性は高いです。

C評価カインズ「
切りやすく熱に強い食品用ラップ」

カインズ 切りやすく熱に強い食品用ラップの製品画像

カインズ
切りやすく熱に強い食品用ラップ
実勢価格:158円

サイズ:幅30cm×長さ50m
耐冷-60℃、耐熱130℃
1mあたりの価格:3.2円
材質:塩化ビニル樹脂

▼テスト結果

  • 酸化耐性:◯
  • 保水性 :△
  • 使い勝手:△

C評価だったのは、カインズ「切りやすく熱に強い食品用ラップ」。ラップが薄くて扱いにくいです。保水性がよくないので食材の変色が目立ちます。

カインズ 切りやすく熱に強い食品用ラップで保存したひき肉の画像

残念ながら水分を通しまくりで、ひき肉は変色が目立ちます。

C評価ダイソー
「キッチンラップ」

ダイソー キッチンラップの製品画像

ダイソー
キッチンラップ
実勢価格:110円

サイズ:幅30cm×長さ4.5m
耐冷-40℃、耐熱110℃
1mあたりの価格:2.4円
材質:ポリエチレン

※公式サイトは1セット60個入の商品ページです

▼テスト結果

  • 酸化耐性:◯
  • 保水性 :◎
  • 使い勝手:×

同じくC評価だったのが、ダイソー「キッチンラップ」。途中で引っかかってなかなか切れないうえに、巻き戻りしてしまいます。

ダイソー キッチンラップの刃

とにかく切れずにイライラします。

C評価matsukiyo
「ポリエチレンラップ」

matsukiyo ポリエチレンラップの製品画像

matsukiyo
ポリエチレンラップ
実勢価格:130円

サイズ:幅30cm×長さ50m
耐冷-60℃、耐熱110℃
1mあたりの価格:2.6円
材質:ポリエチレン

▼テスト結果

  • 酸化耐性:◯
  • 保水性 :◎
  • 使い勝手:×

matsukiyo「ポリエチレンラップ」もC評価でした。箱が弱く、使っているうちにベコベコになってどんどん切りにくくなります。

matsukiyo ポリエチレンラップの刃

箱の強度が低くて使いにくいです。

キッチンまとめ:2ブランドで間違いなし!

以上、キッチンラップの比較結果でした。

比較してみたところ、刃の形状がさまざまで使いやすさにかなり差がありました。

ベストバイのクレラップ&サランラップが鮮度をしっかりキープしてくれます。コスパはほぼ変わらないので、刃がプラスチックのクレラップか刃が金属のサランラップか、お好みでどちらかを選べば間違いなし! キッチンラップは頻繁に使うなら切れやすさは重要なポイントです。

次回購入時の参考にしてみてくださいね。

クレハ「NEWクレラップ」

王冠アイコン

クレハ
NEWクレラップ
実勢価格:158円
サイズ:幅30cm×長さ20m

耐冷-60℃、耐熱140℃
1mあたりの価格:7.9円
材質:ポリ塩化ビニリデン

旭化成ホームプロダクツ「サランラップ」

王冠アイコン

旭化成ホームプロダクツ
サランラップ
実勢価格:163円
サイズ:幅30cm×長さ20m

耐冷-60℃、耐熱140℃
1mあたりの価格:8.2円
材質:ポリ塩化ビニリデン

キッチンキッチンラップの売れ筋ランキングもチェック!

キッチンラップのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。