キッチン食材をおいしく&長く保存する簡単な方法は?

食材をおいしく&長く保存する簡単な方法は?

食材が鮮度を失う原因は水分や乾燥、空気に触れる、低温など食材によってさまざま。なんとなく保存をして、気づけば腐らせているという人も多いのではないでしょうか。食品は3つの保存方法を理解すると美味しさと長持ちが叶うんです。

「おいしさ」と「長持ち」が叶う保存のキホン

保存方法1:常温

直射日光が当たらない風通しのよい場所で保存すること。基本は野菜の保存のみにしましょう。部屋によっては日光や温度の影響で野菜の成長が進み旨味を損なう可能性があるので注意しましょう。

保存方法2:冷蔵

一定の温度を保てる冷蔵室ですが、季節によって庫内温度は変化すると言われています。すぐ使うものは冷蔵室の中でもチルド室を使って保存しましょう。

保存方法3:冷凍

長期保存は冷凍一択ですが、本来の食材の旨味が壊れてしまうことも。しかし、時短調理には最適で、解凍や調理方法を工夫することで食感も保てます。

ということで、テストする女性誌『LDK』が料理家の皆さんと一緒にズボラさんでも取り組める世界一カンタンな食品保存ワザを大研究。食材がいつもよりおいしくて長持ちするテクニックやおすすめアイテムを紹介します。

キッチン肉・魚はラップで包んでカンタン冷蔵!

冷凍なら下処理で臭みを除去して

肉・魚はラップで包んでカンタン冷蔵!冷凍なら下処理で臭みを除去して

肉・魚は買ったら即保存が基本。肉、魚、貝などの生鮮食品は雑菌や空気が触れることでカビが生えて風味も落ちるので、買ったらすぐに家に持ち帰り冷蔵または冷凍すること。その際は、雑菌の元や空気を取り除いておくことが大切。冷蔵庫の開閉はなるべく少なくして、庫内温度の上昇も防ぎましょう。

おいしくなくなる2大原因を抑えて!

ドリップや手の雑菌が繁殖

ドリップや手の雑菌が繁殖

【対策:ドリップを拭き、対策清潔な手や箸で作業】
雑菌が付くとカビが繁殖しやすくなるので、触れる前に手を洗い、雑菌の元となるドリップを取り除きます。

乾燥、酸化で 風味が落ちる

乾燥、酸化で 風味が落ちる

【対策:ラップ&保存袋で密閉して空気に触れさせない】
空気に触れると酸化が進んで味が落ちるので、ラップに包んで保存袋に入れ、空気を抜くようにしましょう

佐藤わか子 氏
各国料理研究家
佐藤わか子 氏 のコメント

お肉の中では鶏肉が最も傷みやすいので早めに食べきりましょう

今回は、肉・魚の基本の冷蔵・冷凍保存方法を紹介します。

キッチン冷蔵は肉や魚の付属ラップで巻けば賞味期限がすぐわかる!

冷蔵は肉や魚の付属ラップで巻けば賞味期限がすぐわかる!

まず肉の 表面を拭いて 雑菌繁殖の元を断ちます!

空気をできるだけ抜くこと!

空気をできるだけ抜くこと!

空気を抜きながら、ラップを肉にピッタリとくっつけるのがポイントです。

新たにラップを巻く必要はない

新たにラップを巻く必要はない

ラベルを上にして冷蔵庫に入れておけば、 賞味期限がわかりやすいのが利点です。

冷蔵する場合は、トレーに付いた元々のラップで包めばラクに作業ができます。あらかじめ肉の表面を拭いて、ドリップを取り除いておきましょう!

沼津りえ 氏
管理栄養士
沼津りえ 氏 のコメント

凹凸がある肉は切って厚さをそろえ、密閉度を上げましょう

パックのまま冷蔵庫に入れると鮮度が急低下↓ 

パックのまま冷蔵庫に入れると鮮度が急低下↓ 

肉や魚の内部からは、液体のドリップが出てきてトレー内に溜まります。旨味成分が含まれていて臭みの原因になるので捨てましょう!

キッチン冷凍は塩&酒のひと手間が大事!肉や魚の日もちがして臭みも緩和

冷凍は塩&酒のひと手間が大事!肉や魚の日もちがして臭みも緩和

冷凍方法も基本は冷蔵と同じですが、塩や酒をかければ臭みや水っぽさを抑えられます。熱伝導率が高いアルミ製のバットの上にのせて、冷凍庫内で急速冷凍しましょう。

酒はしっとりするくらいの量を

酒はしっとりするくらいの量を

重量の0.8%程度の塩、100gにつき小さじ1程度の酒をふります。

空気を抜きながらラップをかける

空気を抜きながらラップをかける

さらに保存袋の中に入れ空気を抜く

さらに保存袋の中に入れ空気を抜く

新たなラップを用意して、空気を抜きながら包む。さらに空気を抜きながら保存袋に入れることで、乾燥や酸化を抑えることができます。

冷凍焼けしたら 煮込みに使って!

冷凍焼けしたら 煮込みに使って!

肉や魚に上記の対策をしても、冷凍保存期間が長くなるとどうしても風味が落ちます。その場合は濃い味付けの煮込みなどに使いましょう。

酒寄美奈子 氏
料理研究家
酒寄美奈子 氏 のコメント

塩は魚にふると臭みを浮き出させる効果があります

キッチンおすすめ:鮮度、開閉しやすさがピカイチの「ジップロック」

おすすめ:鮮度、開閉しやすさがピカイチの「ジップロック」
王冠アイコン

ジップロック
フリーザーバッグ L
実勢価格:298円

SPEC:26.8×27.3cm/耐冷-70℃/耐熱100℃/厚さ0.06mm

ジップロック「フリーザーバッグ L」は、フリーザーバッグ9製品比較でベストバイにえらばれました。スーッとはまりやすく、開けやすいよう工夫されたジップはさすが! 密閉力が高く鮮度キープも優秀。使い勝手と鮮度の良さを考えるなら、やや高めでもアリです!

おすすめ:鮮度、開閉しやすさがピカイチの「ジップロック」

ジップがはまりやすく、なぞるだけでスーッとキャッチしてストレスなし!

以上、世界一カンタンな食品保存ワザとおすすめアイテムの紹介でした。

それぞれの食材に合った保存術を知れば、鮮度をキープしたままムダなく最後まで使いきることができます。どれも簡単にできるので、ぜひマネしてみてくださいね。

キッチン保存用バッグの売れ筋ランキングもチェック!

フリーザーバッグやポリ袋など保存用バッグのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。