食品雑貨モモ肉より旨みがタップリ!
ムネ肉をしっとり仕上げるには…

鶏ムネ肉には旨み成分である「イノシン酸」がモモ肉より多く含まれているそう。

でもいくら「旨みタップリの部位です」と言われても、パサパサしていてはおいしく感じないですよね。そこで今回は鶏ムネ肉をしっとりと仕上げるための「ベストな切り方」を検証してみました。

検証方法はコチラ
3通りの切り方で検証を実施。切ったあとに75℃のお湯で表面が白くなるまで茹でて、食感やパサつき具合の違いを調べてみました。

食品雑貨【切り方 その1】
繊維に沿ってうす切り

繊維が走る向きに沿って3mm程度のうす切りにしました。

しっとりやわらかく仕上がりました。舌触りもかなり良好でした。

食品雑貨【切り方 その2】
繊維に逆らってうす切り

繊維を断ち切るように包丁を入れて、うす切りにしました。

やわらかさはあるもののブチブチと切れてしまい、舌触りと見た目がイマイチでした。

食品雑貨【切り方 その3】
何も気にせずブツ切り

繊維の方向などは気にせず、ひとくち大にブツ切りしました。

食感は弾力があってプリッとしているのですが、少し固めに茹で上がりました。

食品雑貨「繊維に沿ってうす切り」が
しっとり仕上げの正解でした

検証の結果、肉の繊維に沿ってうす切りにした【切り方 その1】がもっともしっとりとした食感に仕上がりました。また、食べてみると肉の甘みも感じられました。

ちなみに鶏ムネ肉の繊維はこのように流れています。繊維の流れが変わる真ん中あたりで一旦カットしておくと、うす切りがしやすくなります。

以上、鶏ムネ肉がしっとり仕上がる切り方の検証でした。パサつきがいやで鶏ムネ肉を敬遠していた方は、ぜひこの切り方を試してみてください。