ヨガに“ヨガブロック”って
本当に必要なモノなの?

ヨガに“ヨガブロック”って本当に必要なモノなの?
(C) Praethip Docekalova/123RF.COM

“ヨガブロック”ってご存知ですか? ヨガスタジオには必ずといっていいほど置いてあるレンガのような長方体です。初めて目にした人は「コレなんに使うんだろう?」と不思議に思うはず。

ヨガに“ヨガブロック”って本当に必要なモノなの?
(C) Aleksandr Davydov/123RF.COM

手に取ってみると意外に軽いことに驚かされますが、じつはこれ、ポーズを取りやすくするための補助アイテムです。

でもヨガブロックは「本当に必要なの?」と疑問を持つ人も多いようです。

そこで今回、そんな疑問に答え、数多のヨガブロックからベスト製品を選ぶ知恵を授けてくれたのは、ヨガ関連動画の再生回数92万回を誇るヨガトレーナー・芹澤宏治先生です。

ヨガに“ヨガブロック”って本当に必要なモノなの?

ヨガブロック選びにまつわる基礎知識はもちろん。ネット通販で買えるヨガブロック人気8製品のランキングも監修していただきました!

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

さっそくですが結果発表
1位はマンドゥカでした!

マンドゥカ(Manduka)
リサイクル フォーム ブロック
実勢価格:2968円
※単品です

結論を先に言いますと、マンドゥカ「リサイクル フォーム ブロック」がおすすめです。

今回、監修を務めていただいた芹澤先生も使用されているヨガブロックで、反発力と安定性に優れ、しっかりと体を支えてくれる製品だそうです。

ただ、唯一の欠点は2位以下に比べて、値段的に高めなこと。しかし耐久性もバツグンなので、むしろコスパ的に優れているという見方もあります。

とはいえ、製品に何を求めるかで、下位の製品が購入候補に上がる可能性も。

ということで、ランキングをチェックする前に、ヨガブロックにまつわる基礎知識から見ていきましょう。

ヨガブロックには
どんな効果があるの?

ヨガブロックにはどんな効果があるの?

「ヨガにヨガブロックは必要なの?」という素朴な疑問に対し、芹澤先生の回答は簡潔です。

芹澤宏治  氏
パーソナルヨガスタジオ「顔晴るジム」代表
芹澤宏治 氏 のコメント

ヨガブロックはヨガを行う上で絶対に必要なものです。とくに初心者の方は必ず使用してください。

なるほど。初心者ほど必要なものだそうです。

ではなぜ必要なのでしょうか? その効果について詳しく見ていきましょう。

[ヨガブロックの効果①]
ポーズを安定させてくれる

[ヨガブロックの効果①]ポーズを安定させてくれる
(C) Andriy Popov/123RF.COM

ヨガブロックの最大の効果はポーズを安定させてくれることです。

下の写真を見てください。これは三角形のポーズと呼ばれるものですが、芹澤先生に実際にヨガブロックを使ったときと使わないときの違いを解説してもらいました。

▼ヨガブロックを使わない場合

[ヨガブロックの効果①]ポーズを安定させてくれる
ヨガブロックなし

ブロックを使わない場合、手が届かない人は手が浮いた状態になるか、もしくは無理して直接床に着けることになります。どちらも体がブレやすくなり、安定しなくなります。

▼ヨガブロックを使った場合

[ヨガブロックの効果①]ポーズを安定させてくれる
ヨガブロックあり

ブロックを使った場合、手、足の3点で体を支えることができるので、ポーズが安定します。またブロックを押して受ける反発力で、しっかりと体を支えることができます。手が浮いた状態だと、手がどんな状態にあるのかわからないので、意識も不安定になってしまいます。

このようにヨガブロックを使うことによって難しいポーズでも安定して取ることができます。とくに初心者にとっては必需品だと言えるでしょう。

[ヨガブロックの効果②]
ケガの防止になる

[ヨガブロックの効果②]ケガの防止になる

「ヨガは体にやさしいし、自分のペースで行えるからケガはしない」――これは大間違いです。ヨガも正しい方法で行わないと体を痛める可能性があるのです。

とくに体が硬いのにムリに難しいポーズに挑戦したり、間違ったポーズを続けたりすると体に大きな負担がかかり、体のあちこちを痛めてしまいます。

[ヨガブロックの効果②]ケガの防止になる

また不安定な状態でヨガを行うとバランスを崩し、体をひねったり転んだりしてケガしてしまうことも。

[ヨガブロックの効果②]ケガの防止になる

その点でも、ヨガブロックはポーズを取る補助をしてくれるので、体の負担を軽減してくれます。また体全体が安定することで、バランスを崩しにくくなり、思わぬケガを防げます。

