AV家電アップデートで最強の部屋を作ろう!

AV家電アップデートで最強の部屋を作ろう!

好きなアーティストのコンサートやスポーツの試合観戦、映画やお笑いのライブなど、数々のエンターテインメントが今や高クオリティな配信ライブやサブスク動画で手軽に体感できる時代。

そんな進化するエンタメに対し、それを楽しむためのAV機器の性能やコスパは急激に上がっています。AV機器のアップデートを検討するなら、今が好機。ライブに近い臨場感を、おうちで味わってみませんか?

4Kと複数のAV機器で作る格安最強テレビセット

リビングの主役といえば、真っ先に思いつくのはテレビですよね。

最近はスマホやタブレットで動画を見る人も多いですが、迫力の大画面や高精細な映像を楽しむなら、やっぱりテレビが圧倒的に有利です。

4Kと複数のAV機器で作る格安最強テレビセット

とはいえ、いま売れ筋の4Kテレビは10万円台、20万円台の製品もザラ。いくら性能がよくても、テレビにそんなに投資できないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、総額12万円以下で作れるテレビセット、「フル装備最強プラン」を提案します!

プロも納得の高画質! モダンデコ「SUNRIZE 4K フレームレステレビ 50V型」

モダンデコ「SUNRIZE 4K フレームレステレビ 50V型」

モダンデコ
SUNRIZE 4K
フレームレステレビ
50V型
実勢価格:4万8500円

サイズ・重量:約W111.2×D23.8×H68.6cm・約10.2kg(スタンド含む)

▼テスト結果
画質  :23/30点
操作性 :12/20点
音質  :16/20点
機能性 :10/30点
総合評価:61/100点

モダンデコ「SUNRIZE 4K フレームレステレビ 50V型」2

モダンデコ「SUNRIZE 4K フレームレステレビ 50V型」の4KHDRの映像は、ノイズが少なく優秀な画質。発色のバランスが良好で、暗部階調もつぶさずにしっかり出ています。

色再現も高評価。また、地デジも含め、画面が明るくはっきりしており、見やすいのもポイント。ほかの製品と比べてかなり高画質でした。

独自サラウンドを音質のよさで補う! JBL「Bar 2.0 All-in-One」

JBL「Bar 2.0 All-in-One」

JBL
Bar 2.0 All-in-One
実勢価格:1万805円

サイズ・重量:W61.4×D9×H5.8cm・1.61kg 入力端子:HDMI×1、光デジタル端子×1、Bluetooth

▼テスト結果
放送:8/10点
映画:7/10点
音楽:7/10点
総合:22/30点


JBL「Bar 2.0 All-in-One」は、HDMI端子のARC対応とDolby Ditigal対応に加え、クリアでパワフルなサウンド。JBL独自のサラウンドのデキもよく、全てが合格点です。

洗練されたオシャレな外見

JBL「Bar 2.0 All-in-One」2

本体上部のボタンはタッチ操作に対応。高級感を演出するのにも一役買っています。

バスレフポートで低音を強化

JBL「Bar 2.0 All-in-One」3

幅61.4cmの本体スピーカーは、2.0ch構成ながらバスレフポートによって低音のパワーを確保。

アマゾン「Fire TV Stick 4K」

アマゾン
Fire TV Stick 4K
実勢価格:6980円

サイズ・重量:W108×D14×H30mm・53.6g(本体、HDMI端子含む)、W37×D16×H142mm・43.4g(リモコン) プロセッサ:クアッドコア 1.7GHz ストレージ容量:8GB

アマゾン「Fire TV Stick 4K」は元値も6980円と安いのですが、Amazonのセール時期にはさらに安く購入可能。リモコンや音声での操作が快適なのも魅力。

テレビの背面に挿せば設置完了

アマゾン「Fire TV Stick 4K」2

Fire TV Stickは、テレビとの接続も簡単です。本体をテレビのHDMI端子に挿して、付属のケーブルで電源につなぐだけでOK!

4Kチューナーなしのテレビには必須! パナソニック「DIGA DMR-4W101」

パナソニック「DIGA DMR-4W101」

パナソニック
DIGA DMR-4W101
実勢価格:4万8532円

サイズ・重量:W430×D199×H60mm・約2.3kg チューナー数:地上デジタル/BS/BS4K/CS/CS110度4K 共用×2、地上デジタル/BS/CS 共用×1 ストレージ容量:1TB

モダンデコは4Kチューナーが非搭載。そこでレコーダーを追加しましょう。

おすすめはパナソニック「DIGA DMR-4W101」です。パナソニックの4K BDラインナップは全録対応の高級機と、それ以外の通常モデルに分かれていますが、通常モデルはチューナー数とHDD容量が違うだけで機能は同じです。

あとから外付けHDDを足せますし、高性能な長時間録画モードも搭載しているので容量は1TBでOK。裏番組録画に備えて4K2チューナーを選べば万全です。

パナソニック「DIGA DMR-4W101」2

4Kチューナーなしのテレビには必須!

4K放送を録画できる

パナソニック「DIGA DMR-4W101」3

4Kチューナー非搭載のテレビに4K録画機能を追加できるのが最大のメリットです。4K放送を元の画質のまま保存できます!

スマホで録画を視聴できる

パナソニック「DIGA DMR-4W101」4

専用アプリの「どこでもディーガ」を使えば、スマホから録画や外からの放送中の番組が見られるようになります。

STBナシでVODが見られる

パナソニック「DIGA DMR-4W101」5

Netflixやプライムビデオなど、主だったVODはほぼ入っているので、STBを買わなくてもOKです。

【まとめ】11万円台で最強のテレビセットが完成

動画コンテンツを満喫するための格安4Kテレビセット

以上、動画コンテンツを満喫するための格安4Kテレビセット「フル装備最強プラン」の紹介でした。

モダンデコ「SUNRIZE 4K フレームレステレビ」は、激安4Kテレビのテストでプロがとくに高画質と評価した製品。正直機能は多くないので、サウンドバー以外にもSTB(セットトップボックス)や4Kチューナー搭載のレコーダーを追加しました。

それでも、テレビそのものが5万円以下と破格の安さなので、全部合わせても約12万円弱。かなり魅力的なセットなので、ぜひお試しあれ。

▼シンプル&格安な「総額8万円台で作る最強の4Kテレビセット」はこちら

『家電批評』7月号

『家電批評』7月号

晋遊舎
『家電批評』
2021年7月号
実勢価格:700円

『家電批評』7月号では、「AV家電で最強の部屋づくり」の特集をしています。おうち時間を充実させたい方は、要チェックですよ!