食品雑貨毎日おつかれの自分に作る週末レスキューレシピ!

家事も仕事も毎日がんばっているけれど、週末になるとなんだかどっと疲れてしまうことありませんか?

そんなときにおすすめしたいのが、レスキューレシピ。身体が整い、気持ちもアガる、週末に作りたくなるごはんを、管理栄養士&フードコーディネーターの北嶋佳奈さんに教えてもらいました。

レスキューレシピでは、疲れた体に効果的な食材に注目。気になるお悩みやプチ不調を、しっかりおいしく食べることで改善していきましょう。

食品雑貨今回のお悩み:冷え性

冬から春へと季節が移り変わっても、年中手足などの末端、おなかや腰など、冷えが気になるという方も多いと思います。冷えの要因はさまざまですが、筋肉不足だったり、血行不良が原因となることも。

その対策としてしっかり摂取したいのが「たんぱく質」です。

タンパク質が手軽にとれるツナ缶レシピがおすすめ!

筋肉を作り、熱を生み出すのに必須のたんぱく質を手軽に摂るなら、ツナ缶が便利です。

ストックしやすく、そのまますぐ使えて料理もカンタン。アレンジもしやすい食材です。ツナを使った温かい料理で、体の中から冷え性を改善していきましょう。

今回は、ツナ缶を使った3つのレシピを紹介していきます。

北嶋佳奈 氏
管理栄養士・フードコーディネーター
北嶋佳奈 氏 のコメント

熱々の料理を食べることも大事です!

食品雑貨レスキューレシピ1:ツナとチーズのホットサンド

タンパク質たっぷりのツナを、朝食からしっかりとれるメニューです。

調理時間:15分
カロリー:372kcal
(1人分)

<材料>※2人分
ノンオイルツナ缶 …… 1缶
食パン(8枚切り)…… 4枚
チェダーチーズ(スライス)…… 2枚
冷凍ほうれんそう …… 50g
マヨネーズ …… 小さじ2
ブラックペッパー …… 適量
バター …… 10g
ミニトマト …… 4個

<作り方>
1: パンは片面にマヨネーズを塗り、チーズ、ツナ、ほうれんそう、ブラックペッパーを挟む。同じものを2つ作る。

2: フライパンにバターの半量を熱し弱火にして1をのせる。アルミホイルをかぶせ上にやかんや皿など重しになるものをのせて、両面を2〜3分ずつ弱火で焼く。同じものをもうひとつ作る。

3: 2を食べやすい大きさに切って皿に盛り、ミニトマトを添える。

食品雑貨レスキューレシピ2:ツナときのこの和風パスタ

具はレンチンで仕上げる超カンタン和風パスタで、速攻冷え解消です。

調理時間:15分
カロリー:442kcal
(1人分)

<材料>※2人分
スパゲッティ…… 2人分
しめじ…… 1/2袋
まいたけ…… 1/2袋
バター…… 10g
青ねぎ(小口切り)…… 適量
きざみのり …… 適量
A
ノンオイルツナ缶 …… 1缶
めんつゆ(3倍濃縮)…… 大さじ2
おろしにんにく …… 小さじ1/2

<作り方>
1: 鍋にたっぷりの湯をわかし、塩適量(分量外)をといてスパゲッティを規定どおり茹でる。
2: しめじ、まいたけは石づきを落としてほぐし、耐熱ボウルに入れてAを加えてざっくり混ぜ、ふんわりラップをしてレンジ(600W)で4分加熱する。
3: 2にバターと1のスパゲッティを加え、全体を混ぜる。器に盛り、青ねぎときざみのりをのせる。

食品雑貨レスキューレシピ3:ツナとキャベツとコーンの豆乳スープ

心もカラダもしっかり温まる、ほっこり味のスープです。

調理時間:15分
カロリー:107kcal
(1人分)

<材料>※2人分
ノンオイルツナ缶 …… 1缶
キャベツ …… 2〜3枚
コーン缶 …… 大さじ4
豆乳 …… 200m l
塩、こしょう …… 少々
ピンクペッパー(なくてもOK)
A
水 …… 200m l
顆粒コンソメ …… 小さじ1

<作り方>
1: キャベツはざく切りにする。鍋にキャベツ、ツナ缶、Aを入れて火にかけ、キャベツがやわらかくなるまで弱火で5~10分ほど煮る。
2: コーンと豆乳を加えて温め、塩、こしょうで味をととのえる。
3: 器に注ぎ、ピンクペッパーを散らす。

以上、ツナ缶を使ったレシピ3種でした。タンパク質を補給して内側から温まりましょう!