キッチンひと皿で大満足!プロ直伝のスープレシピを紹介

いつもの献立の中で脇役的な存在になりがちなスープ。実はとっても奥が深いんです。

例えば、ヘルシーな食材を使用したスープは、ムリせずラクにやせるダイエットに効果的。また、具材の組み合わせを変えたり、主食級のボリュームにすれば満足度はアップします。さらに、基本的な作り方は切って煮るだけなので、とってもカンタン!

そんな魅力いっぱいのスープを主役にした、心も体も温まるスープ生活を始めてみませんか?

ということで、今回はひと皿で野菜とたんぱく質がしっかりとれて美容に役立つ「べじプロみそ汁」を紹介します。

食べてキレイになるベじプロみそ汁を作ろう

キレイを手に入れるには、ビタミン、ミネラル、たんぱく質などたくさんの栄養が必要。ひと皿で複数の食材を一度にとれるスープは、美容のための栄養補給にぴったりです。

そこで、料理研究家の北山みどりさんと桃世真弓さんに野菜(ベジタブル)とたんぱく質(プロテイン)がどっさりとれる「ベじプロみそ汁」レシピを教えてもらいました。

キッチンレシピ1:「さつまいもと豚肉のみそ汁」

ビタミンB群が多い豚肉が美容や疲労回復に役立ちます。さつまいもは薄く切ることで時短に!(レシピ考案:北山みどりさん)

<材料>※2人分
・一番だし……300㎖
・さつまいも(厚さ5mmの半月切りにして水にさらす)……5cm分
・豚薄切り肉(幅4~5cmに切る)……50g
・ベビーコーン(斜め半分に切る)……4本
・細ねぎ(長さ5cmに切る)……5本
・麦みそ……30g
・しょうがの皮(細切り)……1片分

<一番だしの取り方>
鍋に水(1ℓ)と昆布(20g)を入れて30分おき、中火にかけます。沸騰直前で昆布を取り出し、かつおぶし(20g)を加えて火を止め、2~3分おいてこします。

<作り方>
1:鍋にだしを入れて火にかけ、さつまいも、豚肉、ベビーコーン、細ねぎを入れて煮ます。豚肉のアクが出たら取ります。
2:麦みそを溶き入れます。
3:器に盛り、しょうがの皮を飾ります。

ポイント:ビタミンB群が豊富!

豚肉は良質なたんぱく質源となり、肌の新陳代謝に役立つビタミンB群も豊富です。みそとの相性もよく、満足感のある1杯となります。

キッチンレシピ2:「ねぎと手羽のみそ汁」

コラーゲンが多い手羽と風邪予防の定番ねぎを合わせて。大根のすりおろしがたっぷり入ったみぞれみそ汁です。焼き目を付けたねぎが香ばしい!(レシピ考案:桃世真弓さん)

<材料>※2人分
・長ねぎ(長さ3cmに切る)……1/2本
・一番だし……300㎖
・鶏手羽中……4本
・米みそ……30g
・大根(すりおろす)……1/4本
・ゆずの皮……適量

<作り方>
1:鍋にサラダ油(分量外)とねぎを入れ、焼き目が付くまで焼きます。
2:だしと鶏手羽中を入れて煮ます。手羽中に火が通ったら、火を止めてみそを溶きます。その後、火をつけて再加熱し、大根を全量入れて大根が温まったら火を止めます。
3:器に盛り、ゆずの皮をのせます。

ポイント:免疫力を高めてくれる!

抗菌・殺菌成分が含まれるねぎは、免疫力を高めたいときにオススメの食材。体を温める作用もあり、寒い季節にぴったりです。

キッチン「鶏肉とかぼちゃのみそ汁」

鶏肉とかぼちゃをたっぷり使った食べ応えのある1杯! かぼちゃにはアンチエイジング効果のあるビタミンがたっぷりです。アーモンドを加えることで抗酸化効果がアップします!

<材料>※2人分
・一番だし……300㎖
・鶏もも肉(ひと口大に切る)……1/2枚
・かぼちゃ(乱切り)……100g
・米みそ……30g
・ニラ(小口切り)……1/2株
・アーモンド(刻む)……適量
・レモン(薄切り)……適量

<作り方>
1:鍋にだしを入れて火にかけ、少し煮立ったら鶏肉とかぼちゃを入れます。
2:米みそを溶き入れます。
3:にらを入れてひと煮立ちさせ、器に盛ります。アーモンドを散らし、レモンを飾ります。レモンをゆずにしてもおいしいです。

ポイント:強い抗酸化作用で免疫力アップ!

かぼちゃには強い抗酸化作用のあるβカロテンやビタミンCが多く含まれています。βカロテンには皮膚や粘膜を健康に保ち、免疫力向上を助ける作用もあります。

以上、体の内側からキレイを叶える「ベじプロみそ汁」レシピの紹介でした。

食材はスーパーで手に入るものばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。

キッチン『スープの便利帖』

晋遊舎
スープの便利帖
実勢価格:860円

『スープの便利帖』では、スープ生活の感動レシピをたくさん紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。