ちなみにヨガでもっともケガをしやすい部位は、背中・腰、次いで足、膝と言われています。

[ヨガブロックの効果③]
自然体でヨガが行える

[ヨガブロックの効果③]自然体でヨガが行える
(C) Ivan Kharchenko/123RF.COM

ヨガは全身にムダな力みがない「自然体」で行うのがベストです。その状態を維持できれば、体全体の調和が生まれ、心と体をコントロールしやすくなり、ヨガの効果も高まります。

ところが無理なポーズで体が力むとヨガの効果が半減してしまいます。ヨガブロックは無理な姿勢や体の力みを防いでくれるので、自然体でエクササイズを行うことができます。

ヨガブロックには
どんな種類があるの?

ヨガブロックにはどんな種類があるの?

ヨガブロックといってもいろいろあります。どんな大きさや素材があるのか、詳しく見てみましょう。

[ヨガブロックの種類①]
サイズ

タテの長さはだいたい22~23cm。横の長さは15~16㎝が主流です。また厚みですが、大きく約7.5㎝と10㎝のものがあります。

ヨガブロックは長方体で6面すべて使え、ポーズによって面の向きを変えます。たとえば全体重を乗せるようなポーズが多いという方は、できるだけ安定するよう面積が広いヨガブロックを選ぶと良いでしょう。

また厚みについては、厚いほうがやりやすいポーズも逆にやりにくいポーズもあるので、ケースバイケースといったところです。

[ヨガブロックの種類②]
素材

素材にはEVA樹脂製、木製、コルク製などがあります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

●EVA樹脂製
最大の特徴は軽量性。値段も比較的安く、コスパに優れています。ただし耐久性では他の素材に比べ、やや劣る場合が。手入れは他の素材に比べて簡単で使い勝手のよい素材だと言えます。

●木製・竹製
耐久性に優れた素材で、自然の風合いも良い感じです。ただし他の素材に比べ重量があるので、持ち運びには不向きです。木製の場合は多少の吸水性があるのでメンテナンスの手間がかかります。

●コルク製
触感が非常に良い素材です。また重さも木製に比べて軽量。汗の吸収力があり、ホールド力に優れているので初心者にもおすすめです。ただし汗を吸うのでメンテナンスに手間がかかります。

ヨガブロックを選ぶときの
重要ポイントは?

ここまでサイズと素材について見てきましたが、「それだけで選ぶと失敗しますよ」と芹澤先生。

ではどんなポイントで選べばよいのでしょうか? 芹澤先生に選び方を実演してもらいました。

[ポイント①]
ぐらつかないか

[ポイント①]ぐらつかないか

ブロックの一番のチェックポイントは「ぐらつかないかどうか」です。上から体重をかけたときにぐらぐらしないか。比較的厚みのあるものがグラつかないと言えます。

ただし同じ素材、同じサイズのブロックでも、商品によってぐらぐらするものや、まったくしないものがあります。安定性に欠けるとエクササイズ中にブロックが倒れて危険なので、しっかりチェックしてください。

[ポイント②]
押したときに滑らないか

[ポイント②]押したときに滑らないか

滑らないかどうかも重要です。グリップ力があり、しっかりマットの上に固定できるヨガブロックを選びましょう。滑りやすいかどうかは、マットの上よりむしろ床の上で試したほうがよくわかります。

実際には床で滑ってもマットであれば滑らない事が多いです。ただし、床で滑るものの場合、マットによっては滑ってしまう事があるので注意が必要です。もちろん、床で滑らないものはマットでも滑らないので大丈夫です。

[ポイント③]
押したときに凹まないか

[ポイント③]押したときに凹まないか

安価な商品の場合、押すと凹み、手が沈み込む場合があります。一方優れた商品は凹まず、反発力があります。これにより体をしっかり支えることができるわけです。凹む商品ではポーズが安定しませんので気をつけましょう。

[ポイント③]押したときに凹まないか

以上3つのポイントで今回の8製品を評価しました。100点満点とし、配点は以下のとおりです。

① ぐらつきにくさ:35点
② 滑りにくさ  :30点
③ 凹みにくさ  :35点


他にも触った感触や重さなども選ぶ基準になりますが、それらは個人の好みや用途によっても変わってくるので、今回の採点基準からは外しました。

通販サイトで買うときの
気をつけたいポイントは?

