食品雑貨鶏ムネをしっとり仕上げるには?
3種類の調理方法で検証しました

今回は市販のグリーンカレーペーストと薄切りにした鶏ムネ肉を使って、3種類の調理方法を試してみました!

「お肉はしっかり炒めるべき」とか「お肉は長時間煮込めばやわらかくなる」と思われているかもしれませんが、グリーンカレーの鶏ムネ肉をしっとりと仕上げるには「炒めず・煮込まず」調理するのが正解でした……。

気になる検証結果はコチラ!

食品雑貨【調理方法 その1】
しっかり炒めてから煮込む

調理工程

①フライパンをしっかりと熱してから油を引き、鶏ムネ肉、野菜の順番で炒めました。

②そこにカレーペーストとココナッツミルクを加えて、弱火で5分ほど煮込んで仕上げました。

仕上がり:×

今回使用したカレーペーストのレシピに従って調理したのですが、火が通り過ぎてお肉が収縮してしまいました。食感は固めで、かなりパサパサとした仕上がりに……。

食品雑貨【調理方法 その2】
炒めずにしっかり煮込む

調理工程

①野菜を炒めてからカレーペーストとココナッツミルクを投入。

②その後に鶏ムネ肉を加えて、弱火で5分ほど煮込みました。

仕上がり:○

炒めてから煮た「調理方法 その1」より明らかにやわらかく仕上がりましたが、パサつきが少しあり、口の中に繊維が残る感じがちょっと惜しかったです。

食品雑貨【調理方法 その3】
カレー完成後にサッと煮る

調理工程

①野菜を炒めてからペーストとココナッツミルク加えて煮込み、先にカレーを完成させました。

②そこに鶏ムネ肉を加えて表面が白くなるまでサッと加熱し、あとは余熱で火を通しました。

仕上がり:◎

パサつきが一切なく、ジューシーさはダントツ! 鶏ムネ肉とは思えないほどやわらかく仕上がり、口の中でホロッとほぐれました。


以上、鶏ムネ肉で最高のグリーンカレーを作る方法でした。

検証の結果、鶏ムネ肉は仕上げの段階に投入してサッと火を通すのがベストということが分かりました。今までタイカレーは「モモ肉一択」だった方、次回はぜひムネ肉を使ってこちらの調理方法を試してみてください。しっとりホロホロの食感に驚くと思いますよ!

なお、鶏ムネ肉のパサつきをおさえるベストな切り方はこちらの記事で紹介していますので、ぜひご覧ください!