パソコン電波が届かない場所をなくしたいならメッシュWi-Fi

電波が届かない場所をなくしたいならメッシュWi-Fi メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ

これまでの家庭用Wi-Fiネットワークは、PCやスマホ、タブレッドなどを1台の無線LANルーターに接続し通信していました。接続するデバイスが少ないうちは問題なく使えますが、多くのデバイスを接続すると無線LAN速度が低下してつながりにくくなってしまうことも……。広いマンションや戸建て住宅での利用においても、電波が届きにくく、途切れる場所が生じたりします。

電波が届かない場所をなくしたいならメッシュWi-Fi メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ2

「メッシュWi-Fi」のネットワークを活用すれば、接続する端末が5台、10台と増えても通信を分散させることができるほか、一番電波の状態がいいルーターに接続されるため高品位な通信が行えるというメリットがあります。

複数のルーターや中継器を設置するものの、全体を通してひとつのメッシュネットワークと認識されるため、いちいち接続先を選ぶ煩わしさもありません。昨今、Wi-Fi接続に対応する機器の多様化や接続台数の増加により、“快適に通信したい”というニーズはどんどん高まるばかり。

そこで本記事では、つながりやすさを重視したい人にオススメの「メッシュWi-Fiルーター」に注目。比較テストを行い、おすすめランキングを発表します。

パソコンそもそもメッシュWi-Fiとは?

そもそもメッシュWi-Fiとは? メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ

これまで、家庭用のWi-Fiは場所によってつながりにくという欠点がありました。そこで登場したのがメッシュWi-Fiです。
メッシュWi-Fiは、強力な信号を発することで、パソコンやスマホを家中どこで使っても死角ができることなく快適なネット環境を提供できるのです。

また昨今は、通信速度も向上し、上位モデルは単体のハイスペックルーターと同等の速度を発揮します。

メッシュWi-Fiの役割

メッシュWi-Fiの一番の役割は「家の中で、どこにいても途切れることなくネットがつながる」という点につきます。

従来のルーターを使ったWi-Fiシステムでは、2階建ての家屋などでは、1階にルーターを置くと2階ではつながりにくいというケースが多くありました。このような「家庭内のネットストレス」を解消するために開発されたのがメッシュWi-Fiというわけです。

メッシュWi-Fiの機能

メッシュWi-Fiは、複数の本体ユニットにサテライト(中継器)を合わせて独自のネットワークシステムを稼働させて利用する仕組みとなっています。モデムを本体ユニットに接続してサテライトを家の中のいろいろな場所に設置することで、どの場所にいてもWi-Fiの電波をキャッチできるというわけです。

元来は、駅などの公共施設用に開発されたシステムで、親機からサテライトを組み合わせることによって、親機への負荷を軽減し、自宅内でも快適な通信環境を構築できるのが特徴です。

パソコンメッシュWi-Fiのメリットとデメリット

メッシュWi-Fiのメリットとデメリット メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ

メッシュWi-Fiのメリット

メッシュWi-Fiの「メッシュ」とは「網の目」という意味。すなわち、家庭内でもWi-Fiの電波を網の目のように張り巡らせて理想的なネット環境を構築できる、という点が最大のメリットといえます。

しかも設定が簡単で、サテライトを増設して自分なりにカスタマイズできるという点も大きな特徴です。特に、テレワークや在宅勤務で仕事をする社会人にとっては、とてもありがたいシステムだといえるでしょう。

メッシュWi-Fiのデメリット

メッシュWi-Fiの最大のデメリットは「値段が高額」という点です。人によっては価格面で購入をためらうユーザーも多いことでしょう。サテライトを増設すれば、その分余計に費用がかかることもデメリットだといえます。

ただし、メッシュWi-Fiのデメリットは価格面だけなので、現在の自宅のネット環境がメッシュWi-Fiに代わることで受ける恩恵と費用とのバランスを考えて、充分に費用対効果ありと判断できるのなら導入を推奨できます。

パソコンメッシュWi-Fi Q&A

Q. リビングではつながるのに 他の部屋だとつながらない。どうしたらいい?

A. 中継機かメッシュWi-Fiを使いましょう。

2階建てや2LDK以上になると、Wi-Fiの電波が届きにくい部屋が生じがちです。中継機やメッシュは、ルーターからの電波を中継し、再発信してくれるため、手軽につながりやすくできます。

