パソコンバッファローからWi-Fi 6E対応ルーターが登場!

Wi-Fi5からWi-Fi6への世代交代が完了したいま、通信のさらなる安定化のために注目を集めているのがWi-Fi 6Eです。

Wi-Fi6対応のルーターとの互換性を保ちながら、新たに開放された6GHz帯に対応し、多くのチャンネルを活用できるのがメリットです。

バッファローからWi-Fi 6E対応ルーターが登場! イメージ

Wi-Fi6Eの最大速度は、Wi-Fi6の9600Mbpsと変わりませんが、6GHz帯が追加され、同時に接続できるチャンネル数が拡大。道路の車線が広がり、交通が円滑化されるようなイメージです。

それによって、電波が混み合っている都心部の住宅でも混信が起きにくく、メッシュネットワークを構築する際も、混雑していない6GHz帯を使うため抜群の安定性を期待できます。

バッファローからWi-Fi 6E対応ルーターが登場! イメージ2

対応している製品は、製品のパッケージを見れば一目瞭然。

そんなWi-Fi6Eに対応したルーターが、2023年5月に登場したバッファロー「WXR-11000XE12」です。

パソコンWi-Fi6とWi-Fi6Eは何が違う?

Wi-Fi6とWi-Fi6Eの特徴は?

  Wi-Fi6 Wi-Fi6E
周波数帯 2.4/5GHz帯 2.4/5/6GHz帯
最大転送速度 9600Mbps 9600Mbps
対応チャンネル数 最大20ch(5GHz) 最大24ch(6GHz)
電波の直進性 高い 非常に高い
通信範囲 広範囲をカバー 5GHzより障害物に弱い

Wi-Fi6とWi-Fi6Eの特徴を比較しました。

Wi-Fi6Eは、Wi-Fi6を拡張した規格です。Wi-Fi6以前と互換性もあるため、従来のスマホやPCも接続できます。ただし、Wi-Fi6Eで解放された空いている6GHz帯を利用して通信するには、対応するPCやスマホが必要です。

6GHz帯対応のPCを選ぼう

Wi-Fi 6Eの高速性を実感するには、1:Wi-Fi 6Eに対応しており2:日本国内で6GHz帯の通信も可能なモデルが必要になります。

電波行政の関係もあり、ハードウェアは6GHz帯に対応していても国内では無効になっていたり、ドライバのアップデートが必要なモデルもあるので注意してください。

また、最新世代のiPad ProやGoogle Pixel 7シリーズ、Galaxy S23シリーズなども6GHz帯に対応しています。

検証で使用したノートPCは?

  • NECLAVIE N15
  • 実勢価格: ¥118,630
362.4mm
高さ
23.7mm
奥行
254.7mm
重量
2.2kg
CPU
Core i7-1260P(最大4.7GHz/12コア)
メモリー
16GB
ストレージ
SSD 512GB
ディスプレイ
15.6型(1920x1080ピクセル)
OS
Windows 11 Home
Office
MS Office Home and Business 2021
型番
PC-N1585EAL

今回の検証では、6GHzで通信できるLAVIEの2022年モデル、NEC「LAVIE N15 N1585/EAL」を使用。ノートPCではNECのほか、富士通、Dynabook、Apple、エイスースなどのメーカーが対応機種を発売しています。

ということで、今回検証した最新のWi-Fi6E対応ルーターはこちら。

バッファロー「WXR-11000XE12」

  • バッファローWXR-11000XE12
  • 実勢価格: ¥35,480

総合評価: 4.40

総合評価
 4.40

バッファロー(BUFFALO)「WXR-11000XE12」は6E対応モデルのルーター。今年の春に満を持して登場しました。

指向性の調整も可能な高利得の12ストリーム外部アンテナにより、家中どこにいても安定かつ高速な通信を見込めそうです。

WANとLANそれぞれに10Gポートを備えているため、10Gbpsのネット回線でもボトルネックになる心配はありません。

おすすめポイント
  1. 6GHz帯対応で快適な通信を実現
  2. WAN、LANともに10Gbpsに対応
がっかりポイント
  1. 本体が大きく設置場所を選ぶ
  2. アンテナ調整にコツが必要
300mm
高さ
195mm
奥行
75mm
重量
1515g
搭載ポート
WAN×(1 10Gbps)・LAN×(4 10Gbps×1・1Gbps×3)
型番
WXR-11000XE12

WANもLANも高速な10Gに対応!

