スマートフォンMONOQLOが解説!Apple新製品「AirTag」を買う理由って?

Apple製品

2021年春に登場したAppleの新製品。M1チップ搭載のiPadや見た目が一新したiMac、さらに注目を集めていたスマートタグなど多くの製品が発売されています。

そこで、テストするモノ批評誌『MONOQLO』がApple新製品を徹底検証。その進化や買うべきポイントを解説していきます。

今回は、Appleユーザーなら絶対持っておきたいスマートタグ、「AirTag」です。

スマートフォン失くしても即見つけられる!「AirTag」

Apple「AirTag」

Apple
AirTag
実勢価格:3800円

サイズ・重量:直径31.9×H8mm・11g

スマホのBluetooth機能などで連携させることで、探し物を見つけるのをサポートしてくれるデバイスが落とし物タグ(スマートタグ)です。手元から離れるとスマホに通知が送られ、タグの場所を地図で確認できる、といった機能を持っています。

スマートタグは各社から発売されていたものの、2021年4月にAppleから登場したのがこの「AirTag」です。

Apple「AirTag」2

従来の落とし物タグの多くはそのユーザーのスマホとすれ違った時にクラウド検知で位置を知ることができます。

同様にAirTagもApple(iPhone、iPad、Mac)ユーザーとすれ違えば検知してくれますが、Appleはユーザー数が圧倒的に多いので、検知スピードが速く、高い正確性を持っています。

ポイント1:発見スピードが爆速!

Apple「AirTag」3

AirTagは、iPhone11以降と連携させることで、タグの近くまできたら、タグまでの距離と進む方向を画面に表示してくれます。

もしAirTagを駅などで失くしてしまっても、他の人のiPhoneが近くにあるAirTagを検知して持ち主に位置情報を知らせてくれます。

実際に新宿駅のロッカーに入れて、通知が来るまでの時間を計ってみたところ、ものの数分で発見でき、そのスピードは他社製品を圧倒していました。

ポイント2:タグの位置がかなり正確にわかる

Apple「AirTag」4

AirTagの最大の特徴は、タグの位置がかなり正確にわかることです。自分の近くにAirTagがある場合は超広帯域(UWD)無線通信技術によって、数十センチ単位もの高精度で見つけることができます。

スマートフォン過去ベストのスマートタグ「ChipoloONE」と比較検証!

Chipolo Chipolo ONE

Chipolo
Chipolo ONE
実勢価格:3960円

サイズ・重量:直径38×H6.5mm・約6g

「Chipolo ONE」は、過去ベストバイとなったスマートタグです。

▼【2021年】スマートタグ(忘れ物防止タグ)おすすめランキング10選|人気製品を徹底比較

そこで今回、「AirTag」と「ChipoloONE」でできることを比較してみました。

比較1:紛失検知

▼検証結果
Chipolo ONE:○
AirTag:×(なし)


Chipolo ONEは、実際にスマホと約20m離れたら、スマホに「紛失アラート」が届きました。

Chipolo Chipolo ONE2

一方でAirTagには紛失検知機能はありません。あくまで探索に重きを置く製品ですが、紛失防止通知も欲しかったのが本音です。

比較2:クラウド検知

▼検証結果
Chipolo ONE:○(3.5時間)
AirTag:◎(0時間)


Chipolo ONEは、ユーザーがまだ少ないので、駅で検証した際も通知までに時間がかかりました。

AirTagは、周りにあるiPhoneなどがAirTagを探してくれるので、すぐ検出してくれました。

比較3:AR等での表示

▼検証結果
Chipolo ONE:×(なし)
AirTag:◎(UWB検知)


Chipolo ONEは、スマホ上では最後に通信が途絶えた位置だけが表示されます。

AirTagなら、超広帯域(UWD)の無線通信機能により、かなり正確に表示してくれます。

比較4:音量

▼検証結果
Chipolo ONE:◎(92db)
AirTag:○(75db)

※タグから約10cmの距離から騒音計で計測を行いました

Chipolo ONEは、一定の距離を離れると大音量で本体から警告音を鳴らしてくれます。

AirTagは、スマホを操作することで、AirTagからピロピロと高い音を鳴らすことができました。

総評

・Chipolo ONE

Chipolo Chipolo ONE3

Chipolo ONEに搭載されている、デバイスがスマホから離れると紛失を検知してくれる機能は、AirTagにはないもの。電池の寿命もAirTagは1年に対してChipolo ONEは2年と長いのもうれしいです。

ただユーザー数がまだ少ないので、デバイスが移動した場合に見つけにくいのがChipolo ONEの惜しいところでした。

・AirTag

Apple「AirTag」5

AirTagは、紛失しても通知などはありませんが、探索の際かなり正確な位置を教えてくれます。2021年6月1日現在、「紛失防止」ではなく「紛失物探索」に重きを置いている製品です。

iPhoneを持っている人が多いため、AirTagが移動しても見つけてもらいやすいことも、かなりの利点です。

スマートフォンここに注意!AirTagのマイナスポイント2つ

タグの位置が正確にわかり、他社製品を圧倒するスピードで位置情報を知らせてくれるAirTagですが、2つほど欠点がありました。

1:紛失には自分で気付く必要がある

Apple「AirTag」6

置きっ放しにしてしまっても、音が鳴るなどの通知機能は付いていません。ただし2021年秋頃リリース予定のiOS15ではAirPods Pro/Maxに置き忘れ機能が付く予定なので、AirTagにも今後のアップデートでの追加に期待です。

2:家バレなどの可能性がある

Apple「AirTag」7

AirTagを鞄に仕込まれると家バレなどのストーキング被害に会う可能性が。知らないAirTagと行動していると1時間(※)ほどで警告通知がiPhoneに来ますが、それまでに追跡されてしまうという欠点があります。

そのようなことが起きた場合は、ひとまずAirTagの電池を抜きましょう。

※本来の持ち主とは違う人のiPhoneと行動し始めてから通知が出るまでの実際の時間を記載しています。

スマートフォン【まとめ】AirTagの独自機能は便利です

駐車場

このほかAirTagにしかできない独自の活用法として便利なのは、車や自転車などに取り付けておくこと。

車の中に置いておけば、ショッピングセンターなどの広い駐車場で自分の車の位置を忘れてしまっても、ある程度の場所は特定できるので、延々と駐車場を探し回る必要もなくなります。

以上、Apple「AirTag」の紹介でした。結論として、AirTagは発売直後のため、今後のソフトウェアアップデートに改善を期待する部分はありますが、落とし物タグとしての性能は非常に高く、Appleユーザーなら絶対持っておくべきアイテムだと断言できます!

スマートフォンスマートトラッカーの売れ筋ランキングもチェック!

スマートトラッカーのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。