Q. 中継機とメッシュWi-Fi ってなにが違うの?

A. 中継機は子機、メッシュはすべて親機です。

中継機とメッシュWi-Fiは「単独のWi-Fiルーターでは電波が届きにくい場所にも電波を受信できるエリアを拡大する」という目的は同じですが、親機の電波を中継してエリアを拡大する中継機は、中継するたびに電波が減衰してしまいます。それに対しメッシュはサテライトと親機で同一のネットワークをつくるので、電波の減衰が起こらず、安定した通信が期待できます。

中継器

中継器 メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ

中継器は、あくまでも親機とは別として認識。

◯設置や設定が簡単
◯安価に購入できる
✕電波は減衰してしまう

メッシュ

メッシュ メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ

サテライトも親機として認識する。

◯通信が高速かつ安定
◯サテライトを後から追加しやすい
✕効果かつ設定が難しい
◯通信が高速かつ安定◯サテライトを後から追加しやすい✕効果かつ設定が難しい メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ

メッシュ:濃い緑色が通信が電波強度が強く、安定している範囲です。

通常のルーター:通常のルーターだと一部の場所で、電波が弱く不安定です。

Q. 今持ってるルーターはメッシュにできない?

A. 実は一部対応機種ならできます。

今使用しているルーターが「EasyMesh」に対応している製品の場合、同様にEasyMesh対応している製品を買い足して設定すれば、メッシュ環境を構築することが可能です。

EasyMeshとは

メッシュの規格の一つで、より簡単に設定できるように制定された統一規格のこと。それぞれ単独で機能するWi-Fi ルーターや、異なるメーカーの機器でメッシュを構築できたりします。

EasyMeshを利用する場合、同 一メーカーのル ーター同士で組み合わせるのがスムーズです。

パソコンWi-Fiルーターの選び方は?

ルータ選びでまずチェックしてほしいのは、パッケージです。ルーターのパッケージにはさまざまな情報が記載されていますが、その分、専門用語も満載。どこをどう見ていいかチンプンカンプンという人は、次の5項目をチェックしましょう。

パッケージは通信規格と接続台数をチェック

パッケージは通信規格と接続台数をチェック メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ

1. Wi-Fi規格

接続端末と同等かそれ以上の規格を選ぶ

現在販売されている主なWi-Fi規格は、Wi-Fi 5とWi-Fi 6。Wi-Fi 5も使えはするものの、主流規格であるWi-Fi 6を選んだほうが安心です。

2. 最大通信速度

6GHzと5GHz、2.4GHzすべての速度を確認

3つの周波数帯の最大速度(理論値)が記載されています。あくまで目安ですが、速度にこだわるなら高いものを選びましょう。

3. ネットの接続方式

IPv6/IPoE対応のものを選ぶ

ネットへの接続方式にはIPv4とIPv6の2種類があり、IPv6のみ、より速く通信できるIPoEというサ ービスに対応しています。

4. ストリーム数

ストリーム数が多いほど高性能

ストリーム数とは、同時に飛ばせる電波の数のこと。飛ばせる数が多いほど高速で、複数端末の接続にも強くなります。

5. ポートの10ギガ対応

光回線が2Gbps以上なら対応は必須

最近は最大速度2Gbps以上の光回線が登場しており、その速度を最大限に活かすには、ポートも10Gbps対応が必要になります。

6. 同時接続台数

自宅の接続端末数より少し多いものを

同時に接続可能な端末数の目安。最近はさまざまな家電製品がWi-Fi接続するようになっているので、多いものを選んでおくと安心です。

パッケージの通信速度はあくまで理論値!実際はそこまで速度は出ない

パッケージに書かれている最大通信速度はあくまで理論値なので、そこまでの速度は出ないのが普通です。実際にバッファローのWi-Fi 6対応モデル「WXR-6000AX12S」を使用し、戸建て住宅のリビング、書斎、寝室で計測したところ、平均速度は下りでも理論値の3分の1以下でした。あくまでルーターを購入する際の目安として考えましょう。

パッケージの通信速度はあくまで理論値!実際はそこまで速度は出ない メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ

5GHzの理論値は4803Mbpsですが、実測値の平均は下りでも994.91Mbpsでした(設置環境などによります)。とはいえこれでも、十分すぎるほど高速。最大通信速度が高いほど、それだけ性能が高いということなので、選ぶ際はしっかりチェックしましょう。

高額なルーターはそれだけの価値アリ! 通信が速くて多機能です

ルーターには、3000円程度で買える格安機から、3万円を超える高級機までいろいろあります。格安機と高級機で何が違うのかというと、まずは「ストリーム数の多さ」。高級機ほどストリーム数が多くなり、通信が高速になります。