WANもLANも高速な10Gに対応! イメージ

ネットに接続するWAN、PCなどの機器を接続するLANともに10Gに対応。ボトルネックを防ぎ高速な通信が行えます。

性能優先で外部アンテナを採用

性能優先で外部アンテナを採用 イメージ

最大270°調整できる12ストリームアンテナを搭載。通信機器がある方向に電波を効率よく向けることができます。電波を的確にキャッチすることが可能!

ただし、通信機器の方向に向かって効率的な通信が行える半面、5GHz以上は電波の直進性が強く反射も考慮が必要なため、シビアなアンテナ調整が必要です。

パソコン検証方法は?

さて今回は、バッファロー「WXR-11000XE12」をはじめ、最新のハイエンドWi−Fi6モデルや過去製品と通信族度を比較。

比較に選んだのは、同社の旧フラッグシップモデル、バッファロー「WXR-6000AX12P」とその前モデルとなるバッファロー「WXR-6000AX12S」の2機種。

同じDNAを持つモデルを同じ条件下で検証し、その実力を明らかにします。

なお、バッファロー「WXR-11000XE12」は、新たに追加された6GHz帯の速度検証も実施しました。

それでは、テスト結果を順に発表します。

バッファロー「WXR-11000XE12」

  • バッファローWXR-11000XE12
  • 実勢価格: ¥35,480

バッファロー「WXR-11000XE12」は、最高速度や上りの速度では引けをとりましたが、別フロアでの下り速度で抜群のパフォーマンスをマーク。

離れた場所での通信に強いため、3台建て以上の住宅ならその恩恵が実感できそうです。

300mm
高さ
195mm
奥行
75mm
重量
1515g
搭載ポート
WAN×(1 10Gbps)・LAN×(4 10Gbps×1・1Gbps×3)
型番
WXR-11000XE12

通信速度のテスト結果

周波数帯 通信方向 書斎 ベッドルーム リビング キッチン
6GHz帯
(単位Mbps)
上り 454.70 476.63 312.83 341.72
下り 1322.85 1285.89 762.07 741.94
5GHz帯
(単位Mbps)
上り 414.69 411.53 355.09 363.27
下り 1290.49 1286.48 1048.11 953.52
2.4GHz帯
(単位Mbps)
上り 182.55 145.85 135.72 123.87
下り 332.90 315.55 321.46 293.73
  • 評価:優秀
通信速度のテスト結果 イメージ

6GHz帯でも好成績をマーク。ただし直進性が強く、調整はシビアでした。

バッファロー「WXR-6000AX12P」

  • バッファローWXR-6000AX12P
  • 実勢価格: ¥29,000

バッファロー「WXR-6000AX12P」は、2023年2月発売のWi−Fi6モデル。

わずかな差ですが、今回のテストで最高の通信速度をマーク。2.4GHz帯での速度も申し分ありません。

300mm
高さ
195mm
奥行
75mm
重量
1580g
搭載ポート
WAN×1(10Gbps)・LAN×3(10Gbps×1・1Gbps×3)
アンテナ
外部×4
規格
Wi-Fi6
型番
WXR-6000AX12P

通信速度のテスト結果

周波数帯 通信方向 書斎 ベッドルーム リビング キッチン
6GHz帯
(単位Mbps)
上り - - - -
下り - - - -
5GHz帯
(単位Mbps)
上り 601.89 615.13 465.40 483.39
下り 1367.47 1213.56 870.70 734.80
2.4GHz帯
(単位Mbps)
上り 249.82 160.57 144.33 91.22
下り 329.00 256.99 240.75 205.93
  • 評価:優秀
通信速度のテスト結果 イメージ

10Gポート搭載で、高速回線をフルに活用することができます。

バッファロー「WXR-6000AX12S」

バッファロー WXR-6000AX12S イメージ1
バッファロー WXR-6000AX12S電波を微調整できる外付けアンテナ イメージ2

電波を微調整できる外付けアンテナ

バッファロー WXR-6000AX12S10Gbps回線対応で将来性も高い イメージ3

10Gbps回線対応で将来性も高い

バッファロー WXR-6000AX12S イメージ1
バッファロー WXR-6000AX12S電波を微調整できる外付けアンテナ イメージ2
バッファロー WXR-6000AX12S10Gbps回線対応で将来性も高い イメージ3
  • バッファローWXR-6000AX12S
  • 実勢価格: ¥23,700

