食品雑貨硬くなりがちな切り落とし肉を
やわらかくする方法とは?

和牛でもお手頃価格で買える「切り落とし肉」。でも、薄い切り落とし肉は、火の通りが良いためすぐに硬くなってしまい、意外と料理するのが難しいですよね。

そこで今回は、やわらか食感を保つ下ごしらえの方法を探りたいと思います!

今回試した下ごしらえはこちらの5つ。

焼く前に何も処理しない「そのまま」のほか、「砂糖」「小麦粉」「片栗粉」「マヨネーズ」といった食材をまぶすなどして、焼き上がりや食感を検証しました。

食品雑貨【小麦粉をまぶす:◎】
理想的な保水力で口当たり◎

最もやわらかい焼き上がりになったのは「小麦粉をまぶす」でした。お肉の表面が小麦粉の膜でおおわれて口当たりが格段にアップしました。

小麦粉を全体にまぶしてから、焼いてみました。

小麦粉をまぶすだけでこんなに変わるとは驚きです。焼き上がりもつややかでおいしそうです。

食品雑貨【片栗粉をまぶす:◯】
カリっとした食感、やわらかさ◯

次点に続いたのは片栗粉。全体的にやわらかく、表面がカリッと揚がったような食感になりました。

片栗粉を全体にまぶしてから、焼いてみました。

表面はサクサクで、カリっとした食感がお好きな人にはオススメです。ただ、やや油っこく感じるので、好みは分かれるかも……。

食品雑貨【砂糖をまぶす:△】
焦げ付きやすく、すき焼きの味に

砂糖は、やわらかくなりましたが、焦げ付きやすく、味がすき焼き風になってしまいました。調理方法を選ぶかもしれません。

砂糖を全体にまぶしてから、焼いてみました。

火加減に気をつけないとコゲ気味に……。甘みが強いので、料理の幅は狭くなってしまうのが難点です。

食品雑貨【マヨネーズで焼く:△】
やわらかさよりも、油っこさが勝る

マヨネーズは、炒める際に使いました。こちらは、やわらかさ以前に、お肉がこってりマヨネーズ風味になってしまいました。

フライパンにマヨネーズを敷いて炒めました。お肉は多少やわらかくなりましたが、油ギトギトでこってりに……。量を少なくするか、濃いめの味付けが好きな方向けです。

見た目もギトギトになりました。

食品雑貨下ごしらえをしたお肉でつくる
野菜炒めはお店レベルの絶品!

小麦粉で下ごしらえをした切り落とし牛肉と、お好みの野菜を合わせて炒めれば、お肉がプリプリ食感の野菜炒めが完成します。事前に小麦粉をまぶすひと手間でお店の味が再現できちゃいますので、ぜひお試しあれ!