ほかにも、複数端末との同時通信が可能な「MU-MINO」や端末に向けて電波を集中的に飛ばす「ビームフォーミング」、5GHz帯と2.4GHz帯の空いているほうに自動で切り替えて通信する「ハンドステアリング」など、通信を快適化するための機能が充実しています。

ストリーム数が多く通信が高速

ストリーム数が多く通信が高速 メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ

ストリーム数が多いと通信を束ねて送受信できるため、格安機より通信速度が速い傾向に。また、ストリームを使い分けての送受信も可能になるので、たくさんの機器を接続することが可能になります。

「MU-MINO」で複数台と同時通信

「MU-MINO」で複数台と同時通信 メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ

以前は複数の端末を同時接続した場合、1台ずつ通信するためタイムラグが発生していました。しかし、ビームフォーミング技術を応用した「MU-MINO」なら、完全に同時通信ができ、タイムラグが生じません。

端末を狙い撃つ「ビームフォーミング」

端末を狙い撃つ「ビームフォーミング」 メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ

端末の位置を追跡し、その端末に向かって電波を届きやすくする機能。電波を絞って飛ばすため、障害物があってもしっかり届くようになります。ただし、端末側もこの機能に対応している必要があります。

周波数帯を自動で振り分けてくれる「ハンドステアリング」

周波数帯を自動で振り分けてくれる「ハンドステアリング」 メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ

5GHz帯と2.4GHz帯への接続を自動で振り分けてくれる機能が「ハンドステアリング」。その時々の通信状況を見て、余裕がある周波数帯に自動的に振り分けるため、速度低下を防ぐことができます。

家族全員でWi-Fiを使い倒すなら「トライバンド」を

「トライバンド」とは、5GHz帯の通信経路を2本、2.4GHz帯の通信経路を1本の合計で3本の通信経路を持つWi-Fiの通信方式。5GHz帯の通信経路が2本あるため、一度に通信できるデータ量が多く、4K動画などの大容量コンテンツの通信でも通信経路を切り替えることで、高速なのはもちろん安定した通信が可能になります。

トライバンド

トライバンド メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ

トライバンドは、5GHz帯の通信経路を1本増やすことで、3つの通信を行い、より安定した通信が可能に。接続台数が多い人は購入を検討する価値アリです。

デュアルバンド

デュアルバンド メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ

従来のデュアルバンドでは、5GHz帯と2.4GHz帯の通信経路が1本ずつで、接続端末が増え、負荷がかかると通信速度が不安定になる弱点があります。

パソコンメッシュWI-Fiルーターのテスト方法は?

今回はメッシュWI-Fiルーター10製品をテストしました。

▼検証方法はこちら

4部屋で測定して順位を決定

実際の使用環境を再現すべく、一戸建て(1、2階)でテストを敢行しました。Wi-Fiルーターを設置した隣の部屋はもちろん、別の階でのつながりやすさもしっかりチェックしています。

4部屋で測定して順位を決定 メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ

ルーターは上図の一戸建ての2階(1)ベッドルームに設置。Wi-Fi 6Eに対応したノートパソコンを使用して、4つのポイントで転送速度を測定しました。
(1)ベッドルーム
(2)書斎
(3)キッチン
(4)リビング
ランキングは、4つのポイントの最高速度と平均速度、付加機能を点数化し作成しました。

メッシュWi-Fiルーターの最適解ははたして?

それでは、メッシュWi-Fiルーターのおすすめランキングを発表します。

パソコンメッシュWi-Fiルーターのおすすめは?

プロと一緒に実際に使ってみた、メッシュWi-Fiルーターのおすすめランキングです。それぞれの項目を緑のボタンで並べ替えられるので、商品選びの参考にしてみてくださいね。

