アウトドア「新生活様式」にピッタリな3年ぶんのベストバイを大発表!

このコロナ禍で「新生活様式」になったことで感染対策グッズやテレワーク用品など、今までは注目度がそれほど高くなかった製品にも注目が集まっています。そんななか、テストするモノ批評誌『MONOQLO』では常に読者の皆さんの生活が良くなるような製品を探して紹介し続けてきました。

そこで、今の暮らしをもっと楽しむために、この約3年間で見つけた「新生活様式」にピッタリなベストバイを大発表します。

アウトドア激流行り中のキャンプを最高に楽しめるアイテムは?

いわゆる「三密」を避けたレジャーとしてここ数年、市場も人口も急拡大中のキャンプ。そこで雑誌『MONOQLO』が、長年のテストで見つけた殿堂入りのキャンプ用品を紹介します。

今回は、タープ付きテントソロ向けテントのベストバイです。

アウトドア開放感最高で過ごしやすいコールマン「
タフスクリーン
 2ルームハウス」

王冠アイコン

コールマン
タフスクリーン 2ルームハウス
実勢価格:5万7980円

サイズ:約W320×D230×H170cm
重量:約18.3kg

※画像はAmazonより

まずは、タープ付きテントのベストバイ、コールマン「タフスクリーン 2ルームハウス」です。『MONOQLO』2020年1月号でテストした結果、ベストバイを獲得しました。

いくらいい製品でも、キャンプ初心者がテントとタープを別に建てるのは大変ですよね。そんな悩みを解決できるのがタープ一体型のこの製品。居住性はバツグンです。タープ部分の設営が不要なので、初心者はもちろん子ども連れのキャンプにもピッタリ!

アウトドア殿堂入りの理由:設営がとにかく簡単

ポールが色分けされているので、迷わずに設営可能。大型だけど設営しやすいです。

開放感最高で過ごしやすいです。タープ一体で家族で使うのにおすすめです。

アウトドア軽いのに丈夫で超快適! エムエスアール「
エリクサー2」

王冠アイコン

エムエスアール
エリクサー2
実勢価格:4万3000円

サイズ:約W279×D213×H102cm
重量:約2.7kg
収納サイズ:約51×17cm

※画像はAmazonより

次はソロ向けテントのベストバイ、エムエスアール「エリクサー2」です。同じく『MONOQLO』2020年1月号でテストした結果、ベストバイになった製品。ソロキャンにピッタリの性能で高評価を受けました。

特筆すべきはリュックに入れて運べるほどの収納性と軽さ。もちろん頑丈さも快適さも申し分なく、ゆったりくつろげます。はじめてのソロキャンにもおすすめ。

アウトドア殿堂入りの理由:コンパクトさが特に優秀!

重さは2.7kg! 荷物を最小限にするのがキモのソロキャンに最適です。

以上、タープ付きテント&ソロ向けテントのベストバイの紹介でした。

雑誌『MONOQLO』がガチテストして見つけたキャンプアイテムは、絶対に外さないおすすめのものばかり。気になったら、ぜひチェックしてみてくださいね。

アウトドアテントの売れ筋ランキングもチェック!

テントのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。