スマートフォンテストしてびっくり
スマホの音楽は味付けされまくり

発端はiPhoneから格安スマホに乗り換えたときの違和感。なんだかいつも聞く音楽がちょっと違うような感じがあり、テストをしてみることにしました。音質の差はイヤホンやヘッドホンによるものが大きいかと思いきや、スマホ自体の違いでも大きく味付けがあることがわかりました。

同じ音楽でもこんなに波形が違う!

(上:Nexus 6P/下:HTC10)
同じ音楽を再生しているとはとても思えません。もちろん、音に「味付けがある=悪い音」ではありませんが、違和感の原因はここにありそうです。

今回は「Nullテスト」でスマホの音質を検証しています。テスト用のサウンドをスマホで再生しコンピュータで録音。録音した波形の山谷を反転(逆相)させて元のファイルと同時に再生します。完全に原音忠実の場合はノイズキャンセルと同じ原理で音が消失し波形がフラットになりますが、味付けがある場合は波が大きい形となります。

スマートフォンプロの試聴と合わせた
良い音スマホ格付けを決定!

プロの試聴と合わせた良い音スマホ格付けを決定!

スマホごとの音質の違いがあることがわかったところで、本当に良い音のスマホを探すべく、プロによる試聴テストを行いました。nullテストによる原音の忠実性計測と合わせた格付けを公開します。

S評価データも試聴も好感触!
さすがのXperiaがベスト

原音には多少の味付けがあるももの、基本は忠実。とくに音の中音域の密度が高く精細感も確認できました。試聴テストの結果も同様でデータと試聴の双方から高音質が裏付けられました。プレーン過ぎず、薄味過ぎない音作りのスマホと言えます。

ソニー:Xperia X Performance:スマホ

ソニー
Xperia X Performance
実勢価格:9万3120円
サイズ・質量:W71×H144×D8.6mm ・約165g
アウトカメラ:2300万画素
インカメラ:1320万画素
CPU:Snapdragon 820(クアッドコア)

データも試聴も好感触!さすがのXperiaがベスト
データも試聴も好感触!さすがのXperiaがベスト

中高域の品質が高く、専用音楽プレイヤーレベルの高音質。ノイズも少なく透明感のあるサウンドでした。やや迫力不足のところはありますが、そのあたりをイコライジングやイヤホンで補えばカンペキでしょう。

A評価一番原音に忠実だったのはNexus!
聴きやすさではナンバー1です

テストしたスマホで最も原音に忠実。ほんの僅かなドンシャリが聴きやすさにつながっていて高評価でした。Googleはハイレゾ対応と明言していませんが情報量が多、くボーカルや生楽器の質感表現お得意。ハイレゾプレイヤーの入門機「WALKMAN」Aシリーズと比べても引けを取りませんでした。

Google:Nexus 6P:スマホ

Google
Nexus 6P
実勢価格:7万4800円
サイズ・質量:W77.8×H159.3×D7.3mm・約178
カメラ(アウト・イン):1230万・800万画素
CPU:Snapdragon 810 v2.1

一番原音に忠実だったのはNexus!聴きやすさではナンバー1です
一番原音に忠実だったのはNexus!聴きやすさではナンバー1です

ほぼフラットな波形で原音とほぼ同じながら「高級なドンシャリ」と言えるような絶妙な調整です。少し残念な点は16Ωのヘッドホンでも音量を最大近くにしないと音量が取り辛いこともありました。

A評価味付けはドンシャリ気味だが
パワフル音質が好印象なiPhone

原音忠実度はXperiaやNexusには劣りましたが、高音域の伸びやかさ中音域のクリアさで試聴テストの結果が良好でした。iPhoneのエントリーモデルとして好まれやすいサウンドを目指したのかもしれません。

Apple:iPhone SE:スマホ

Apple
iPhone SE
実勢価格:48384円
サイズ・質量/W123.8×H58.6×D7.6mm・約113g
アウトカメラ/1200万画素
インカメラ/120万画素
CPU/Apple A9(デュアルコア 64bit/M9コモーションプロセッサ内蔵)

味付けはドンシャリ気味だがパワフル音質が好印象なiPhone

波形から多くのAndroid端末とは異なる音作りをしていると推測できます。iOSのミュージックアプリはキックドラムやギターなどの音に欠かせない中音域を分割して細かく強弱をつけていることで、原音よりも味付けのあるサウンドとなっていました。

A評価HTCは原音忠実度は低いが
巧みなドンシャリで試聴は優秀!

原音にはしっかりとした味付けがされているタイプです。ただ、いざ試聴すると、過剰な演出感はなくシャープでスピード感重視のEDMやロックによく合うサウンドでした。チューニングの巧さが光るスマホです。

HTC:HTC10:スマホ

HTC
HTC10
実勢価格:5万4000円
サイズ・質量:W72×H146×D9.2mm・約161g
アウトカメラ:1200万画素
インカメラ:1200万画素
CPU:Snapdragon 820(2.2GHz デュアルコア+1.6GHz デュアルコア)

HTCは原音忠実度は低いが巧みなドンシャリで試聴は優秀!

味付けは極端でないものの今回のテストで上位にランクインした機種では最もドンシャリ。一般の人が好むようにやや派手目な音作りです。少し高音が落ちています。

スマートフォン格安スマホは軒並み厳しい…
音質重視では選べません

同様のテストを格安スマホでも行いましたが、今回選んだ機種では原音から大きく変化があるモデルばかりでした。味付けも高品質とは言えず、プロの試聴評価も高くありません。

格安スマホは軒並み厳しい…音質重視では選べません
格安スマホは軒並み厳しい…音質重視では選べません

上の波形は「Priori 3s」のテスト結果です。上が原音、下が格安スマホで再生した音の波形です。高級スマホでも完全に一致することはありませんが、ここまで違いが出るのは基本的な音楽再生の実力に不足があります。

C評価: プロの評価は厳しく
「音楽として再生できていない」

原音忠実性のテストでは再生音と原音の波形が異なっていました。データを音楽として意識して再生するというところが、欠けているという印象でした。

ZenFoneは新機種の3も発売されているので、そちらでは改善されている可能性もありますが、価格の安い本製品もまだ販売されているので、音質重視の人には向かないかもしれません。

ASUS:ZenFone 2 Laser:スマホ

ASUS
ZenFone 2 Laser
実勢価格:1万5696円

C評価: プロの評価は厳しく「音楽として再生できていない」

C評価: 大味なサウンドで
音もかなり歪んでいます…

ZenFone同様に波形が合いません。かなり強いドンシャリ。試聴テストではふわっとした音像でオーディオ的にはNGですが、温もりある音色とも言えるかも。

ファーウェイ:GR5:スマホ

ファーウェイ
GR5
実勢価格:1万7428円

C評価: 大味なサウンドで音もかなり歪んでいます…

C評価: スタジオテストが測定不能
試聴のノイズも目立ちました

原音と再生音の波形が全く変わってしまい、テスト自体が不可能でした。試聴テストではベースやドラムの音の輪郭が潰れており、ノイズも目立つという結果です。

フリーテル:Priori 3s:スマホ

フリーテル
Priori 3s
実勢価格:1万9224円

C評価: スタジオテストが測定不能試聴のノイズも目立ちました

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。