ランキングは項目名で並び替えられます
商品
A+評価
TP-LinkDeco BE85(2パック)
メッシュWi-Fiルーターおすすめ TP-Link Deco BE85(2パック) イメージ
4.60
4.60
128mm
128mm
236mm
非公表
IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax/be
6GHz:5760Mbps、5GHz:5760Mbps、2.4GHz:1376Mbps(2023年7月時点)
12
10Gbpsポート×1、10Gbps SFP+/RJ45コンボ×1、2.5Gbpsポート×2
WAN/LAN自動判別
A+評価
TP-LinkDeco XE200(2パック)
メッシュWi-Fiルーターおすすめ TP-Link Deco XE200(2パック) イメージ
4.25
4.25
130mm
123.5mm
241mm
不明
IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
6GHz:4804Mbps、5GHz:4804Mbps、2.4GHz:1148Mbps
16
10Gbpsポート×1、ギガビットポート×2
WAN/LAN自動判別
A評価
TP-LinkDeco X95(2パック)
メッシュWi-Fiルーターおすすめ TP-Link Deco X95(2パック) イメージ
3.80
3.80
130mm
123mm
210.5mm
非公表
IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
5GHz-1:4804Mbps、5GHz-2:2402Mbps、2.4GHz:574Mbps
8
2.5Gbpsポート×1、ギガビットポート×2
WAN/LAN自動判別
A評価
TP-LinkDeco X50-PoE(2パック)
メッシュWi-Fiルーターおすすめ TP-Link Deco X50-PoE(2パック) イメージ
3.60
3.60
154mm
154mm
68.6mm
非公表
IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
5GHz:2402Mbps、2.4GHz:574Mbps
4
2.5Gbpsポート×1、ギガビットポート×1
WAN/LAN自動判別
B評価
バッファローAirStation WNR-5400XE6/2S
メッシュWi-Fiルーターおすすめ バッファロー AirStation WNR-5400XE6/2S イメージ
3.10
3.10
140mm
75mm
217mm
610g(約、本体のみ)
IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
6GHz:2401Mbps、5GHz:2401Mbps、2.4GHz:573Mbps
6
◯(バンドステアリングLite)
2.5Gbpsポート×1
1Gbpsポート×3
B評価
LYNKSYSAtlas Pro 6 MX5502-JP-N
メッシュWi-Fiルーターおすすめ LYNKSYS Atlas Pro 6 MX5502-JP-N イメージ
3.00
3.00
86mm
86mm
285mm
730g
IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
5GHz:4804Mbps、2.4GHz:574Mbps
6
ギガビットポート×1
ギガビットポート×3
C評価
TP-LinkDeco X50(2ユニットパック)
メッシュWi-Fiルーターおすすめ TP-Link Deco X50(2ユニットパック) イメージ
2.80
2.80
110mm
110mm
114mm
非公表
IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
5GHz:2402Mbps、2.4GHz:574Mbps
4
ギガビットポート×3
WAN/LAN自動判別
C評価
LINKSYSAtlas 6 MX2002-JP
メッシュWi-Fiルーターおすすめ LINKSYS Atlas 6 MX2002-JP イメージ
2.75
2.75
86mm
86mm
185mm
530g
IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
5GHz:2402Mbps、2.4GHz:574Mbps
4
ギガビットポート×1
ギガビットポート×3
C評価
バッファローWNR-3000 AX4/2S
メッシュWi-Fiルーターおすすめ バッファロー WNR-3000 AX4/2S イメージ
2.70
2.70
120mm
73mm
174mm
370g(約、本体のみ)
IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
5GHz:2401Mbps、2.4GHz:573Mbps
4
◯(バンドステアリングLite)
1Gbpsポート×1
1Gbpsポート×3
C評価
LINKSYSVELOP MX8400-JP
メッシュWi-Fiルーターおすすめ LINKSYS VELOP MX8400-JP イメージ
2.70
2.70
110mm
110mm
259mm
950g
IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
5GHz-1:2402Mbps、5GHz-2:1201Mbps、2.4GHz:574Mbps
8
ギガビットポート×1
ギガビットポート×3

A+評価【1位】TP-Link「Deco BE85(2パック)」

  • TP-LinkDeco BE85(2パック)
  • 実勢価格: ¥99,900

総合評価: 4.60

総合評価
 4.60

全部屋1Gbps超えでつながる最上位のWi-Fiルーター

メッシュWi-Fiルーターのおすすめランキング1位でベストバイは、A+評価のTP-Link(ティーピーリンク)「Deco BE85(2パック)」です。

TP-Link「Deco BE85(2パック)」は、次代のWi-Fi規格の「Wi-Fi 7」(※)にいち早く対応したルーター。5GHz帯の下りは平均速度で1.2Gbpsと他を圧倒。今回比較した10製品中でも最速で、上りの平均速度でも10製品中2番手と文句ありません。

