<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は2020年6月発行『はじめてのキャンプ for Beginners』のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

アウトドア失敗しない日帰りキャンプ! どんなスタイルで楽しむ?

キャンプの醍醐味は、非日常的な時間を過ごすこと。アウトドアの開放的な空気は、日帰りで楽しむデイキャンプでも十分に楽しむことができます。「宿泊キャンプに比べて持ち物は最小限でいい?」と思いがちですが、用意するアイテム次第でかなり快適度が変わってきます。

基本的な「日帰りキャンプ」アイテムは以下の5つ。

▼デイキャンプの基本アイテム
1:タープ
2:テーブル
3:チェア
4:BBQグリル
5:クーラーボックス


キャンプ場でのサイト設営のスタイルは、大人数でワイワイ楽しみたいアクティブな「ハイスタイル」か、自然の恵みを満喫するまったり派の「ロースタイル」の2つ。道具選びは楽しみたいキャンプのスタイルによって検討することがポイントです。

今回は、時間が限られる日帰りキャンプのマストアイテム! サンシェードのなかでも特におすすめしたい3アイテムをご紹介します。

サンシェードはその名の通り日除けのためのアイテムなので、宿泊用のテントのように複雑な構造はしていません。その分簡単に、そして短時間で設置することができ、ビギナーにはオススメです。

サンシェードを選ぶときには組み立て方式やサイズ、収納状態などをチェックしましょう。また、暑い季節に使用するなら通気性やUVカット率も重要なポイントです。

アウトドア高いUVカット率と遮光率! 耐久性も備えたロゴス

ロゴス
ソーラーブロック
フルパラシェード
実勢価格:1万1990円(税込)


サイズ:180×125cm(高さ110cm)
収納時は57×11×11cm

ロゴスの「ソーラーブロック フルパラシェード」は、UVカット率99.9%以上、遮光率100%を誇るソーラーブロックコーティング生地を使ったサンシェード。テントなどにも採用されている魚座型フレームの起用による、高い耐風性能が大きな魅力です。

サイズは180×125cmで、高さが110cm。収納時は57×11×11cmとコンパクトにまとまるため、持ち運びのしやすさも◎。

ポイント:完璧なプライベートスペースを確保

プライベート空間を確保できるフルクローズタイプ。遮光性が高く、明るい昼間でも昼寝がしやすい作りです。

ポイント:出入りしやすく使いやすい

開口部が大きく出入りしやすい点も見逃せないポイント。入口の扉は巻き上げて固定して置けます。

ポイント:メッシュ窓で風通し良好

メッシュ窓も用意されているため、フルクローズ状態でも空気がこもらず内部は快適!

ポイント:強風に負けない魚座型フレーム

耐風性に優れた魚座型フレーム。しっかりペグ打ちしておけば、強風時でも安心して使用できます。

アウトドア取り出したらポンと開くコールマンのポップアップ式

コールマン
クイックアップ
IGシェード
実勢価格:7800円(税込)

コールマンの「クイックアップ IGシェード」はワンタッチ式よりさらに簡単で、コンパクトなサンシェード。袋から取り出すと自動的に開くため、だれでも設置できます。バネ状のフレームなので風に弱く、固定しないと飛ばされやすいのが少々難点。

ポイント:折りたたみで省スペース

左右のフレームを合わせ、上部のフレームを下部に向かって巻き込みます。

ポイント:収納袋に入れて持ち運びも◎

付属の収納袋に収まるサイズまでたたんだら、袋に詰めて収納完了!

アウトドア短時間で設営できるキャプテンスタッグのワンタッチ式

キャプテンスタッグ
フリット パラソルシェード
180cm
実勢価格:4048円(税込)

簡単さと丈夫さを両立した、キャプテンスタッグの「フリット パラソルシェード」。基本的に傘を広げるように組み上げるため、一瞬で設営が完了するのが何よりの魅力です。それでいて、組み立て式並みの丈夫さを誇るため、使いやすさは抜群!

収納すれば細い棒状になるため、持ち運びにも便利です。

ポイント:組み立ても使いやすも両方取り

組み立て式とポップアップ式の良いとこ取りをしたようなモデル。かなりの広さの日陰を作ってくれます。

アウトドアサンシェードは扉付きのクローズタイプが使いやすい

サンシェードは入り口部分に扉がないオープンタイプよりも、トビラ付きのクローズタイプの方が着替え用にも使えて便利です。購入時は扉の有無のチェックを忘れずに!

これからの季節、特に重宝するサンシェード。見た目、デザインに気を取られがちですが、機能面や自分のキャンプスタイルに合ったものを選びたいですね!

風間拓 氏
アウトドア系編集者
風間拓 氏 のコメント

気軽なピクニックなどで使いたいサンシェードは、当然、軽量コンパクトなものが使いやすいです。

キャンプビギナーさんは、レンタルを活用したり、日用品で代用できないか検討することも大切。まずはレンタルをフル活用、その後「日帰りキャンプ道具」→「宿泊キャンプ道具」→「目的に合わせてグレードアップ」のステップで揃えていきましょう!

使い勝手のいい道具で楽しいキャンプ時間を過ごしてくださいね。