ホーム酸素系漂白剤とは? 洗濯で使うメリット

酸素系漂白剤とは? 洗濯で使うメリット 酸素系漂白剤おすすめ イメージ

洗濯物のニオイや汚れが気になると、つい洗剤を増量したくなるもの。でも、洗剤の量を増やしても効果はありません。

汚れやニオイが気になるなら、酸素系漂白剤を活用しましょう。

酸素系漂白剤とは、過酸化水素または過炭酸ナトリウムを主成分とした漂白剤のこと。水洗いできる白物や色柄物に使えるのが特徴です。

除菌・消臭効果もあるので、気になる洗濯物の臭い取りにも有効です。

タオルや下着などの雑菌が繁殖しやすい衣料を洗濯するときには、いつもの洗濯用洗剤にプラスしてみましょう。

酸素系漂白剤と塩素系漂白剤の違いは?

衣類漂白剤は主に酸素系と塩素系があります。酸素系漂白剤は繊維をいためずに汚れを落とすことができる点がメリットで、色柄の衣類にもつかえます。次亜塩素酸ナトリウムが主成分の塩素系漂白剤は生地の染料まで漂白するため、洗濯できるのは白い衣類限定になります。

液体タイプの酸素系漂白剤をテスト

液体タイプの酸素系漂白剤をテスト 酸素系漂白剤おすすめ イメージ

毎日家族全員の洗濯物をちゃんと洗っているのに、シャツの襟アカやニオイが気になる……という人も多いのでは?

それもそのはず。洗濯洗剤だけでは、ニオイや汚れまでは落としきれないことが多いんです。

そこで今回雑誌『LDK』が、お洗濯で使いやすい酸素系漂白剤の液体タイプの人気商品を徹底検証! 気になる汚れやニオイを一掃してくれるおすすめを探しました。

ホーム酸素系漂白剤の選び方は?

