キッチンお湯を沸かさず簡単に作れる
水出しコーヒーはいかが?

お湯を使わず気軽にできると人気の「水出しコーヒー」。アイスコーヒー用の豆を挽いた粉と水出し用のコーヒーポットを用意すれば、誰でも簡単にコーヒーが作れます。

水で淹れるのでお湯も不要なうえ難しい作業も一切ありませんが、一度に大量に作れるので、アイスコーヒーを頻繁に飲む人や家族みんなで楽しみたいといった人に向いています。

ここでは、水出し用のコーヒーポットの失敗しない選び方と、実際に使い比べたランキングをご紹介します。

キッチン[選び方]オシャレだけじゃ×
見た目も使い勝手も重要です

専用ポットがあれば、誰でも簡単に作れる「水出しコーヒー」ですが、ポットも色々な種類のものが出回っています。これから購入するとすれば、どんな製品を選んだらよいのでしょうか?

水出しコーヒー専用のポットの選び方のポイントは3つ。その3つのポイントを詳しくご紹介します。

[ポイント1:使い勝手]

コーヒーを注ぎやすいか、本体が持ちやすいかどうかといった「使い勝手」は、押さえておきたい必須ポイントです。テストでは、洗いやすさなども含めて検証しました。

[ポイント2:見た目]

「見た目」もやはり大事です。そこで、デザイン性についてもテストしました。

[ポイント3:コスパ]

最後にチェックすべきなのが「コスパ」。3000円以下という予算に見合っているかどうかもチェックしました。なお価格は検証時点で購入した金額です。現在とは異なる場合がありますのでご了承ください。

以上の3つのポイントを踏まえて、それぞれの項目を星5つで評価します。今回テストしたのは、お店でもネットでも買える人気どころ5製品。3000円以下で本当に使えるアイテムを探しました。

さて、おしゃれで使いやすくコスパもいい製品はどれなのでしょうか? 気になる結果を1位から順に発表します!

記事1位BEST1位はハリオ 水出し珈琲ポット
使い勝手はコレが1番です

ハリオ(HARIO):水出し珈琲ポット:コーヒーポット

ハリオ(HARIO)
水出し珈琲ポット
実勢価格:1058円

サイズ:幅13.8×奥行9.4×高さ29.4cm
容量:1L

見事1位に輝いたのは、ハリオ 水出し珈琲ポット。シンプルなつくりと洗いやすさ、持ちやすいハンドル、と細かな気配りが見られた1本です。価格もお手頃なので、コーヒーポット初心者にこそおすすめです。

「使い勝手」は最高評価の星5つ、「コスパ」も星4つ、「見た目」が星3で、総合評価は文句なしのAでした。

シンプル構造で使い勝手◎。

ストレーナーの取り外しと装着が超簡単。ストレスなく使えます!

ストレーナーが分解できるので洗いやすいです。

掃除するのが大変なストレーナーが分解可能だから、お掃除もラクラク。ほかにはない心づかいです。

[右:ハリオ、左:タケヤ]

パーツだけ見てもハリオは優秀! フィルターのつくりも比較してみると、ハリオのほうがタケヤより、ピンと張っていて高品質です。

記事1位BEST同じく1位のハリオ製品
ワインボトルみたいでキュート!

ハリオ(HARIO):フィルターインコーヒーボトル:コーヒーポット

ハリオ(HARIO)
フィルターインコーヒーボトル
実勢価格:1699円

サイズ:幅8.7×奥行8.4×高さ30cm
容量:650ml

こちらのハリオ フィルターインコーヒーボトルも同じく1位に。容量は少ないですが、細くて持ちやすいのがポイント。ワインボトルのように持てて注ぎやすく、人に見せたくなるオシャレな見た目もGoodです。

「使い勝手」が星3つと評価が下がりましたが、「見た目」のキュートさが高評価で星5つ。「コスパ」も星4つで総合評価はAでした。

女性でも片手で持てます。

本体が細くて持ちやすいので、手の小さな女性でも問題なく持てます。

ワインボトル感覚で使えます。

ワインのように注げて便利。見た目のかわいさもこれがダントツ!

記事3位BEST3位タケヤ コーヒージャグ
コスパ最高で横置きできて便利です

タケヤ化学工業:タケヤ 水出し専用 コーヒージャグ:コーヒーポット

タケヤ化学工業
タケヤ
水出し専用 コーヒージャグ
実勢価格:800円

サイズ:幅10.5×奥行10.5×高さ25.5cm
容量:1.1L

3位はタケヤ 水出し専用 コーヒージャグ。持ち手がないうえに本体が太めで、持ちやすさはイマイチでした。ただ、価格は魅力的。冷蔵庫に横置きしたい方は、こちらが候補になります。

「コスパ」はダントツによく、星5つ。「使い勝手」と「見た目」は共に星3つでした。

横置きもOKで密封できてこぼれません。

このコスパでヨコ置きできるのはうれしい! ただし、ハンドルがなく持ちにくいのが気になりました。

4位: 4位のキントーのカラフェは
片手でサッとは注げません

キントー:コールドブリューカラフェ カプセル:コーヒーポット

キントー
コールドブリューカラフェ カプセル
実勢価格:2700円

サイズ:幅8.5×奥行8.5×高さ27cm
容量:1L

4位はキントー コールドブリューカラフェ。360°どこからでも注げるポット。見た目も素敵ですが、本体の太さが惜しい! 価格も高く、B評価となりました。

両手を使う必要あり。太さがちょっと気になります。

本体が太くハンドルもないので、片手でサッとは注げません。

5位: 5位キントーアイスコーヒージャグ
使いにくくコスパも今ひとつ…

キントー:PLUG アイスコーヒージャグ:コーヒーポット

キントー
PLUG アイスコーヒージャグ
実勢価格:2400円

サイズ:直径9.5×幅15×高さ27cm
容量:1.2L

5位はキントー PLUG アイスコーヒージャグ。横置きできるのは便利ですが、ストレーナーの使いにくさが気になりました。コスパも良くないから、あえて選ぶ必要が見当たりません…。

フタの開閉がサッとはできず、手こずります。

クルッとハマらず、しっかりフタをするにはコツが必要です。

人気のコーヒーポットランキングは、ハリオの2本が1位でした。価格も手頃で、プレゼントにも喜ばれそうです。ぜひ、美味しいアイスコーヒーを堪能してください!