スマートフォン格安でも買いのデジタル家電はある?

デジタル家電はどうしても価格が高めですが、Amazonや楽天には「こんな値段で買えるの?」とびっくりするほど格安の製品もたくさん販売されています。

しかし、気になるのがその品質や性能。安いからと購入して失敗したくはないですよね。

そこで、本音の家電ガイド『家電批評』がAmazonや楽天で低価格の製品は本当に買って良いものなのか徹底検証しました!

スマートフォン1万円前後のスマートウォッチはどれがいい?

スマートウォッチといえば、Apple Watchが人気ですよね。ライフログをとれるのはもちろん、電話の発着信やメッセージの送受信もできて、アプリも充実

とはいえ、多機能ゆえに多くが3万円以上と、お試しで購入するにはちょっと高価格です。

そこで、雑誌『家電批評』が1万円前後の低価格スマートウォッチを集めてテストしてみました!

スマートフォン格安スマートウォッチ10製品を比較検証!

低価格のスマートウォッチは、大きめでタッチ操作をしやすい時計型と、コンパクトでつけっぱなしでもあまり気にならないバンド型があります。

『家電批評』2021年11月号で行ったテストでは、時計型とバンド型を5製品ずつピックアップし、全10製品の性能や使い勝手を比較しました。

低価格スマートウォッチの特徴は、心拍数や睡眠時間を含むライフログの取得や、スポーツのワークアウトの記録、スマホ通知の連携などに機能が絞られていること。もの足りなく感じるかもしれませんが、使ってみるとこれだけで十分に実用的ということがわかりました。

今回は、時計型5製品を比較した結果、もっとも評価の高かったシャオミ「Mi Watch」を紹介します。

S評価操作性がよく精度が高い シャオミ「Mi Watch」

シャオミ
Mi Watch
実勢価格:1万2980円

サイズ・重量:45.9×53.35×11.8mm・32g
センサー:心拍数センサー加速度センサー、ジャイロスコープ、地磁気センサー、気圧センサー、環境光センサー

▼評価

  • ライフログ :10/10点
  • ワークアウト:8/10点
  • 通知機能  :6/10点
  • ディスプレイ:7/10点
  • アプリ   :10/10点
  • 合計    :49/60点

▼機能

  • 心拍数測定 :あり
  • 酸素濃度測定:あり
  • 位置情報  :対応
  • 防水    :5ATM
  • 測定項目  :睡眠時間/ストレス/歩数/カロリー
  • フェリカ  :未対応

※1:機能は最高10点の加点方式です
※2:測定項目は「睡眠時間/ストレス/歩数/(移動)距離/カロリーorエネルギー(消費)」の5項目について、対応している場合は各1点を加えています

S評価で、見事ベストバイに輝いたシャオミ「Mi Watch」。心拍数・睡眠管理・ワークアウトの内容といった各種ログの精度に感心させられました。

スマホアプリも使いやすく、情報も充実しています。大きなディスプレイで表示項目が見やすく、タッチ操作の反応も上々です。

【情報】ディスプレイが大きく情報量が多い

1.39インチのディスプレイは文字もくっきり見やすく、情報を確認しやすいです。ウォッチフェイスのデザインも多数用意されています。

【センサー】家庭用の機器と同程度の精度

光学式心拍センサーを備えており、24時間モニタリングに対応。医療機器ではありませんが、家庭用機器で測定した脈拍と同程度の精度でした。

※今回紹介している製品は医療機器ではありません。病気の診断や治療には使用しないでください。また、心拍数は家庭用測定機器の脈拍数と比較しています。健康な人であれば心拍数と脈拍数はほぼ同一ですが、不整脈がある場合は差が出ます。

【操作性】ボタンで即ワークアウトを呼び出す

ボタンを押すとお気に入りのスポーツのワークアウトをすぐに開始できます。また、ワークアウトの自動検出機能も備えています。

ここからは、シャオミ「Mi Watch」がおすすめなポイントをさらに詳しく見ていきましょう。

スマートフォンポイント1:スマホなしでもランニングの正確なルートが残せる

シャオミ「Mi Watch」は、ランナーやサイクリストにうれしい位置情報の記録に対応。ワークアウトのログの充実度だけならApple Watchに勝ります。ディスプレイが大きくワークアウト中も情報が確認しやすいのも良いです。

位置情報は4種類の測位衛星に対応していて、移動距離もほとんど誤差がありません。心拍数やペース配分といったデータも記録されるため、トレーニングの内容を詳細に見直しできます。

ワークアウトの内容を詳細に記録する

ワークアウト中は距離やペース、心拍数をベースにした運動強度などを確認できます。

ワークアウトを保存すると、心拍数・ペース・ケイデンスの変化などがグラフ化されます。

スマートフォンポイント2:眠ると自動的に睡眠を記録開始する

入眠と起床の時間と、眠りの深さを自動的に記録してくれます。睡眠の評価も参考になります。

スマートフォンポイント3:スマホの電話やメールの通知を確認できる

スマホに電話着信があると通知が表示されます。着信拒否と、ウォッチの通知のミュートができます。

スマートフォンポイント4:心拍や血中酸素の測定は家庭用には十分

オムロン「HEM-7000」とドリテック「OX-101」を使って心拍数・酸素飽和度を測定して比較したところ、誤差はほぼありませんでした。

スマートフォンポイント5:タッチへの反応は上々

タッチパネルは反応がよく、誤操作の心配はほとんどありません。ただ、屋外では日の光が反射して画面が見にくくなりました。

以上、時計型のおすすめな格安スマートウォッチ、シャオミ「Mi Watch」の紹介でした。

次回はバンド型でもっとも高評価だったファーウェイ「Band 6」を紹介します。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

スマートフォンスマートウォッチの売れ筋ランキングもチェック!

スマートウォッチのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。