家電おすすめスタンド付きマグセーフ対応モバイルバッテリーとは?

マグセーフ(MagSafe)とは?

そもそもマグセーフ(MagSafe)とはAppleが開発した、マグネットを使用したワイヤレス充電システムのこと。MagSafeを搭載しているApple製品は内蔵する磁石により、充電器やケースがピタッとくっつきます。

あなたがiPhone 12以降のiPhoneユーザーなら「マグセーフ」が使えるため、背面にマグネットで対応できるモバイルバッテリーを装着するだけでワイヤレス充電ができて便利です。コードなしで、観光中に“ながら充電”が可能。

そこで今回は、5000mAhのバッテリー容量で、宿泊先では充電スタンドとしても使える「スタンド付きマグセーフ対応モバイルバッテリー」を人気の2製品で比較しました。

それでは高評価となった、おすすめ順に紹介します。

家電おすすめスタンド付きマグセーフ対応モバイルバッテリーのおすすめは?

A+評価アンカー「622 Magnetic Battery(MagGo)」

MONOQLO: ベストバイ[リボンなし]アンカー「622 Magnetic Battery」おすすめ アンカー 622 Magnetic Battery(MagGo) A1611 イメージ1
アンカー「622 Magnetic Battery」おすすめ アンカー 622 Magnetic Battery(MagGo) A1611電源コネクタはタイプC イメージ2

電源コネクタはタイプC

アンカー「622 Magnetic Battery」おすすめ アンカー 622 Magnetic Battery(MagGo) A1611 イメージ1
アンカー「622 Magnetic Battery」おすすめ アンカー 622 Magnetic Battery(MagGo) A1611電源コネクタはタイプC イメージ2
  • アンカー622 Magnetic Battery(MagGo) A1611
  • 実勢価格: ¥5,000

おすすめはアンカー「622 Magnetic Battery (MagGo)」

ワイヤレス充電は最大7.5Wなので、有線接続と比べると充電に時間はかかりますが、コードがないので手軽。ホテルに戻った後は充電スタンドとしても使えるので非常に重宝します。

ポートは充電に加えて、12Wの出力にも対応しています。

おすすめポイント
  1. iPhoneに磁石で装着して7.5Wで充電できる
  2. ポートは12W出力にも対応
  3. スマホスタンドとしても使える
型番
A1611

ポートは充電だけでなく12W出力にも対応

ポートは充電だけでなく12W出力にも対応 アンカー「622 Magnetic Battery」おすすめ イメージ

モバイルバッテリー本体の充電用USB-Cポートは、有線でつないだ機器に最大12Wで給電も可能です。

スタンドとしてスッキリ使える

スタンドとしてスッキリ使える アンカー「622 Magnetic Battery」おすすめ イメージ

モバイルバッテリーには折りたたみ式のスタンドが付いており、ホテルに戻った後は充電スタンドとしても利用できます。スマホを充電しながら動画視聴もできるので快適です。

A評価Belkin「BoostCharge Magnetic Wireless Battery 5000+Stand」

  • BelkinBoostCharge Magnetic Wireless Battery 5000+Stand
  • 実勢価格: ¥5,354

Belkin「BoostCharge Magnetic Wireless Battery 5000+Stand」もバッテリー容量は同じで、ワイヤレス充電は最大7.5Wでスタンド付きという点は同じ。

ただ、アンカー「622 Magnetic Battery(MagGo)」の有線出力が最大12Wなのに対して、最大10Wとおよばず、次点となりました。

おすすめポイント
  1. スタンド付き
バッテリー容量
5000mAh
合計出力
7.5W
型番
BPD004

道を調べたり店の情報を検索するなど、いまや旅先での情報源として、スマホは超重要。そのスマホが充電切れとなったら、不安だらけで旅を楽しむどころではありません。快適な充電環境を持ち歩いて、楽しい旅にしましょう!

家電おすすめスマートフォン用ワイヤレス充電器の売れ筋ランキングもチェック!

スマートフォン用ワイヤレス充電器のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。