家電ルンバの最新機でズボラすぎる家庭も変えられる?

2022年2月にルンバの最新機が発売されました。障害物を識別して回避する能力が大幅にアップしたのが特徴なのだそう。

そこで、本音の家電ガイド『家電批評』がその実力を徹底検証。編集部員がルンバの最新機を1カ月使ってみた実録レポをお届けします。

家電アイロボット「ルンバ j7+」

アイロボット
ルンバ j7+
実勢価格:12万9800円

サイズ・重量:W339×H87mm・約3.4㎏(本体)、W310×D400×H340mm(クリーンベース)
稼働時間:最大75分(1回の充電につき)
サイドブラシ:1本

アイロボット「ルンバ j7/j7+」はルンバ史上初の前面カメラを搭載した最新のロボット掃除機。障害物識別能力が大幅に向上し、従来機で大惨事になりがちだったペットのうんちや電源コードを確実に回避するのが特徴です。

家電ルンバと1カ月生活すると部屋はキレイになる?

本検証を行うことになったきっかけは、2021年末に新型ルンバの発表会に行ってきた雑誌『家電批評』の編集長でした。

新型ルンバの特徴はペットのうんちや電源コードも完璧に回避すること。今回、ルンバの検証に参加した編集部員は、以前にロボット掃除機の検証を担当していたうえに猫を飼っていたため、編集長から「1カ月間ルンバと生活してみないか」と言われたのです。

家電荒れ放題でロボット掃除機が活躍できる場所がない?

しかし、編集部員は簡単に承服しかねる状況でした。というのも、「多忙」「ズボラ」「掃除が苦手」と三拍子そろい、家族4人と猫1匹が暮らす自宅はこんな状態だったんです。

リビング:置きっぱなしのモノであふれコタツ・ソファ・イスが占拠

冬に行った検証なのでリビング中央はコタツが占拠。座布団やクッション、ぬいぐるみも床に転がって、ルンバの入る余地なしです。

玄関・廊下:郵便物があちこちにありインテリアもホコリまみれ

帰省時に使ったキャリーケースは放置、その下には郵便物の束。また、廊下隅の飾られた雑貨にはうっすらとホコリの層が見えています。

ランドリー・キッチン:洗濯物は床に置かれゴミ袋も複数散乱

ランドリーは洗う前の衣類が適当に脱ぎ捨てられたまま。キッチンは大きいゴミ袋が数個置かれ、通路を狭めています。

仕事部屋・寝室:たたんでない衣類の山で物置に

部屋干しの衣類を床に仮置きしてたたまずにいたら、そのあと続々と上に積まれていき、いつの間にか山のような状態になっていました。

家電ズボラな家庭でも意識改革からできるのか?

ロボット掃除機の能力を発揮させるには運用する部屋側の整備、そして日々の生活における意識改革も必要です。でもこれは、掃除が苦手な人や普段の生活に追われている人にとって、何よりも〝面倒〟なこと。

便利さはわかっていても「床にものがあって散らかってる」「ロボット掃除機にあわせる生活はしたくない」という理由から、編集部員の家では導入していませんでした。

実は以前、自宅検証のときに借りたロボット掃除機がペットの糞に突撃し、本体の掃除が大変だったのも購入を躊躇させている原因のひとつ。

しかし、新型のルンバではそれが解決しそう。さらに、もし散らかった家でもロボット掃除機が機能するなら、今まで無縁だと思っていた人にも有用な情報になるかもしれません。

ということで、編集部員はルンバとの1カ月共同生活を承諾することに。次回は実際にどうなったのか、レポートしていきます。

家電ロボット掃除機の売れ筋ランキングもチェック!

ロボット掃除機のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。