キッチン食材をおいしく&長く保存する簡単な方法は?

食材をおいしく&長く保存する簡単な方法は?

食材が鮮度を失う原因は水分や乾燥、空気に触れる、低温など食材によってさまざま。なんとなく保存をして、気づけば腐らせているという人も多いのではないでしょうか。食品は3つの保存方法を理解すると美味しさと長持ちが叶うんです。

「おいしさ」と「長持ち」が叶う保存のキホン

保存方法1:常温

直射日光が当たらない風通しのよい場所で保存すること。部屋によっては日光や温度の影響で野菜の成長が進み旨味を損なう可能性があるので注意しましょう。

保存方法2:冷蔵

一定の温度を保てる冷蔵室ですが、季節によって庫内温度は変化すると言われています。野菜室は冷蔵室に比べて湿度が高いため、水気に弱い野菜は避けてください。

保存方法3:冷凍

長期保存は冷凍一択ですが、本来の食材の旨味が壊れてしまうことも。しかし、時短調理には最適で、解凍や調理方法を工夫することで食感も保てます。

ということで、テストする女性誌『LDK』が料理家の皆さんと一緒にズボラさんでも取り組める世界一カンタンな食品保存ワザを大研究。食材がいつもよりおいしくて長持ちするテクニックやおすすめアイテムを紹介します。

キッチン生卵は冷凍することで卵黄がねっとり味に変化 !

 

生卵は冷凍することで卵黄がねっとり味に変化 !

卵は冷蔵が一般的ですが、冷凍すると黄身が ねっとり、白身はサラサラになり新たな味わいに。 殻が割れて菌が繁殖しやすくなるので、解凍後は すぐに食べるか加熱しましょう。

菌が増殖しやすいので 解凍後は早めに食べること

 

菌が増殖しやすいので 解凍後は早めに食べること

黄身は硬くなるので半解凍すると包丁で半分に切りやすくなります。

 

菌が増殖しやすいので 解凍後は早めに食べること

そのまま焼けば、ミニサイズの目玉焼きが完成します。

キッチン固まった塩は乾燥でサラサラに!

塩は湿度が苦手!レンチンで水分を飛ばしてサラサラになる

塩は湿度が苦手!レンチンで水分を飛ばしてサラサラになる

塩は周囲の湿度が高まると、付着した水分により塩の表面が溶けて固まるので密閉容器に保存。固まったら電子レンジに入れて1分ほど加熱すれば、水分が飛んでサラサラになります。

キッチンカチコチ砂糖には湿気を与えてあげて

砂糖は乾燥が苦手!濡れたキッチンペーパーをフタに挟むとほぐれる

砂糖は乾燥が苦手!濡れたキッチンペーパーをフタに挟むとほぐれる

砂糖は水分を含ませてしっとりさせているため、乾燥すると固まりやすくなります。水で濡らしたキッチンペーパーを容器のフタに挟んで数時間置くと、砂糖がほぐれて元の状態に戻ります。

キッチンおすすめ:鮮度はもちろん、開閉しやすさがピカイチ「ジップロック」

おすすめ:鮮度はもちろん、開閉しやすさがピカイチ「ジップロック」
王冠アイコン

旭化成ホームプロダクツ
ジップロック
フリーザーバッグ L
購入価格 298円/12枚入

おすすめ:鮮度はもちろん、開閉しやすさがピカイチ「ジップロック」

ジップロック「フリーザーバッグ」は、フリーザーバッグ9製品比較でベストバイ。すべての評価が高得点保存の強い味方! スーッとはまりやすく、開けやすいよう工夫されたジップはさすが! 密閉力が高く鮮度キープも優秀。使い勝手と鮮度の良さを考えるなら、やや高めでもアリです!

以上、世界一カンタンな食品保存ワザとおすすめアイテムの紹介でした。

それぞれの食材に合った保存術を知れば、鮮度をキープしたままムダなく最後まで使いきることができます。どれも簡単にできるので、ぜひマネしてみてくださいね。

キッチン保存用バッグの売れ筋ランキングもチェック!

フリーザーバッグやポリ袋など保存用バッグのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。