スマートフォンしっかり使いこなせる! iPad&iPhoneの最新活用術

新型iPad

最新iPad Proが登場し、買うかどうか悩んでいる人は多いのでは? ただ、iPadを買ってもネットサーフィンするだけで「もちぐされている」人もたくさん。さらには、iPhoneでさえ使いこなせていないという人も……。

そこで、iPad・iPhoneの「最新活用術」を大公開! 自分にベストな選び方をはじめ、上手く使いこなせる方法やアプリ、アクセサリなどを紹介します。

スマートフォンiPhoneでシネマティック動画を撮影しよう

動画撮影

YouTubeにアップされている動画のなかには、iPhoneで撮影したとは思えない、シネマティックでオシャレなムービーがたくさんあります。

そこで、「iPhoneで映画みたいな動画を撮る方法」をご紹介します。YouTubeチャンネルでiPhoneを使ったシネマティックな動画ノウハウを解説しているプロカメラマン、etc sattonさんにご協力いただきました。

第3回は、iPhoneでの動画撮影時に知っておきたい3つのポイントです。

動画撮影用カメラアプリを用意する

シネマティックな動画を撮影をしようと思ったら、アナモルフィックレンズNDフィルターなどがあると便利です。

また、iPhoneの標準カメラアプリではできない設定を可能にする、動画撮影用のカメラアプリも準備しましょう。

FilMiC Inc FiLMiC Pro

FilMiC Inc
FiLMiC Pro
価格:1840円(App内課金あり)

FiLMiC Proは、標準のカメラアプリが自動調整してしまうISO感度やシャッタースピードを、マニュアルで調整できるようにする動画撮影用カメラアプリです。

おすすめのアナモルフィックレンズとNDフィルター、アプリ「FiLMiC Pro」の使い方は、第1回と第2回で紹介しました。

▼iPhoneでのシネマティックな動画撮影におすすめの5アイテム

▼プロに学ぶ映画みたいに撮影する方法とおすすめアプリ

それでは、以上をふまえてiPhoneでの動画撮影時に知っておきたい3つのポイントを紹介します。

スマートフォン手ブレはハイフレームレートで抑える

手ブレが気になる場合、フレームレートを高くして撮影しておいて、編集時に24fpsに落とす(=スロー再生)テクニックも有効です。

手ブレはハイフレームレートで抑える

4K60fpsまでフレームレートを設定。この場合シャッター速度も速くします。

スマートフォンなめらかなパン&チルトは「太極拳」の動きがキモ

「太極拳」の動き

カメラを左右に移動する「パン」や上下に移動する「チルト」をなめらかに行うには、手や腕などを極力動かさず、体幹を意識した動きを心がけます。プロいわく、「太極拳のように、少し遅いと感じるぐらいの動きがちょうどいい」とのこと。

上下にチルト

上下にチルトする場合もゆっくり動かしましょう。

スマートフォンジンバルは「水を運ぶ」イメージだとブレにくい

ジンバルは「水を運ぶ」イメージ

歩きながら撮影する場合、ジンバルを装着していても縦ブレは生じます。これを防ぐには「急」がつく動作をしないこと。コップいっぱいに入れた水をこぼさず運ぶイメージで移動しましょう。

以上、「iPhoneで映画みたいな動画を撮る方法」より、動画撮影時に知っておきたい3つのポイントを紹介しました。ぜひ「シネマティック」な撮影に挑戦してみてください!

スマートフォンスマホ用カメラレンズの売れ筋ランキングもチェック!

スマホ用カメラレンズのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

スマートフォン『家電批評』2021年8月号

『家電批評』2021年8月号

晋遊舎
『家電批評』
2021年8月号
実勢価格:700円

『家電批評』2021年8月号では、「iPadを持ち腐れない最新活用術」の特集を掲載しています。こちらもチェックしてみてください。