ハイターやワイドハイターなど、漂白剤にはさまざまな種類があり、それぞれ特徴や価格もピンキリ。ネットのクチコミやレビューを見ても、どれがいいのかわかりませんよね。

ここでは、洗濯用の漂白剤を選ぶときに着目したいポイントについて解説します。

選び方1:塩素系と酸素系の違い

塩素系は色・柄ものには注意が必要

塩素系は色・柄ものには注意が必要 酸素系漂白剤おすすめ イメージ

塩素系のハイター(アルカリ性)の主成分は次亜塩素酸ナトリウム。

漂白力が強く、染料も落として真っ白にしてしまうので、白物衣類に限って使い、色・柄ものには注意が必要です。

鼻をつくようなツーンとしたニオイがあるのも特徴的。酸性の液と混ざると有毒な塩素ガスが発生するので、取り扱いには十分注意しましょう。

酸素系は洗濯洗剤と同じように使える

酸素系は洗濯洗剤と同じように使える 酸素系漂白剤おすすめ イメージ

酸素系には過酸化水素が主成分の液体タイプと、過炭酸ナトリウムが主成分の粉末タイプがあります。

ブライト(弱酸性)やワイドハイター(酸性)などは漂白力は下がりますが、色柄物を気にすることなく、絹・毛などの繊細な素材にもOK。

洗濯洗剤と同じ要領で手軽に使えるのも魅力。汚れ具合や服の素材に応じて使い分けましょう。

洗いたい衣類の洗濯表示に、三角形または三角形に2本の斜線が入ったマークがあれば問題なく使用できるので、漂白剤が使えるかどうかチェックしましょう。

選び方2:粉末か液体か

酸素系漂白剤には液体タイプと粉末タイプとがあります。

粉末タイプは漂白力重視、液体タイプは色落ち防止重視の傾向があるので、落としたい汚れや用途に合わせて選びましょう。

漂白力が高い粉末

漂白力が高い粉末 酸素系漂白剤おすすめ イメージ

衣類にしみついた頑固な汚れを落としたいときは、漂白力が高い粉末タイプがおすすめです。

汗や血液汚れ、黄ばみには、粉末タイプの漂白剤につけ置きすると有効。40℃程度の温水を使用すると、さらに汚れが落ちやすくなります。

ただし、漂白力が高い分色落ちする可能性がある場合もあります。

おしゃれ着などにも使いやすい液体

おしゃれ着などにも使いやすい液体 酸素系漂白剤おすすめ イメージ

ニオイ除去や衣類の風合いを損ないたくない場合は、毎日の洗濯にプラスしやすい液体タイプがおすすめです。

漂白力は粉末タイプよりも劣りますが、シルクや毛といったデリケートな素材のおしゃれ着にも使えます。

色柄物に使えるとうたっている商品が多いですが、衣類に使われている色素や繊維の種類によっては色落ちする可能性もあることに注意したいです。

ホーム 酸素系漂白剤の比較方法は?

酸素系漂白剤の比較方法は? 酸素系漂白剤おすすめ イメージ

今回は雑誌『LDK』編集部が、ドラッグストアやAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどで購入できる液体タイプの酸素系漂白剤から人気商品を中心にピックアップ。

テストでは、次の2項目を比較検証しました。詳細は次のとおりです。

テスト1:洗浄力

テスト1:洗浄力 酸素系漂白剤おすすめ イメージ

洗剤の開発にも使用する人工汚染布とリアル汚れ3種類(赤ワイン、ケチャップ、紅茶)を実際に洗濯。専門の器械を使って、洗濯前後の汚染布を測色し、洗浄率を算出しました。

人工汚染布とは?

襟のアカ汚れを想定した有機質成分(オレイン酸やトリオレインなどの油性汚垢成分・蛋白質)と無機質成分(赤黄色土・カーボンブラック)で汚染した布のこと。

さまざまな洗濯まわりの商品開発に使用されるJISで規定された試験布です。

テスト2:消臭力

テスト2:消臭力 酸素系漂白剤おすすめ イメージ

悪臭液につけ込んだTシャツを洗濯し、保温後のニオイをチェック。汗臭や汚れ臭のニオイ残りの強さをプロが判定しました。

以上を比較検証した結果は、評価の高かった酸素系漂白剤のおすすめ商品からランキングで発表します。それではどうぞ!

※リンク先は詰め替え用とのセット販売ページも含みます。

ホーム酸素系漂白剤のおすすめは?

プロと一緒に実際に使ってみた、衣類用漂白剤(酸素系・液体)のおすすめランキングです。それぞれの項目を緑のボタンで並べ替えられるので、商品選びの参考にしてみてくださいね。

ランキングは項目名で並び替えられます
商品
A評価
matsukiyo衣類の濃縮漂白剤
酸素系漂白剤おすすめ matsukiyo 衣類の濃縮漂白剤 イメージ
4.25
4.50 4.00
960ml
A評価
グラフィコオキシクリーン パワーリキッド
酸素系漂白剤おすすめ グラフィコ オキシクリーン パワーリキッド イメージ
4.00
5.00 3.00
660ml
B評価
花王ワイドハイターEXパワー 液体
酸素系漂白剤おすすめ 花王 ワイドハイターEXパワー 液体 イメージ
3.25
4.50 2.00
560ml
B評価
花王ワイドハイター PRO 抗菌リキッド
酸素系漂白剤おすすめ 花王 ワイドハイター PRO 抗菌リキッド イメージ
3.25
4.50 2.00
560ml
B評価
ライオンブライトSTRONG 漂白&抗菌ジェル
酸素系漂白剤おすすめ ライオン ブライトSTRONG 漂白&抗菌ジェル イメージ
3.25
3.50 3.00
510ml

A評価【1位】matsukiyo「衣類の濃縮漂白剤」

  • matsukiyo衣類の濃縮漂白剤
  • 実勢価格: ¥294

総合評価: 4.25

 
洗浄力
 4.50
消臭力
 4.00

ニオイ落ちも汚れ落ちもどちらも優秀!