通信経路をあらわすストリーム数も12と余裕があり、これによって同時接続のWi-Fi器が増えても安定した通信ができます。

本体サイズは大きいですが、白い筒型のデザインのために設置面積はそれほど必要としません。

Wi-Fi 7に対応し、とにかく速度優先ならおすすめです。

(※)Wi-Fi 7はドラフト版のため(テスト時)、本製品の6GHz帯の320MHz幅は利用できません。

おすすめポイント
  1. Wi-Fi 7に対応
  2. 全部屋1Gbps超えでつながる
  3. 音声アシスタントで操作可能
128mm
奥行
128mm
高さ
236mm
重量
非公表
Wi-Fi 7
Wi-Fi 6E
Wi-Fi 6
Wi-Fi 5
無線LAN規格
IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax/be
Wi-Fi最大転送速度(理論値)
6GHz:5760Mbps、5GHz:5760Mbps、2.4GHz:1376Mbps(2023年7月時点)
ストリーム数
12
トライバンド
バンドステアリング
メッシュWi-Fi
IPv6(IPoE)
WAN(インターネット)ポート
10Gbpsポート×1、10Gbps SFP+/RJ45コンボ×1、2.5Gbpsポート×2
LANポート
WAN/LAN自動判別
型番
DECO BE85 2-PACK

▼テスト結果

  • 速度(5GHz帯上り):◯
  • 速度(5GHz帯下り):◎+
  • 付加価値:◎+
全部屋1Gbps超えでつながる最上位のWi-Fiルーター メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ

下りの最大・平均速度ともに、10製品中でトップを記録。とにかく速度を優先するなら本製品で間違いありません。

ココがスゴイ!音声アシスタントで操作できる

ココがスゴイ!音声アシスタントで操作できる メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ

ルーターは設定がめんどうですが、「Deco BE85(2パック)」は音声アシスタントで一部の設定が可能。専用アプリも用意されています。

ココがスゴイ!旧・下位モデルともメッシュを構築

ココがスゴイ!旧・下位モデルともメッシュを構築 メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ

すでにTP-Linkのメッシュルーターを所持しているなら、接続して電波の弱い場所などをカバーするのに利用できます。また、TP-Link製のルーターを買い足していけば、メッシュが広がります。

A+評価【2位】TP-Link「Deco XE200(2パック)」

  • TP-LinkDeco XE200(2パック)
  • 実勢価格: ¥71,600

総合評価: 4.25

総合評価
 4.25

16ストリームのパワーで同時接続に強い!

メッシュWi-Fiルーターのおすすめランキング2位は、A+評価のTP-Link(ティーピーリンク)「Deco XE200(2パック)」

TP-Link「Deco XE200(2パック)」は、Wi-Fi 6Eに対応したトライバンドメッシュルーター。16ストリームとテストした10製品の中では最多の数で、家中どこでもたくさんつながるというメッシュの理想を実現してくれます。

5GHz帯の下りでは別フロアでも1Gbps超えを記録しており、速度にも不満はありません。家の中がIoT機器であふれているなら、検討してみましょう。

おすすめポイント
  1. ハイスペックルーター超えの速度を発揮
  2. 同時接続数が10製品中最多
130mm
奥行
123.5mm
高さ
241mm
重量
不明
Wi-Fi 7
Wi-Fi 6E
Wi-Fi 6
Wi-Fi 5
無線LAN規格
IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
Wi-Fi最大転送速度(理論値)
6GHz:4804Mbps、5GHz:4804Mbps、2.4GHz:1148Mbps
ストリーム数
16
トライバンド
バンドステアリング
メッシュWi-Fi
IPv6(IPoE)
WAN(インターネット)ポート
10Gbpsポート×1、ギガビットポート×2
LANポート
WAN/LAN自動判別
型番
DECO XE200 2-PACK

▼テスト結果

  • 速度(5GHz帯上り):△
  • 速度(5GHz帯下り):◎+
  • 付加価値:◎+
16ストリームのパワーで同時接続に強い! メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ

同時接続数10製品中最多

同時接続数10製品中最多 メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ

スマホ・タブレット・パソコンなど、増え続けるIoT機器をすべて繋げます 。

A評価【3位】TP-Link「Deco X95(2パック)」

  • TP-LinkDeco X95(2パック)
  • 実勢価格: ¥39,800

総合評価: 3.80

総合評価
 3.80

Wi-Fi 6の過去ベストバイ機

メッシュWi-Fiルーターのおすすめランキング3位は、A評価のTP-Link(ティーピーリンク)「Deco X95(2パック)」

2位のTP-Link「Deco XE200(2パック)」と同形状ですが、Wi-Fi 6対応のため価格がだいぶ下がります。通信速度は最速1Gbps(5GHz帯下り)を超えており、使用していて差を感じることはあまりないかも。

最新規格にこだわらないなら選択肢のひとつです。

おすすめポイント
  1. Wi-Fi 6対応のため安い
  2. 有線ポートは2.5G対応
130mm
奥行
123mm
高さ
210.5mm
重量
非公表
Wi-Fi 7
Wi-Fi 6E
Wi-Fi 6
Wi-Fi 5
無線LAN規格
IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
Wi-Fi最大転送速度(理論値)
5GHz-1:4804Mbps、5GHz-2:2402Mbps、2.4GHz:574Mbps
ストリーム数
8
トライバンド
バンドステアリング
メッシュWi-Fi
IPv6(IPoE)
WAN(インターネット)ポート
2.5Gbpsポート×1、ギガビットポート×2
LANポート
WAN/LAN自動判別
型番
DECO X95 2-PACK

▼テスト結果

  • 速度(5GHz帯上り):△
  • 速度(5GHz帯下り):◎
  • 付加価値:◯
Wi-Fi 6の過去ベストバイ機 メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ

有線接続も速い!

