キッチン“ごはん作りがラクになる”レンチンのテクって?

キッチンに関する不満、ありませんか? 毎日のごはん作りをする大事なスペースなのに、思い通りにならないことが多いと疲れてしまいます。

毎日の晩ごはん作りは時間も余裕もなくて副菜まで手がまわらないこともありますよね。でも大丈夫! 自動調理鍋を置く場所がなくても、手伝ってくれる誰かがいなくても、おうちのオーブンレンジ調理やレンジ調理をもっと活用すれば効率UPは叶うんです!

そこで今回は、レンチン調理で失敗しないテクを紹介します!

キッチン時短のためにオーブンレンジ調理をおすすめする理由は?

ポイント1:丸ごとオーブンへGO! 待ち時間でもう一品完成

人気メニューでもオーブンに入れるだけ。簡単に作れちゃいます!

服部みどり 氏
簡単料理研究家
服部みどり 氏 のコメント

ラクなだけでなく、いつものメニューが豪華に見えます!

ポイント2:レンチンで下ごしらえを時短!!

キッチンの場所も、茹でたりする時間もかかる下ごしらえは、レンチンを活用することでラクできちゃいます。

ただ、レンチンはパサついたりとラクはできても味は落ちると思いますよね。でも、おうちにあるアイテムをちょっと使うだけで、おいしくしくできます。

そこで今回は、レンチンで失敗しないテクを紹介します!

キッチンレンチンテク1:キッチンペーパーで水分足し引きして失敗なし

失敗しがちなレンジ調理はキッチンペーパーで水分を足し引きすればやり直しなしです! 濡らしたら軽く絞って水分をコントロールしてください。

肉・魚の解凍は、肉には敷いて魚は包んでドリップを吸収

冷凍のお肉はラップをしないでペーパーの上にのせて解除モードであたためてください。加熱ムラがなく仕上がります。

切り身はしっかり包みます。半解凍くらいでやめておくと、料理のときの身崩れ防止になるのでオススメ。

刺身もくるんでレンチン。こちらも半解凍にしておくと切りやすく食卓に並べた時に食べごろで出せます!

食パンがしっとり&もっちりに!

食パンの上にしっかり濡らした後、軽く絞った状態のキッチンペーパーをのせてレンチンを数十秒するだけで、もちっとしたやみつき食感に!

ペーパーはよく濡らす!

じゃがいもはいものパサつき防止に!

油断するとパサついたり硬くなったりしちゃうけど、濡らしたペーパーで包むことで蒸らされてほっくりした仕上がりになります。丸ごと加熱してもムラなくほくほくに!

濡らしたペーパーに包んでください。

キッチンレンチンテク2:ラップは求める仕上がりによって使い分けて

ラップは基本がふんわりで、余熱のときはぴっちり包むのがポイントです!

しっとりなら

ムネ肉は加熱中はふわっとラップし、加熱後にしっかりラップで余熱調理! 余熱利用で加熱しすぎを防ぎます。

服部みどり 氏
簡単料理研究家
服部みどり 氏 のコメント

ムネ肉は加熱前に塩少々、酒(大さじ1)を揉み込むとよりしっとり!

パリッとなら

パリッカラッと仕上げたい焼き魚と唐揚げは、あえてラップなしでそのまま加熱。ペーパーを敷くと余分な油も吸収してくれます。

キッチンレンチンテク3:W数を上げるには計算式を覚えておけば失敗なし

レシピをみて時間がかかるから高いW数でやりたいのにと思う人もいるのでは? 換算式を覚えておけば、正しくW数を上げて加熱時間を減らすことができるんです。

おうちの機種にないW数でも時間がわかります!

加熱時間の換算式

(W数×秒数)÷希望するW数

(例)500Wで3分の調理を600Wで行う場合は、(500×180)÷600=150 150秒になります。

計算式を使えば、高いW数に変えたときの加熱時間がわかります。レシピに掲載されているW数が自宅のレンジになり時も便利です。

ターンテーブルは端っこ置きでムラなし!

レンチンするとき何気なく庫内に置いていませんか? 一度お使いのレンジの正しいあたため方をチェックしてみてください。

キッチン熱ムラなし! パサつきなし!でおいしく仕上がる 東芝「石窯ドーム ER-WD3000」

王冠アイコン

東芝
石窯ドーム
ER-WD3000
実勢価格:7万6780円 

庫内容量:30L

東芝「石窯ドーム ER-WD3000」は、「LDK」が3万円以下から10万円台までのさまざまな価格帯のオーブンレンジを仕上がりや使い勝手で比較したところベストバイになった製品です。

毎日使うあたためやオーブン機能がムラなくおいしく仕上がります。

以上、レンチン調理で失敗しないテクでした。

いつもレンチンで失敗してしまうという人、ぜひ試してみてください!

キッチンキッチン用品の売れ筋ランキングもチェック!

キッチン用品のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。