酸素系漂白剤のおすすめランキング1位を獲得したのは、A評価のmatsukiyo「衣類の濃縮漂白剤」

今回の検証の中で唯一、ニオイがしっかり落ちていたのがマツキヨ。洗浄力も問題なし。漂白剤として超優秀です。

おすすめポイント
  1. どの汚れも平均してよく落ちる
  2. ニオイがしっかり落ちる
  3. コスパも◎
内容量
960ml

洗浄力も消臭力も満足できた!

Before
Before 酸素系漂白剤おすすめ イメージ

右上から時計回りに、人工汚染布、ケチャップ、紅茶、赤ワイン汚れです。

After
After 酸素系漂白剤おすすめ イメージ

どの汚れも平均してよく落ちていました。

通常の洗濯なら、これだけ落ちれば十分でコスパもいいです!

石川英一 氏
臭気判定士/におい・かおり環境アドバイザー
石川英一 氏 のコメント

マツキヨは、思っていた以上に対ニオイ能力がありました。

A評価【2位】グラフィコ「オキシクリーン パワーリキッド」

  • グラフィコオキシクリーン パワーリキッド
  • 実勢価格: ¥577

総合評価: 4.00

 
洗浄力
 5.00
消臭力
 3.00

洗浄力はバツグン!ニオイ落ちがあと一歩

酸素系漂白剤のおすすめランキング2位は、A評価のグラフィコ「オキシクリーン(OXICLEAN) パワーリキッド」

少し生乾き臭が残るものの、消臭力は及第点。洗浄力はもっとも優れていて、どの汚れもよく落ちました。

おすすめポイント
  1. どの汚れもよく落ちて洗浄力は優秀
  2. 消臭力は及第点
がっかりポイント
  1. 少し生乾き臭が残る
内容量
660ml
型番
4582107955712

消臭力はやや劣るも洗浄力はバッチリ!

Before
Before 酸素系漂白剤おすすめ イメージ

右上から時計回りに、人工汚染布、ケチャップ、紅茶、赤ワイン汚れです。

After
After 酸素系漂白剤おすすめ イメージ

どの汚れもまんべんなく落ち、洗浄力はバツグン。しっかり汚れを落としたいときに実力を発揮しました。

石川英一 氏
臭気判定士/におい・かおり環境アドバイザー
石川英一 氏 のコメント

マツキヨは、思っていたより対ニオイ能力がありました。風に当てて完全な乾燥でOK!

B評価【3位】花王「ワイドハイターEXパワー 液体」

  • 花王ワイドハイターEXパワー 液体
  • 実勢価格: ¥307

総合評価: 3.25

 
洗浄力
 4.50
消臭力
 2.00

洗浄力は優秀もニオイは残りがち

酸素系漂白剤のおすすめランキング3位は、B評価の花王「ワイドハイターEXパワー 液体」

洗浄力は高いですが、ニオイがそこそこ残っていて、消臭力はイマイチの結果に。

内容量
560ml

B評価【3位】花王「ワイドハイター PRO 抗菌リキッド」

  • 花王ワイドハイター PRO 抗菌リキッド
  • 実勢価格: ¥397

総合評価: 3.25

 
洗浄力
 4.50
消臭力
 2.00

イヤ〜な生乾き臭が残りがちで残念

酸素系漂白剤のおすすめランキング同3位は、B評価の花王「ワイドハイター PRO 抗菌リキッド」

洗浄力は問題ないですが、生乾き臭が残っていました。消臭力はやや弱い印象です。

内容量
560ml
型番
2023010810000

B評価【3位】ライオン「ブライトSTRONG 漂白&抗菌ジェル」

  • ライオンブライトSTRONG 漂白&抗菌ジェル
  • 実勢価格: ¥228

総合評価: 3.25

 
洗浄力
 3.50
消臭力
 3.00

洗浄力も消臭力もそこそこOK

酸素系漂白剤のおすすめランキング同3位は、B評価のライオン「ブライトSTRONG 漂白&抗菌ジェル」

洗浄力・消臭力ともに悪いところなし。通常の洗濯レベルならこれで十分です。

内容量
510ml

ホーム【おまけ】粉末の酸素系漂白剤のおすすめは?