通販サイトで買うときの気をつけたいポイントは?

さて、これまでヨガブロックの選び方を解説してきましたが、①~③のポイントは実際に手にしてみないとわからないですよね。

そこでネットで選ぶ場合にはレビューを参考にするという手があります。以下をご覧ください。

①ぐらつきにくさ/滑りにくさ
「ぐらつきやすい」「滑りやすい」といったレビューは見逃さないようにしましょう。このコメントがある場合、安定性に欠けるということなので、使用中はヨガに集中することができません。
レビュー例:「高さを出したいヨガポーズの補助などに使うとぐらつきます」

②凹み
レビューで「柔らかい」「手が沈み込む」という文言がある場合には要注意。素材が凹みやすいものなので、ポーズが安定しません。
レビュー例:「柔らかすぎて立てた状態で力を加えるとふにゃってなって不安定になる」

こうしたレビューを参考にして、「届いたらイメージと違っていた」「使い辛かった」といった事態をできるだけ回避しましょう。

それでは、いよいよランキングの発表です!

つかみやすく滑りにくい
ヨガブロックの逸品!

マンドゥカ(Manduka)
リサイクル フォーム ブロック
実勢価格:2968円
※単品です


サイズ:約22.5cm × 15cm × 10.5cm
重量:約400g
素材:EVA(リサイクル)

▼テスト結果
ぐらつきにくさ:34/35点
滑りにくさ  :29/30点
凹みにくさ  :34/35点
総合評価   :97点


ヨガの人気ブランド・マンドゥカのヨガブロックです。値段は他の商品に比べてやや高めですが、EVAながらしっかりした作りで耐久性も抜群。重量はやや重めですが、厚みがあり安定感も十分。難しいポーズも安心して行うことができます。

つかみやすく滑りにくいヨガブロックの逸品!

反発力と安定性に優れた商品です。つかみやすく滑りにくいので、しっかりと体を支えてくれます。

つかみやすく滑りにくいヨガブロックの逸品!

硬いブロックですが、表面に適度な柔らかさがあり、角も丸みを帯びていて、つかんでいても違和感がなく余計な負担がかかりません。

芹澤宏治  氏
パーソナルヨガスタジオ「顔晴るジム」代表
芹澤宏治 氏 のコメント

私自身も愛用しているヨガブロックです。安定感があり、かなり力をかけてもぐらつくことがありません。初心者から上級者まで幅広い層におすすめできる商品です。

適度な弾力性と高反発力
快適にヨガができます

適度な弾力性と高反発力快適にヨガができます

ヨガワークス(Yogaworks)
ヨガブロック
実勢価格:3043円
※2個セットです


サイズ:約23×15×7.6cm
重量:300g
素材:EVA

▼テスト結果
ぐらつきにくさ:31/35点
滑りにくさ  :28/30点
凹みにくさ  :33/35点
総合評価   :92点


こちらは2個セットで約3000円とコスパに優れた商品。弾力性があるため魚のポーズ(マツヤ・アーサナ)など背面での使用にも向いています。

触り心地も良く、快適にヨガができます。とくに凹みにくさでは高得点を得ました。

適度な弾力性と高反発力快適にヨガができます

高い反発力を持っているため、凹んで手が沈み込むことはありません。安定性も十分でさまざまなポーズにチャレンジできます。

適度な弾力性と高反発力快適にヨガができます

厚みが7.6cmなので、写真のようにタテで使うときは多少ぐらつく場合があります。ただし同サイズの商品の中では滑りにくく、安定性も十分なので、優れた商品と言ってもよいでしょう。

レビューでは、落ち着いた色がイイという声が多かったです。

芹澤宏治  氏
パーソナルヨガスタジオ「顔晴るジム」代表
芹澤宏治 氏 のコメント

厚みが7.6cmなので、1位商品に比べて安定性では劣りますが十分なレベルです。反発力もあり、初心者が行うポーズでは十分な役割を果たしてくれます。最初の1台としてもおすすめです。

