キッチンひと皿で大満足!プロ直伝のスープレシピを紹介

いつもの献立の中で脇役的な存在になりがちなスープ。実はとっても奥が深いんです。

例えば、ヘルシーな食材を使用したスープは、ムリせずラクにやせるダイエットに効果的。また、具材の組み合わせを変えたり、主食級のボリュームにすれば満足度はアップします。さらに、基本的な作り方は切って煮るだけなので、とってもカンタン!

そんな魅力いっぱいのスープを主役にした、心も体も温まるスープ生活を始めてみませんか?

食べてキレイになるお野菜たっぷりのみそ汁を作ろう

キレイを手に入れるには、ビタミン、ミネラル、たんぱく質などたくさんの栄養が必要。ひと皿で複数の食材を一度にとれるスープは、美容のための栄養補給にぴったりです。

そこで、料理研究家の桃世真弓さんに栄養価の高い野菜がどっさりとれるおすすめのおみそ汁レシピを教えてもらいました。

キッチンレシピ1:「トマトとアボカドのみそ汁」

「トマトとアボカドのみそ汁」は、意外な組み合わせのようでいてみそとの相性が抜群。トマトの強いうま味で濃厚な味に! トマトとアボカドは美容にいい栄養の宝庫です!(レシピ考案:桃世真弓さん)

<材料>※2人分
・一番だし……300㎖
・白菜(葉はひと口大、軸は幅1cmに切る)……1~2枚
・トマト(ひと口大に切る)……1個
・米みそ……30g
・アボカド(1.5cmの角切り)……1/2個
・バジル……2枚

<一番だしの取り方>
鍋に水(1ℓ)と昆布(20g)を入れて30分おき、中火にかけます。沸騰直前で昆布を取り出し、かつおぶし(20g)を加えて火を止め、2~3分おいてこします。

<作り方>
1:鍋にだしと白菜の軸を入れて火にかけ、沸騰したらトマトと白菜の葉を加えます。
2:火を止めてみそを溶き、アボカドを入れます。再び火にかけ、沸騰しない程度に加熱します。
3:器に盛り、バジルの葉をのせます。

ポイント:葉酸たっぷりのスーパーフード!

アボカドは、抗酸化作用のあるビタミンEや新陳代謝を助ける葉酸がたっぷりのスーパーフードです。

キッチンレシピ2:「じゃがいもとほうれん草のみそ汁」

じゃがいもとほうれん草のみそ汁のじゃがいもとほうれん草は、ともにカリウムが豊富でむくみ解消に有効! 白みそとバターのマイルドな風味を黒こしょうが引き締めます。定番の具材にコーンとバターをプラスしてください。(レシピ考案:桃世真弓さん)

<材料>※3~4人分
・一番だし……300㎖
・じゃがいも(厚さ7mmのいちょう切り)……中1個
・ほうれん草(ざく切り)……3株(70g )
・コーン……大さじ1
・白みそ……45g
・無塩バター……10g
・粗びき黒こしょう……少々

<作り方>
1:鍋にだしとじゃがいもを入れて火にかけます。じゃがいもに火が通ったらほうれん草とコーンを入れます。
2:火を止めてみそを溶きます。再び火にかけ、沸騰させない程度に加熱します。
3:器に盛り、バターをのせて、粗びき黒こしょうをふります。バターを溶かしながらいただきます。

ポイント:むくみ解消や高血圧予防に有効!

じゃがいもに多いカリウムには、体内の余分な水分を排出する作用があり、むくみ解消や高血圧予防に。

キッチンレシピ3:「さつまいもとブロッコリーのみそ汁」

さつまいもとブロッコリーのみそ汁は、食物繊維の多いさつまいもとしっかり食感のブロッコリーが食べ応え満点の野菜どっさり! トッピングのレモンが爽やかです。(レシピ考案:桃世真弓さん)

<材料>※2人分
・一番だし……300㎖
・さつまいも(厚さ5mmの輪切り)……100g
・ブロッコリー(小房に分け、軸は皮をむいて幅1cmに切る)……小1/4個(60g)
・ミニトマト……4個
・麦みそ……30g
・レモン(好みの大きさに切る)……適量

<作り方>
1:鍋にだしとさつまいも、ブロッコリーの軸を入れて火にかけます。さつまいもに火が通ったらブロッコリーの房とミニトマトを加えます。
2:火を止めてみそを溶き入れます。再び火にかけ、沸騰しない程度に加熱します。
3:器に盛り、レモンを飾ります。

ポイント:食物繊維、カルシウムが豊富!

さつまいもは食物繊維が多いのはもちろん、皮にはカルシウムも豊富。皮ごと食べるのがお得です!

以上、体の内側からキレイを叶える「ベじプロみそ汁」レシピの紹介でした。

食材はスーパーで手に入るものばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。

キッチン『スープの便利帖』

晋遊舎
スープの便利帖
実勢価格:860円

『スープの便利帖』では、スープ生活の感動レシピをたくさん紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。