食品雑貨サラダチキン人気にあやかって
自作サラダチキンを作っちゃおう!

セブン-イレブンから火がついて、最近ではスーパーや食肉加工メーカーなどからも、こぞって発売されているサラダチキン。手軽に手に入り、ヘルシー、かつ美味しいとあって、いまや食卓の定番となりつつあります。以前、360.life(サンロクマルドットライフ)でご紹介したサラダチキンのランキング記事も、想像以上の大反響! そこで編集部では、この波に乗っかるべく、こんどはサラダチキンを自分でつくってしまおうという本企画。

とはいえ、ただつくるだけでは面白くないので、こちらも大人気、コストコ定番商品「さくらどり2.4kg」で挑戦しました。結果は、超カンタンな方法でなかなかの再現度になりました。

食品雑貨コストコのさくらどりと
炊飯器だけで完成します

調理自体は超カンタン。ふだん料理をしない人でも、さっぱり味の激うまサラダチキンがつくれます。コストコの格安肉のあたらしい調理テクです。

[使うのはこちら]
①とりむね肉

COSTCO
さくらどり 国産さくらどり むね肉 2.4kg
検証時の購入価格:999円

②好みの調味料
白ワインや、塩、ハーブなどシンプルなもので十分です。わざわざ買う必要もありません。

あとは炊飯器を用意したら、さっそくつくってみましょう。

食品雑貨手順は2つだけ!
あとは待っているだけ

①炊飯器にさくらどりとスパイスを投入

炊飯器にさくらどりのむね肉をドボンと入れたら、白ワイン、塩、お好みのスパイスなどの調味料を入れます。味付けも炊飯器で行います。

②お湯を入れ2時間保温します

ひたひたになるまで熱湯を入れたら、保温ボタンを押します。これで2時間放っておくだけ。2時間経ったら、竹串を刺して火が通っているか念のため確認しましょう。血が出なかったら火が中まで通っています。

完成!

盛り付けたら、絶品サラダチキンの出来上がり。このボリュームはコストコのさくらどり、ならではですね。

サラダチキンの多くは、100gちょっとで200~300円ですが、コストコのさくらどりむね肉を使えば、半分以下のお値段でつくれちゃいます。手軽で、存在感もあるのでパーティーやおもてなし料理としてもオススメです。もちろん、独り占めしてもヘルシーなので、気兼ねなく食べられますね。調味料にこだわれば、自分だけのオリジナルサラダチキンもつくれますので、いろいろアレンジにも挑戦してみてください!

次回はコストコ国産さくらどりもも肉2.4kgを使って、鶏ハムにチャレンジします。近日公開しますので、お楽しみに。


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。