自然な風合いと安定感が魅力
バンブーブロック

自然な風合いと安定感が魅力バンブーブロック

オーエイチプラス(Ohplus)
ヨガブロック 木製(バンブー)
実勢価格:3880円
※2個セットです


サイズ:約 23×15×7.5cm 
重さ:約600g  
素材:竹100%

▼テスト結果
ぐらつきにくさ:32/35点
滑りにくさ  :25/30点
凹みにくさ  :33/35点
総合評価   :90点


竹素材を使ったヨガブロック。自然な風合いで肌触りも抜群です。反発力に優れてはいますが、硬い触感を合わないと感じる人もいるかもしれません。

自然な風合いと安定感が魅力バンブーブロック

竹なので、重量は他の商品に比べて重めですが、安定性は抜群です。さまざまなポーズに対応し、安心してヨガを行うことができます。

竹は菌の増殖を抑える効果もあります。劣化しにくく衛生的に長く使うことができる製品です。

芹澤宏治  氏
パーソナルヨガスタジオ「顔晴るジム」代表
芹澤宏治 氏 のコメント

竹製は初めて使ってみたのですが、やや硬いという印象。とはいえ硬くても弾かれる感じはなく、触感も良いのでポーズは取りやすいです。

4位: 上位商品でコスパ最強
肌触りでは2位を上回りました

4位: 上位商品でコスパ最強肌触りでは2位を上回りました

PROIRON
ヨガブロックピラティスブロック
実勢価格:1380円
※2個セットです


サイズ:22.8×15×7.6㎝
重量:250g
素材:EVA

▼テスト結果
ぐらつきにくさ:30/35点
滑りにくさ  :27/30点
凹みにくさ  :32/35点
総合評価   :89点


EVAながら表面が傷つきにくく耐久性に優れた商品です。性能的には3位商品とほぼ同じと考えてよいでしょう。凹みにくさでは3位商品にやや劣りますが、触感はややこちらの方が上、と芹澤先生。

4位: 上位商品でコスパ最強肌触りでは2位を上回りました

しっかりとした反発力があるので、ポーズが安定します。

4位: 上位商品でコスパ最強肌触りでは2位を上回りました

値段が3位商品の半分以下と、コスパでは上位商品で最強。2セット購入して重ねて使うのにもよいでしょう。1個売りもあります。

芹澤宏治  氏
パーソナルヨガスタジオ「顔晴るジム」代表
芹澤宏治 氏 のコメント

厳密に見れば全体の安定性で3位に軍配が上がるものの、ほぼ同じ性能でコスパに優れており初心者には十分な商品です。感触に関しては個人の好みがありますので、評価の基準にはしませんでした。

5位: 滑りにくさでは上位以上
高反発なコルクブロック

5位: 滑りにくさでは上位以上高反発なコルクブロック

Teeyar
コルク ヨガブロック
実勢価格:1285円
※単品です


サイズ:23 ×15 ×7.6cm
重量:約750g
素材:コルク

▼テスト結果
ぐらつきにくさ:25/35点
滑りにくさ  :29/30点
凹みにくさ  :34/35点
総合評価   :88点


コルクオークの樹皮から収穫された自然素材のヨガブロックです。押した感触は非常に良好で、高反発で安定した素材。重量は750gと意外にもやや重めです。

ただし、残念なのは厚みがない点。そのためやや安定性には欠けます。

5位: 滑りにくさでは上位以上高反発なコルクブロック

ぐらつきにくさでは上位商品にやや劣りますが、滑りにくさについては上位商品以上の性能だと言えます。また優しい肌触りは、初心者や女性におすすめです。

芹澤宏治  氏
パーソナルヨガスタジオ「顔晴るジム」代表
芹澤宏治 氏 のコメント

使ってみた感じではややぐらつくなという感じです。ただコルク製なので、高反発でヨガには最適。体にも優しい商品とは言えるでしょう。

6位: やや凹みやすいけど
厚み10センチの安定感

6位: やや凹みやすいけど厚み10センチの安定感

Reehut
ヨガブロック ピラティスブロック
実勢価格:989円
※2個セットです


サイズ:23×15×10cm
素材:EVA

▼テスト結果
ぐらつきにくさ:27/35点
滑りにくさ  :28/30点
凹みにくさ  :28/35点
総合評価   :83点


アマゾンで1位にもなった大人気商品です。2個入り1000円以下とコスパに優れた商品です。

6位: やや凹みやすいけど厚み10センチの安定感

厚みは10㎝あり、安定感があります。ただし上位商品と比較すると凹みやすく安定性や反発力でやや劣ります。レビューでも「ヨガスタジオで借りるものより柔らかい」という声がありました。