有線接続も速い! メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ

有線ポートは2.5G対応。ゲームも十分楽しめます 。

A評価【4位】TP-Link「Deco X50-PoE(2パック)」

  • TP-LinkDeco X50-PoE(2パック)
  • 実勢価格: ¥22,360

総合評価: 3.60

総合評価
 3.60

厚さたった7cmで1Gbps超えを実現

メッシュWi-Fiルーターのおすすめランキング4位は、A評価のTP-Link(ティーピーリンク)「Deco X50-PoE(2パック)」

TP-Link「Deco X50-PoE(2パック)」は、壁だけでなく天井への取り付けにも対応したコンパクトサイズながら、通信速度は10製品中上り2位、下り4位という好成績。

ストリーム数が4と少なめですが、メッシュらしく数を増やせば対処できます。

邪魔にならないので、ルーターの置き場所に悩んでいる人におすすめです。

154mm
奥行
154mm
高さ
68.6mm
重量
非公表
Wi-Fi 7
Wi-Fi 6E
Wi-Fi 6
Wi-Fi 5
無線LAN規格
IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
Wi-Fi最大転送速度(理論値)
5GHz:2402Mbps、2.4GHz:574Mbps
ストリーム数
4
トライバンド
バンドステアリング
メッシュWi-Fi
IPv6(IPoE)
WAN(インターネット)ポート
2.5Gbpsポート×1、ギガビットポート×1
LANポート
WAN/LAN自動判別
型番
DECO X50-POE 2-PACK

▼テスト結果

  • 速度(5GHz帯上り):◯
  • 速度(5GHz帯下り):◎
  • 付加価値:✕
厚さたった7cmで1Gbps超えを実現 メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ

置いても壁掛けでも使える

置いても壁掛けでも使える メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ

厚さは約7cm。置いても壁や天井に取り付けてもジャマになりません。

B評価【5位】バッファロー「WNR-5400XE6/2S」

  • バッファローAirStation WNR-5400XE6/2S
  • 実勢価格: ¥23,830

総合評価: 3.10

総合評価
 3.10

すべての部屋での速度差がわずか

メッシュWi-Fiルーターのおすすめランキング5位は、バッファロー(BUFFALO)「WNR-5400XE6/2S」

計測時の速度が安定しており、5GHz帯の上り・下りともに最大と最小の差がもっとも小さかったのがバッファロー「WNR-5400XE6/2S」。Wi-Fi 6E対応や2.5Gポート搭載など付加機能も不足なく、国内メーカーのメッシュルーターとして数少ない選択肢です。

安定した速度の国産メーカーのメッシュルーターを探している人におすすめです。

140mm
奥行
75mm
高さ
217mm
重量
610g(約、本体のみ)
Wi-Fi 7
Wi-Fi 6E
Wi-Fi 6
Wi-Fi 5
無線LAN規格
IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
Wi-Fi最大転送速度(理論値)
6GHz:2401Mbps、5GHz:2401Mbps、2.4GHz:573Mbps
ストリーム数
6
トライバンド
バンドステアリング
◯(バンドステアリングLite)
メッシュWi-Fi
IPv6(IPoE)
WAN(インターネット)ポート
2.5Gbpsポート×1
LANポート
1Gbpsポート×3
型番
WNR-5400XE6/2S

▼テスト結果

  • 速度(5GHz帯上り):△
  • 速度(5GHz帯下り):△
  • 付加価値:◎
すべての部屋での速度差がわずか メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ

すぐにメッシュが使える

すぐにメッシュが使える メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ

設定済なので、すぐにメッシュが使えます。

B評価【6位】LINKSYS「Atlas Pro 6 MX5502-JP-N」

  • LYNKSYSAtlas Pro 6 MX5502-JP-N
  • 実勢価格: ¥26,000

総合評価: 3.00

総合評価
 3.00

全部屋での800Mbps超えはならず

メッシュWi-Fiルーターのおすすめランキング6位は、LINKSYS(リンクシス)「Atlas Pro 6 MX5502-JP-N」

LINKSYS「Atlas Pro 6 MX5502-JP-N」は、5GHz帯の下り速度は5位のバッファロー「WNR-5400XE6/2S」をわずかに上回り、平均も800Mbps超え。惜しくも別フロアの1部屋だけ800Mbpsを下回りましたが、こちらも安定感があります。