A評価【A評価】シャボン玉石けん「酸素系漂白剤」

  • シャボン玉石けん酸素系漂白剤
  • 実勢価格: ¥465

雑誌『LDK』が過去に行った粉末タイプの酸素系漂白剤検証でA評価を獲得したのは、シャボン玉石けん「酸素系漂白剤」です。

検証では「ワイン」「紅茶」「ケチャップ」で汚れ落ちをチェック。漂白力よし、コスパよし! で高評価となりました。

内容量
750g
型番
64-1220-10

粉末の酸素系漂白剤を使った黄ばみ落としの方法は?

洗濯機洗いだけでは、繊維の奥に汗汚れが残りがちに。それが、時間がたって酸化すると黄ばみとして浮き上がってしまいます。

そこで、粉末タイプの漂白剤につけ置きして白さを取り戻しましょう!

1:洗浄液を作る
1:洗浄液を作る 酸素系漂白剤おすすめ イメージ

30~40℃くらいのお湯に粉末タイプの漂白剤を適量入れて、よくかき混ぜます。使用量をしっかり守ってくださいね。

2:つけ置きする
2:つけ置きする 酸素系漂白剤おすすめ イメージ

使用方法にしたがって、えり元や袖口が浸っていることを確認して30分程度つけ置きします。その後しっかりすすいでください。

3:落ちない場合はスポンジでこする
3:落ちない場合はスポンジでこする 酸素系漂白剤おすすめ イメージ

スポンジで軽くこすって汚れが落ちたら、あとは洗濯機に入れて洗うだけ。しぶとい汚れは重点的にこすりましょう。

ホーム酸素系漂白剤のおすすめ まとめ

以上、酸素系漂白剤のおすすめランキングでした。

洗濯物のニオイや汚れが気になる場合は、酸素系漂白剤を活用しましょう。普段使っている洗濯用洗剤と併用できるので、手間もなく便利です。

今回検証した製品はどれも大差はありませんでしたが、ニオイが気になるならマツキヨ、洗浄力重視ならオキシクリーンが優秀です。

洗浄力も消臭力も満足のmatsukiyo「衣類の濃縮漂白剤」

洗浄力も消臭力も満足のmatsukiyo「衣類の濃縮漂白剤」 酸素系漂白剤おすすめ イメージ
洗浄力も消臭力も満足のmatsukiyo「衣類の濃縮漂白剤」 酸素系漂白剤おすすめ イメージ2

matsukiyo
衣類の濃縮漂白剤

matsukiyo「衣類の濃縮漂白剤」は、今回の検証の中で唯一、ニオイがしっかり落ちていて洗浄力も問題なしという評価でした。漂白剤として超優秀です。

洗浄力重視ならグラフィコ「オキシクリーン パワーリキッド」

洗浄力重視ならグラフィコ「オキシクリーン パワーリキッド」 酸素系漂白剤おすすめ イメージ
洗浄力重視ならグラフィコ「オキシクリーン パワーリキッド」 酸素系漂白剤おすすめ イメージ2

グラフィコ
オキシクリーン パワーリキッド

グラフィコ「オキシクリーン パワーリキッド」は、洗浄力はもっとも優れていて、どの汚れもよく落ちました。消臭力は及第点です。

洗濯物のニオイや汚れが気になっている人は、本記事の酸素系漂白剤のおすすめランキングを参考にお気に入りを見つけてくださいね。

ホーム洗濯用漂白剤の売れ筋ランキングもチェック!

洗濯用漂白剤のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。