バッファロー「WXR-6000AX12S」は、2機種よりも以前に発売されたWi−Fi6モデルながら、5GHz帯においては、上り下りともに好成績をマーク。

別フロアでの速度低下も比較的小さいので、戸建て住宅の隅々まで快適に使えるでしょう。

300mm
奥行
75mm
高さ
195mm
重量
1580g
準拠規格
IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax
ポート
WAN(10Gbps)×1、LAN(10Gbps)×1、(1Gbps)×3
USB
USB 3.2 (Gen1)×1
Wi-Fi 6対応
メッシュ対応
型番
WXR-6000AX12S

通信速度のテスト結果

周波数帯 通信方向 書斎 ベッドルーム リビング キッチン
6GHz帯
(単位Mbps)
上り - - - -
下り - - - -
5GHz帯
(単位Mbps)
上り 565.14 545.35 493.96 477.41
下り 1365.86 1232.92 935.90 768.29
2.4GHz帯
(単位Mbps)
上り 122.47 85.32 46.36 60.24
下り 139.57 117.05 121.37 97.51
  • 評価:優秀
通信速度のテスト結果 イメージ

上や下の階と繋ぐ場合は、アンテナを水平方向に調整すると良いです。

安定性より速度重視なら設定が必要

バッファローのWi-Fiルーターは安定性を高めるため、2.4GHz帯の通信が573Mbps(20MHz)に設定されています。

安定性より速度重視なら設定が必要 イメージ

もし、2.4GHz帯をフルスピードで使用したい場合は、ルーターの設定画面にアクセスし、2.4GHzの無線設定を1147Mbps(40MHz)に切り替えると、速度向上に繋がります。

パソコンWi-Fi6E対応ルーターの検証まとめ

以上、Wi-Fi6E対応のバッファロー「WXR-11000XE12」の検証レビューでした。

「WXR-11000XE12」は実測すると下りの転送速度が非常に安定していました。

5GHz帯を含めた成績では、『家電批評』でテストしたルーターの中で過去トップクラスの性能で、十分ベストバイに認定できるパフォーマンスです。

また、ルーターのある1階と2階で速度差が大きいという結果には、高速なものの障害物には弱い6GHz帯の性質が表れたと言えるでしょう。

しかし、上りを含めた総合的な通信品質となるとWi−Fi6モデルのバッファロー「WXR-6000AX12P」が優れており、こちらもベストバイ。

しかも、6GHz帯に対応しない分、コストパフォーマンスでも有利です。

バッファロー「WXR-6000AX12P」

  • バッファローWXR-6000AX12P
  • 実勢価格: ¥29,000

総合評価: 4.50

総合評価
 4.50
おすすめポイント
  1. WAN、LANともに10Gbps対応
  2. 有線、無線でメッシュが構築可能
  3. セキュリティ対策も万全
がっかりポイント
  1. 設置場所の確保が必要
300mm
高さ
195mm
奥行
75mm
重量
1580g
搭載ポート
WAN×1(10Gbps)・LAN×3(10Gbps×1・1Gbps×3)
アンテナ
外部×4
規格
Wi-Fi6
型番
WXR-6000AX12P

セキュリティ機能も充実

セキュリティ機能も充実 イメージ

バッファロー「WXR-6000AX12P」は、不正アクセスや有害サイトなどから身を守る「ネット脅威ブロッカー2 プレミアム」を搭載。より安心して使えます。

ということで、総合力だとバッファロー「WXR-6000AX12P」はおすすめなのですが、Wi-Fi6E対応のバッファロー「WXR-11000XE12」は混雑を回避できるなど、『家電批評』編集部のテストには表れないメリットもあります。

ルーターは長く使うもの。将来性を加味して選ぶなら最新のバッファロー「WXR-11000XE12」がおすすめです。

パソコンWi−Fiルーターの売れ筋ランキングもチェック!

Wi−FiルーターのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。