ただレビューでは「硬さも密度も、使い心地も完璧」というものもあり、硬い物より「使いやすい」と感じる人もいるようです。

芹澤宏治  氏
パーソナルヨガスタジオ「顔晴るジム」代表
芹澤宏治 氏 のコメント

やや凹みが気になりましたが、コスパに優れた製品で、初心者が最初の一台として使ってみるにはよい商品だと思いました。また軽量で持ち運びにも便利です。

7位: 持ち運びに便利な
コスパ良しの初心者向け商品

7位: 持ち運びに便利なコスパ良しの初心者向け商品

TT
ヨガブロック
実勢価格:1099円
※2個セットです


サイズ:23×15×8cm
重さ:約150g
素材:高密度EVA

▼テスト結果
ぐらつきにくさ:23/35点
滑りにくさ  :27/30点
凹みにくさ  :29/35点
総合評価   :79点


こちらもコスパに優れた格安ヨガブロックです。柔らかいので上位商品に比べて安定性や反発性では劣っています。2個で体重をかけるポーズなどには向いていません。

7位: 持ち運びに便利なコスパ良しの初心者向け商品

レビューでは「初心者の練習では問題なく使える」というのがありました。なによりもコスパに優れ、軽量で持ち運びにも便利なので、揃えておいて損はないと言えるでしょう。

芹澤宏治  氏
パーソナルヨガスタジオ「顔晴るジム」代表
芹澤宏治 氏 のコメント

初心者が使う分には役割を果たすと思います。ただ、ブロックを立てて体を支えるポーズで使う場合には、安定性が気になりました。難しいポーズでの使用は難しさを感じました。

8位: 2個セットで900円以下
体験用におすすめの最安ブロック

8位: 2個セットで900円以下体験用におすすめの最安ブロック

Motomo
ヨガ ピラティス 用ブロック
実勢価格:890円
※2個セットです


サイズ:22.5×14.5×8㎝
重量:115g
素材:EVA

▼テスト結果
ぐらつきにくさ:22/35点
滑りにくさ  :26/30点
凹みにくさ  :26/35点
総合評価   :74点


今回紹介するアイテムの中では最安値。7位商品と同じく初心者向け商品だと言えます。最大の特徴は表面に施された砂のような凸点。これですべりにくさを実現しているため、ズレを気にせずポーズを取ることができます。

ただし写真のように縦にして使う場合は安定性に欠けるので、ポーズによっては注意する必要があります。

8位: 2個セットで900円以下体験用におすすめの最安ブロック

コスパに優れているので体験用・入門用としては最適です。レビューでは「丈夫だ」「耐久性に優れている」という評価がある一方、「軽くて不安定」とする声もありました。

芹澤宏治  氏
パーソナルヨガスタジオ「顔晴るジム」代表
芹澤宏治 氏 のコメント

やや凹みがきになりました。また、安定性でも性能がやや落ちるので、体重のかけ方によってはぐらつきます。その為、ポーズによっては十分に機能しない場合があるので注意が必要です。ヨガブロックを体験するにはよいと思います。

以上、ヨガのプロが選抜したヨガブロック8製品のおすすめランキングでした。

最後に「ヨガブロックをなにかで代用できるのか?」という点について考えてみましたので、ご覧ください。

ヨガブロックは
他のもので代用できる?

ヨガブロックを持っていないという場合、身近にあるもので代用できるでしょうか?

たとえば本や箱。

ヨガブロックは他のもので代用できる?
(C) 3103/123RF.COM

ヨガブロックが手元にないため本で代用する人がいますが、本はズレる可能性もあり、安定性に欠けます。またちょうどよいサイズを探すのも大変です。その手間を考えたらヨガブロックを購入したほうが良いでしょう。

ヨガブロックは他のもので代用できる?
(C) kokoroyuki/123RF.COM

箱だと凹んでしまうので、ポーズが崩れてケガの原因になりかねません。

ヨガブロックは他のもので代用できる?
(C) akiyoko/123RF.COM

さらに、仰向けのポーズで背中の下に置くブロックを瓶で代用する人もいますが、安定性に欠けるし、圧が一か所にかかってしまうのでおすすめできません。

他にも小さな椅子やヨガマットを折り畳んで使用する人がいますが、いずれも安定性に欠けます。

ヨガブロックは他のもので代用できる?

つまり、代用品では安全にヨガができません。

ヨガブロックはヨガのポーズにちょうど良いサイズに作られていますし、ホールド力やグリップ力に関してもしっかりとしたテストを経て発売されています。

ヨガをするなら、きちんとヨガブロックを準備したほうが確実に効果アップにつながりますよ!