86mm
奥行
86mm
高さ
285mm
重量
730g
Wi-Fi 7
Wi-Fi 6E
Wi-Fi 6
Wi-Fi 5
無線LAN規格
IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
Wi-Fi最大転送速度(理論値)
5GHz:4804Mbps、2.4GHz:574Mbps
ストリーム数
6
トライバンド
バンドステアリング
メッシュWi-Fi
IPv6(IPoE)
WAN(インターネット)ポート
ギガビットポート×1
LANポート
ギガビットポート×3
型番
MX5502-JP

▼テスト結果

  • 速度(5GHz帯上り):△
  • 速度(5GHz帯下り):△
  • 付加価値:✕
全部屋での800Mbps超えはならず メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ

設定はスマホで簡単

設定はスマホで簡単 メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ

設定はスマホの指示通りに進めるだけ。

C評価【7位】TP-Link「Deco X50(2パック)」

  • TP-LinkDeco X50(2ユニットパック)
  • 実勢価格: ¥14,800

総合評価: 2.80

総合評価
 2.80

テーブルに置いてもかわいい円柱デザイン

メッシュWi-Fiルーターのおすすめランキング7位は、TP-Link(ティーピーリンク)「Deco X50(2パック)」

TP-Link「Deco X50」は、公称値5GHz帯2402Mbps、2.5GHz帯574MbpsのメッシュWi-Fi 6ルーター。ネットワーク環境を学習し、シームレスなストリーミングを実現することができるとのこと。

検証では、5GHz帯の上りが6位、下りが7位とそこそこの結果。性能自体は高くありませんが、2個パックでリーズナブルなので、はじめてメッシュWi-Fiを試してみたいという人におすすめです。

110mm
奥行
110mm
高さ
114mm
重量
非公表
Wi-Fi 7
Wi-Fi 6E
Wi-Fi 6
Wi-Fi 5
無線LAN規格
IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
Wi-Fi最大転送速度(理論値)
5GHz:2402Mbps、2.4GHz:574Mbps
ストリーム数
4
トライバンド
バンドステアリング
メッシュWi-Fi
IPv6(IPoE)
WAN(インターネット)ポート
ギガビットポート×3
LANポート
WAN/LAN自動判別
型番
DECO X50 2-PACK

▼テスト結果

  • 速度(5GHz帯上り):△
  • 速度(5GHz帯下り):△
  • 付加価値:△
テーブルに置いてもかわいい円柱デザイン メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ

C評価【8位】LINKSYS「Atlas 6 MX2002-JP」

  • LINKSYSAtlas 6 MX2002-JP
  • 実勢価格: ¥20,800

総合評価: 2.75

総合評価
 2.75

メッシュWi-Fiルーターのおすすめランキング8位は、LINKSYS(リンクシス)「Atlas 6 MX2002-JP」

LYNKSYS「Atlas 6 MX2002-JP」は、6位の「Atlas Pro 6 MX5502-JP-N」の廉価モデル。LAN規格は同じですが、ストリーム数は6から4に減っています。

また、気になる通信速度は、公称値では5GHz帯が「Atlas Pro 6 MX5502-JP-N」の2分の1の2402Mbpsです。しかし、実際には半分になることはなく、思ったより善戦しています。5GHz帯の上りは10製品中7位、下りは8位だったので、価格相応といったところ。

なお、サイズ感は「Atlas Pro 6 MX5502-JP-N」より約10cm低くなっており、より設置しやすくなっています。

86mm
奥行
86mm
高さ
185mm
重量
530g
Wi-Fi 7
Wi-Fi 6E
Wi-Fi 6
Wi-Fi 5
無線LAN規格
IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
Wi-Fi最大転送速度(理論値)
5GHz:2402Mbps、2.4GHz:574Mbps
ストリーム数
4
トライバンド
バンドステアリング
メッシュWi-Fi
IPv6(IPoE)
WAN(インターネット)ポート
ギガビットポート×1
LANポート
ギガビットポート×3
型番
MX2002-JP

▼テスト結果

  • 速度(5GHz帯上り):△
  • 速度(5GHz帯下り):△
  • 付加価値:✕
【8位】LINKSYS「Atlas 6 MX2002-JP」 メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ

