パソコン2022年上半期のヒット商品は本当にいいモノ?

2022年上半期のヒット商品は本当にいいモノ?

はやくも半分が過ぎた2022年ですが、数々のヒット商品が登場しました。ヒットに結びついたと思われるのが、コロナ禍による生活スタイルの変化です。

例えば、癒しアイテムや家事を楽にする掃除道具のほか、テレワークのお供に便利な「ながら聴き」ができるイヤホンが売れたり、ノンアルや微アルなど「控えめ」なお酒が人気になったり。でも、そんなヒット商品って、本当にいいものなのでしょうか。

そこで、テストするモノ批評誌『MONOQLO』が2022年上半期ヒット商品の実力を確かめるべく、プロと一緒に徹底テスト。「絶対買い」「買ってよし」「人によってはアリ」「ちょっと待った」の4段階でオススメ度をジャッジしました。

今回は、テレワークで圧倒的支持を受け人気を二分するハイエンドキーボード2製品です。

パソコンHHKB「
HHKB Professional HYBRID Type-S」

HHKB「HHKB Professional HYBRID Type-S」
 
王冠アイコン

HHKB
HHKB Professional HYBRID Type-S
実勢価格:3万6850円

サイズ:W294×D120×H40mm

▼検証結果

  • 打鍵感   :◎
  • 静音性   :◯
  • コンパクトさ:◎
  • 接続    :◎

▼総合評価

  • 買ってよし

HHKB「HHKB Professional HYBRID Type-S」は、打った際にほどよい反発が感じられます。また、コンパクトなので手の動きが少なくてすみ、文字を多く打っても疲れが少なめ。

接続は無線で、機器を4台まで登録できます。バッグなどに入るサイズで、出先で作業したいときにも活躍するはず。

リズム感のあるタイピングが可能

リズム感のあるタイピングが可能

カチャカチャ感のない快適な打ち心地。また、3段階の傾き調整ができ、裏側のゴムパッドのおかげで位置をずらさずに使用できます。

パソコンREALFORCE
「REALFORCE R3 R3HA13」

REALFORCE「REALFORCE R3 R3HA13」

REALFORCE
REALFORCE R3 R3HA13
実勢価格:3万4980円

▼検証結果

  • 打鍵感   :◯
  • 静音性   :◎
  • コンパクトさ:◯
  • 接続    :◎

REALFORCE「REALFORCE R3 R3HA13」は、HHKBと比べてストロークが浅いためか、静音性はやや優れる印象。キーが多くサイズがあるので、大きいデスクで使いたいところ。

接続は無線で4台まで登録可能。ゆっくりと沈み込むような打鍵感が好みなら十分ありです。

より重厚感のある打ち心地

より重厚感のある打ち心地

HHKBの製品との大きな違いは、ファンクションキーの有無。ショートカット操作を多用するという人は、REALFORCE「REALFORCE R3 R3HA13」の方が使いやすいかもしれません。

HHKBとREALFORCEの製品はサイズ感が違う

HHKBとREALFORCEの製品はサイズ感が違う

コンパクトなHHKB「HHKB Professional HYBRID Type-S」に対して、REALFORCE「REALFORCE R3 R3HA13」のサイズは大きめ。サイズに大きな違いがあるので、選ぶときには留意しましょう。

以上、2022年上半期に話題になったハイエンドキーボード2製品でした。どちらも快適ですが、適度な反発でより疲れないのはHHKB「HHKB Professional HYBRID Type-S」

テレワークの効率アップなどでハイエンドキーボードが気になっている方は、参考にしてくださいね。

パソコンキーボードの売れ筋ランキングもチェック!

キーボードのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。