キッチン“ごはん作りがラクになる”調味料食べ尽くしアイデア

最近では、いろいろな調味料があって料理の幅が広っていいですよね。ただ、滅多に使わないものほど冷蔵庫で眠ってしまうことも。そんなとき、調味料の新しい使い方を知っていれば、余らすことなくおいしく使い切れます。

今回は、海苔の佃煮や豆板醤、柚子胡椒、スイートチリソース、焼肉のタレなど、気づいたら消費期限間近になってしまった調味料の使い切りアイデアを紹介します!

キッチン【あまりがち調味料】塩気のある調味料は万能マヨでディップパーティー

出番が少ないレアな調味料は冷蔵庫に溜まってしまいがち。賞味期限が近づいたら、マヨネーズに混ぜて使い切りましょう!

普段は使いにくい調味料もマヨに混ぜれば、野菜はもちろんお肉や揚げ物につけたりと大活躍。和風からエスニック風まで幅広い味付けが楽しめちゃいます。

ポイント:マヨに混ぜれば一瞬でみんな大好きな味に変身!

ほとんどの日本人が好きなマヨネーズに混ぜれば、普段は使いにくい調味料も食べやすくなります。

マヨに合うオススメ調味料8選

塩分が強い調味料は冷凍保存で1年! 固まらないから即使える!

それでも使い切れないと思ったら、柚子胡椒、豆板醤、コチュジャンなど、塩分の多い調味料は約1年は風味が変わらず冷凍可能。凍らないから、解凍する必要もナシ。

瓶のまま冷凍庫に入れられる!

凍らないからそのまま使える!

キッチン【しょうがチューブ】ジンジャーととらえればメニューの幅が無限大に!

しょうがが洋食に大活躍! 和のイメージが強いしょうがだけれど、ジンジャーは世界中で使われる味。トーストに塗れば、ジンジャーフレーバーに。加熱すると辛さが飛んでしまうので、食べる直前に塗ってください。

ハニートーストもジンジャーで風味をアップ!

ポイント1:洋風アレンジでオシャレカフェの味を実現

ジンジャーエール、ジンジャークッキーなど海外でも人気。紅茶に入れればジンジャーティーに。

ピリリとした辛さでさわやかな風味に。

キッチン【焼き肉のたれ】中華おかずの調味料にして風味増し増し!

焼き肉のたれは、しょうゆベースでコクが豊か! 野菜や薬味のうま味も凝縮しています。しょうゆ、砂糖、甜麺醤、ごま油などが省けるので中華にぴったりです。さらに辛口たれの場合は豆板醤も省けます。

うま味たっぷりの焼き肉のたれで簡単なのにコクが倍増!

▼「麻婆豆腐風中華おかず」材料(2人分)

  • 木綿豆腐…1丁(300g)
  • 豚ひき肉…150g
  • 万能ねぎ…適量
  • A
    焼肉のたれ(中辛)…大さじ3
    水…大さじ1
    片栗粉…小さじ1
    ごま油…小さじ1
    豆板醤小さじ…1/2
    おろししょうが…4cm
    おろしにんにく…4cm

▼作り方

1:豆腐はさいの目に切り、ペーパーにのせて5分ほど水切りしておきます。ボウルに豚ひき肉とAを入れてよく混ぜ、豆腐をのせます。

焼き肉のたれをメインで味付けします。

2:ふんわりとラップをかけ、電子レンジ(600w)で5分加熱。よく混ぜて器に盛り、小口切りにした万能ねぎをちらしたら完成。

フライパンを使わずラクチン調理。

ポイント:にんにくやごまのうま味が効いてコクがアップ

しょうゆ、砂糖をベースに、野菜や果物のうま味エキスがたっぷり入っているから、他の調味料を省略できます。

以上、あまり調味料食べ尽くしアイデアでした。ぜひ試してみてください!

キッチンキッチン用品の売れ筋ランキングもチェック!

キッチン用品のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。