キッチン食材をおいしく&長く保存する簡単な方法は?

食材をおいしく&長く保存する簡単な方法は?

食材が鮮度を失う原因は水分や乾燥、空気に触れる、低温など食材によってさまざま。なんとなく保存をして、気づけば腐らせているという人も多いのではないでしょうか。食品は3つの保存方法を理解すると美味しさと長持ちが叶うんです。

「おいしさ」と「長持ち」が叶う保存のキホン

保存方法1:常温

直射日光が当たらない風通しのよい場所で保存すること。部屋によっては日光や温度の影響で野菜の成長が進み旨味を損なう可能性があるので注意しましょう。

保存方法2:冷蔵

一定の温度を保てる冷蔵室ですが、季節によって庫内温度は変化すると言われています。野菜室は冷蔵室に比べて湿度が高いため、水気に弱い野菜は避けてください。

保存方法3:冷凍

長期保存は冷凍一択ですが、本来の食材の旨味が壊れてしまうことも。しかし、時短調理には最適で、解凍や調理方法を工夫することで食感も保てます。

ということで、テストする女性誌『LDK』が料理家の皆さんと一緒にズボラさんでも取り組める世界一カンタンな食品保存ワザを大研究。食材がいつもよりおいしくて長持ちするテクニックやおすすめアイテムを紹介します。

キッチン野菜の短期保存は常温・冷蔵!長期保存は冷凍して時短調理に

野菜は短期保存が基本。常温・冷蔵で湿気や乾燥から守って食感や旨味を保ちます。長期保存する場合は冷凍で野菜の細胞を壊して短時間調理に生かしましょう。

短期保存方法1:常温

短期保存方法1:常温

常温保存に適しているのは土の中で育つ野菜。直射日光を避けて風通しのよい場所で保管しましょう。葉物は水分が蒸発しやすいので常温保存には向いていません。

短期保存方法2:冷蔵

短期保存方法2:冷蔵

冷蔵保存では、「湿気」や「乾燥」によって野菜の腐敗が加速してしまいます。湿気に弱いにんじん、いも類はキッチンペーパーで水気を取ってから保存するのがコツ。一方、乾燥に弱いネギやほうれん草は濡れキッチンペーパーで包んであげましょう。それぞれの野菜が何が苦手なのかを知っておくだけでも、保存の基準になります。

長期保存方法:冷凍

長期保存方法:冷凍

冷凍すると野菜の中の水分が凍り、脱水状態になることで味がよくしみこみます。元の食感とは変わってしまいますが、火の通りが早くなるので時間短縮につながります。

酒寄美奈子 氏
料理研究家
酒寄美奈子 氏 のコメント

時短を目的にすれば冷凍野菜も役立ちます。

今回は、じゃがいも冷凍&おすすめレシピ・アイテムを紹介します。

キッチンじゃがいもは丸ごと冷凍でねっとり食感に

じゃがいもは丸ごと冷凍でねっとり食感に

冷凍NGが常識だったじゃがいもですが、生のままからであれば冷凍してからレンチンすることで、ねっとりした食感と甘さが出ます。解凍時は水につけることで、手で皮がむけるようになります。小さめのじゃがいもだと、ねっとり食感に成功しやすいです。

▼丸ごと冷凍のメリット

  • レンチンで甘味が出る
  • 加熱後に皮が手でむける
  • ねっとりとした新食感が楽しめる
じゃがいもは丸ごと冷凍でねっとり食感に

▼じゃがいも冷凍の注意点

  • カレーなど調理後に冷凍

冷凍と解凍の仕方は次のとおりです。

キッチン冷凍時は乾燥を避けると保存期間を延ばせる!

▼冷凍方法

①じゃがいもを水洗いして表面の泥をしっかり落としたら、水気を拭く

▼冷凍方法

②1個ずつキッチンペーパーで包み、フリーザバッグに入れる。

▼冷凍方法

③空気を抜いて、冷凍室へ

▼冷凍方法

▼解凍方法

①冷凍室から出したら1~2分水につけて表面を解凍する

▼解凍方法

②ラップに包んでレンチン(目安:1個600W4分)

▼解凍方法

レンジの時間を複数回試したところ、1個600W4分が最もおいしくできました。しかし、大きさによって異なるため加熱しすぎないように注意。

酒寄美奈子 氏
料理研究家
酒寄美奈子 氏 のコメント

ラップをしたら綴じ目を下にしてレンチンしてください

続いて、おすすめレシピを2品紹介します。

キッチンレシピ1:「ポテトサラダ」

レシピ1:「ポテトサラダ」

じゃがいもの食感がしっかりあります。

<材料>※1人前

  • 冷凍じゃがいも(電子レンジで解凍したもの)……1個
  • 玉ねぎ……1/6個
  • にんじん……2cm分
  • きゅうり……3cm分
  • ハム……1枚
  • マヨネーズ……大さじ1.5
  • 塩こしょう……各少々

<作り方>

1:玉ねぎは薄切り、にんじんはいちょう切りにします。耐熱皿に入れてラップをしてレンジで1分加熱します。
2:きゅうりは薄切りにして塩少々でもみキッチンペーパーで水分を拭き取ります。ハムは短冊切りにします。
3:じゃがいもは熱いうちに皮をむき、ボウルに入れてフォークなどで粗めにつぶします。1と2、マヨネーズを加え混ぜ、塩こしょうで味を調えます。

キッチンレシピ2:「肉じゃが」

レシピ2:「肉じゃが」

じゃがいもは煮ても形が崩れにくい!

<材料>※1人前

  • 冷凍じゃがいも(電子レンジで解凍したもの)……1個
  • 牛肉……60g
  • 玉ねぎ……1/4個
  • にんじん……1/4本
  • いんげん……2本
  • だし汁……120ml
  • しょうゆ、みりん、砂糖、酒……各大さじ1

<作り方>

1:牛肉は一口大に切り、じゃがいもは皮をむき8等分にします。玉ねぎは1cm幅のくし切り、にんじんは小さめの乱切り、いんげんは3cm幅に切ります。
2:鍋に油を小さじ1入れて熱し、牛肉、玉ねぎ、にんじんを加え炒めます。
3:だし汁と調味料、じゃがいも、いんげんを加え、にんじんがやわらかくなるまで7〜8分煮ます。

キッチンおすすめ:鮮度、開閉しやすさがピカイチの「ジップロック」

おすすめ:鮮度、開閉しやすさがピカイチの「ジップロック」
王冠アイコン

ジップロック
フリーザーバッグ L
実勢価格:298円

SPEC:26.8×27.3cm/耐冷-70℃/耐熱100℃/厚さ0.06mm

ジップロック「フリーザーバッグ L」は、フリーザーバッグ9製品比較でベストバイにえらばれました。スーッとはまりやすく、開けやすいよう工夫されたジップはさすが! 密閉力が高く鮮度キープも優秀。使い勝手と鮮度の良さを考えるなら、やや高めでもアリです!

おすすめ:鮮度、開閉しやすさがピカイチの「ジップロック」

ジップがはまりやすく、なぞるだけでスーッとキャッチしてストレスなし!

以上、世界一カンタンな食品保存ワザとおすすめレシピ・アイテムの紹介でした。

それぞれの食材に合った保存術を知れば、鮮度をキープしたままムダなく最後まで使いきることができます。どれも簡単にできるので、ぜひマネしてみてくださいね。

キッチン保存用バッグの売れ筋ランキングもチェック!

フリーザーバッグやポリ袋など保存用バッグのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。