パソコン405人の家電ツウに調査! 家電・デジタル総選挙、結果発表

ネットを疑う家電ガイド『家電批評』では毎月、プロと一緒に数多くの家電を検証・紹介していますが、いつものやり方では全ての製品をなかなかフォローできません。

そこで、識者の方々だけではなく読者の皆さまや家電好き芸人さんに自分が評価するオススメ家電の一斉アンケートを実施。『家電批評』にてベストバイになった製品が上位にくる傾向はありましたが、意外なアイテムが大健闘していたりと、興味深い結果に!

皆さまのご協力のもと完成した集計結果から、とくに票を集めた上位をピックアップし、ジャンル別に人気者を紹介します!

パソコンパソコン専門雑誌が選んだ便利な入力デバイス3選!

自宅でテレワーク中という方も多い昨今。オフィスとはPC環境が違うため、やりづらさを感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで数々の家電を検証してご紹介している『家電批評』が、弊社が誇るパソコン専門誌『Mr.PC』とタッグを組んで、ちょっと変わり種のおすすめ入力デバイスをご紹介します。

▼差をつけるデジタル活用誌『Mr.PC』

今回は、NumsのトラックパッドカバーやNeonodeのタッチ操作デバイスなど3選。本音で評価するパソコン専門誌が認めたアイテムです。

パソコン貼るだけでテンキー追加!Nums「trackpad cover」

Nums
trackpad cover MACP13
実勢価格:3825円

サイズ:W135×H0.26×D84mm
対応モデル:MacBook Pro 13インチ 2016~2019

Nums「trackpad cover MACP13」は、テンキーが印刷されたトラックパッドカバー。自宅パソコンにはテンキーがなくて作業がやりづらいという方にぜひおすすめです。

MacBook用とSurface用があり、貼るだけでトラックパッドモードとテンキーモードを切り替えて使えるようになります。

カバーをトラックパッドに貼り、専用ソフトをインストールすれば準備は完了です。

専用ソフトをインストール。

テンキーが使えるのはやっぱり使いやすいです。

Mr.PC
差をつけるデジタル活用誌
Mr.PC のコメント

トラックパッドに貼るだけ!

パソコンタッチ画面非搭載でも指でOK! Neonode「AirBar 14.0」

Neonode
AirBar 14.0 AIRBAR140
実勢価格:1万2980円

サイズ・重量:約W339×H5×D17mm・約55g
接続ポート:USB Type-A
対応OS:Windows 10

タッチ画面非搭載のノートPCでWindows10を使っているユーザーにオススメしたいのが、こちらのNeonode「AirBar 14.0 AIRBAR140」

マグネット式になっているこのセンサーを画面の下に付けると、まるでタッチ対応PCのように画面に触って操作ができちゃいます。

画面の下端に合わせて付け、あとはUSBポートに差し込むだけ。

画面のすぐ下にマグネットで装着します。
タッチ画面のように指で操作!

タッチ画面非搭載でも、触れた指の位置をセンサーが読み取ってくれます。

Mr.PC
差をつけるデジタル活用誌
Mr.PC のコメント

マグネットで簡単に脱着できます。

パソコンリモコン感覚でPC操作! AREA「TWIN Wireless Board」

AREA
TWIN Wireless Board SD-KB24GBT
実勢価格:5500円

サイズ・重量:W155×H16.5×D89mm・112.5g
無線通信:Bluetooth 4.0、2.4GHz無線
バッテリー容量:700mAh
動作時間:最大約46時間(Bluetooth通信時)
充電端子:MicroUSB
対応OS:Windows 10/8.1以降、Android 6.0以降

ひとつあると便利なのが、リモコン感覚で使える小型のワイヤレスキーボード。AREA「TWIN Wireless Board SD-KB24GBT」はトラックパッド付きで、マウス操作もできます。

ちょっとした操作なら、いちいちパソコンの前に行かなくて済むので快適です。

リモコン感覚で便利です。
Mr.PC
差をつけるデジタル活用誌
Mr.PC のコメント

離れた位置からPCを操作!

以上、パソコン専門誌『Mr.PC』がおすすめする、テレワーク派も2度見の珍品・入力デバイス3選でした。テレワークを快適にしてくれるアイテムですので、ぜひ試してみてください!