AV機器2020年の総決算! ぜったい欲しくなる最新AV家電

外出する機会もめっきり減った今日この頃。家でゆっくり過ごすとなれば、この機会にAV家電類を充実させるのもいいかもしれません。

高画質4Kテレビや憧れのホームシアター、ハイスペックなオーディオ類などを導入すれば、自宅で心ゆくまで映画や音楽を楽しめます。

日々さまざまな最新家電を紹介している雑誌『家電批評』では、みなさんの物欲を刺激するAV新製品をピックアップ。2020年のAV家電大図鑑をお届けします!

AV機器TVがPCになる! エイスース「VivoStick TS10-B174D」

エイスース
VivoStick TS10-B174D
実勢価格:2万6082円

サイズ・重量:W135×D36mm×H16.5mm・約75g(バッテリーなし)
CPU :インテル Atom x5-Z8350 プロセッサー
メモリ:4GB
SSD:64GB eMMC

ASUS(エイスース)「VivoStick TS10-B174D」は、テレビのUSB端子に接続することで、テレビをパソコンとして使用できるようになるスティック型PCです。動画を再生するくらいなら、まったく問題を感じないスペックの持ち主です。

AV機器HDMI機器を使い分け!ラトックシステム「RS-HDSW51-4KA」

ラトックシステム
RS-HDSW51-4KA
実勢価格:6071円

サイズ・重量:L58×W82×H18mm(突起部含まず)・約60g(本体のみ)
最大出力解像度:4096×2160(60Hz /4:4:4 / 24bit)

ラトックシステム「RS-HDSW51-4KA」は、5つのHDMI端子を接続できるセレクターで、HDMI出力端子搭載の映像機器、ニンテンドーSwitchやPS4などの家庭用ゲーム機、パソコンなどの4K映像に対応しています。操作は本体のボタン、もしくは付属のリモコンで行います。

AV機器ファイルをテレビで再生できるサンワサプライ「MED-PL1」

サンワサプライ
MED-PL1
実勢価格:9800円

サイズ・重量:W120×D90×H27mm・約116g
スロット:USB A コネクタ(メス)×1、SDメモリーカード対応スロット×1

サンワサプライ「MED-PL1」は、テレビと接続することで、SDカードやUSBメモリに保存された動画や音楽などのデータを再生することができるメディアプレーヤーです。

接続端子はHDMI、コンポーネント、RCAコンポジット、VGAの4つを搭載。また、本体サイズはコンパクトで重量も約116gと軽いため、外出先などにも手軽に持ち出せます。

AV機器録画番組を大量保存! Synology「DS220j」

Synology
DS220j
実勢価格:2万1200円

サイズ・重量:H165×W100×D225.5mm・0.88㎏(本体のみ)
CPU:Realtek クアッドコア 1.4 GHz
メモリ:512MB
最大容量:32TB

ネットワーク対応ストレージSynology「DS220j」にテレビ番組を保存しておけば、Wi-Fi接続できる端末で家中のどこでも視聴できます。Windowsのデスクトップ風のメニュー画面で操作しやすいのが秀逸。アプリをインストールすれば機能の追加も可能です。

以上、テレビの「観る」機能を拡張するアイテム4選でした。テレビの機能を拡張すれば、「観る」楽しさをより一層堪能できるはず。「知らなかった」ではもったいない、要チェックのアイテムです!

AV機器『家電批評』2020年11月号

家電批評
2020年11月号

特集「AV家電大図鑑」のが掲載された『家電批評』2020年11月号はこちらから購入できます。気になるオーディオ&ビジュアルの新製品を紹介していますのでぜひチェックしてみてくださいね。