C評価【9位】バッファロー「WNR-3000AX4/2S」

  • バッファローWNR-3000 AX4/2S
  • 実勢価格: ¥18,979

総合評価: 2.70

総合評価
 2.70

兄弟機よりコンパクトなモデル

メッシュWi-Fiルーターのおすすめランキング9位は、バッファロー(BUFFALO)「WNR-3000AX4/2S」

バッファロー「AirStation WNR-3000AX4/2S」は、形状からもわかるとおり、5位の「AirStation WNR-5400XE6/2S」の兄弟モデル。公称値は5GHz帯2401Mbps、2.5GHz帯573Mbpsと同じですが、実際の検証結果では、5GHz帯・2.5GHz帯の上り下りの平均値において、ほぼすべてで下回りました。

プラス数千円で購入できるなら、より性能が高い上位モデルがおすすめ。逆に、コンパクトで設置場所に悩みたくないという方には、「AirStation WNR-3000AX4/2S」を検討するといいでしょう。

120mm
奥行
73mm
高さ
174mm
重量
370g(約、本体のみ)
Wi-Fi 7
Wi-Fi 6E
Wi-Fi 6
Wi-Fi 5
無線LAN規格
IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
Wi-Fi最大転送速度(理論値)
5GHz:2401Mbps、2.4GHz:573Mbps
ストリーム数
4
トライバンド
バンドステアリング
◯(バンドステアリングLite)
メッシュWi-Fi
IPv6(IPoE)
WAN(インターネット)ポート
1Gbpsポート×1
LANポート
1Gbpsポート×3
型番
AirStation WNR-3000AX4/2S

▼テスト結果

  • 速度(5GHz帯上り):✕
  • 速度(5GHz帯下り):△
  • 付加価値:△
兄弟機よりコンパクトなモデル メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ

C評価【9位】LINKSYS「VELOP MX8400-JP」

  • LINKSYSVELOP MX8400-JP
  • 実勢価格: ¥47,518

総合評価: 2.70

 
総合評価
 2.70

つながりやすいトライバンド対応

同じくメッシュWi-Fiルーターのおすすめランキング9位は、LINKSYS(リンクシス)「VELOP MX8400-JP」

LYNKSYS「VELOP MX8400-JP」は、2つの5GHz帯と2.5GHz帯を利用するトライバンドメッシュWi-Fiルーター。Wi-Fi 6Eが登場するまでは5GHz帯を2つ利用するのが一般だったので、トライバンドとしては旧タイプといえます。

サイズもかなり大きく、設置場所に案外苦労するかもしれません。

110mm
奥行
110mm
高さ
259mm
重量
950g
Wi-Fi 7
Wi-Fi 6E
Wi-Fi 6
Wi-Fi 5
無線LAN規格
IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
Wi-Fi最大転送速度(理論値)
5GHz-1:2402Mbps、5GHz-2:1201Mbps、2.4GHz:574Mbps
ストリーム数
8
トライバンド
バンドステアリング
メッシュWi-Fi
IPv6(IPoE)
WAN(インターネット)ポート
ギガビットポート×1
LANポート
ギガビットポート×3
型番
MX8400-JP

▼テスト結果

  • 速度(5GHz帯上り):✕
  • 速度(5GHz帯下り):△
  • 付加価値:◯
つながりやすいトライバンド対応 メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ

パソコン【まとめ】メッシュWi-Fiルーターはつながりやすさで選ぼう

以上、メッシュWi-Fiルーターのおすすめランキング10選でした。

メッシュルーターを選ぶ理由は速度よりもつながりやすさです。ベストバイのTP-Link「Deco BE85」はWi-Fi 7に対応しており見事に両立。テストは親機のみで行っていますが、ハイスペックとも差はないです。

3位までは対応規格こそ違うものの通信速度はほとんど変わりません。

価格を優先するなら、Wi-Fi 6E対応で付加機能も充実した5位のバッファロー「WNR-5400XE6/2S」もおすすめです。

本記事を参考に、お気に入りのメッシュWi-Fiルーターを見つけてください。

メッシュWi-Fiルーターのおすすめ

 
メッシュWi-Fiルーターのおすすめ メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ
メッシュWi-Fiルーターのおすすめ メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ2

TP-Link
Deco BE85(2パック)

メッシュWi-Fiルーターのおすすめ メッシュWi-Fiルーターおすすめ イメージ3

バッファロー
WNR-5400XE6/2S
 

パソコンメッシュWi-Fiルーターの売れ筋ランキングもチェック!

メッシュWi-FiルーターのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。