AV機器メーカー初!新機能搭載の最新有機ELテレビって?

最新有機ELテレビ

高画質な映像を楽しめる有機ELテレビ。さまざまなメーカーから新モデルが登場し、画質や性能がどんどん向上しています。

そこで、本音の家電ガイド『家電批評』では、メーカー初となる新機能を搭載した2機種の有機ELテレビをピックアップ。

フナイ「8040シリーズ」とREGZA「X8900Kシリーズ」の新機能や、画質、音質など、あらゆる角度から専門家と徹底検証したレビューをお届けします。なお、検証にはAV評論家の折原一也さんにご協力いただきました。

第1回目と第2回目はそれぞれの検証レビューでしたが、第3回目はフナイ「8040シリーズ」と東芝「REGZA X8900Kシリーズ」の比較結果です。

▼フナイ「8040シリーズ」と東芝「REGZA X8900Kシリーズ」の検証レビュー

B評価基本的な性能や機能は十分! フナイ「8040」

フナイ「8040シリーズ」

フナイ
55U8040
実勢価格:30万2500円

サイズ・重量:W1228×H757×D290mm・30.1kg(ともにスタンド含む)
チューナー数:BS・CS 4K×2、地デジ×3+6(まるごと録画ハードディスク)、BS・CS×3

▼検証結果
画質 :32/35点
音質 :19/20点
機能性:28/30点
操作性:18/20点
合計 :97/105点


検証の結果、B評価となったフナイ「8040シリーズ」

全録機能は便利ですが、専用機器が外付けHDDというよりレコーダーのサイズ感なのがややネック。4K映像や音質は予想以上の高レベルですが、Netflix非対応なのは有機ELテレビとしてもったいないです。

検証結果1:画質や機能性などの評価

・画質
4Kは高レベル。地デジはまあまあです。

・音質
映画も音楽も十分の臨場感!

・機能性
Android TVの独自カスタムは便利でした。

・操作性
UIは問題ないですが反応はやや遅めです。

検証結果2:チューナー数【◎】

テレビ本体のチューナー数はスタンダードで問題ありません。全録対応なのが超便利です。

検証結果3:VOD

フナイ「8040シリーズ」2

ほとんどのメジャーアプリはカバーしていますが、Netflixに対応していないのはマイナスポイントです。

検証結果4:遅延速度【△】

遅延反応テストの結果は19.2msと応答速度はやや遅めでした。ゲーミングスペックはやや物足りなさありました。

検証結果5:リモコン【◎】

フナイ「8040シリーズ」3

6つのダイレクトボタンとインストールしたアプリを一覧表示する「アプリボタン」を搭載しています。

検証結果6:音声アシスタント【○】

Googleアシスタントによる音声操作に対応。言語の認識精度はハイレベルでした。

検証結果7:起動速度

フナイ「8040シリーズ」4

YouTube……3.71秒
電源オン……5.03秒


YouTubeボタンによるアプリ起動と電源オンの速度は平均4秒前後とやや遅めに感じました。

B評価録画や音声検索の操作性は優秀! 東芝「REGZA X8900K」

東芝「REGZA X8900Kシリーズ」

東芝
REGZA
55X8900K
実勢価格:19万4800円

サイズ・重量:W1226×H753×D229mm・19.5kg(ともにスタンド含む)
チューナー数:BS・CS 4K×2、地デジ×3、BS・CS×3
スピーカー:フルレンジ/4個、ツィーター/2個

▼検証結果
画質 :33/35点
音質 :19/20点
機能性:27/30点
操作性:18/20点
合計 :97/105点


こちらもB評価となった東芝「REGZA X8900Kシリーズ」

録画機能や音声検索の使いやすさはプロも認めるハイクオリティ。ただ、4K画質が不安定だったり、未実装の機能が多めなのは気になるところ。フナイと同じく、Netflix非対応は今後の対応に期待です。

検証結果1:画質や機能性などの評価

・画質
4Kは不安定ですが地デジは精細です。

・音質
クリアで画面と一体感があります。

・機能性
AI録画の機能は従来より向上しています。

・操作性
従来から変わったUIは及第点でした。

検証結果2:チューナー数【○】

4Kダブルチューナーの標準的なモデル。タイムシフト非対応なのは少し残念です。

検証結果3:VOD

東芝「REGZA X8900Kシリーズ」2

Netflixに対応しなくなったのが最も気になる点。ほかのメジャーアプリや「Net.TV」に対応しているのは評価できます。

検証結果4:遅延速度【◎】

遅延反応テストは9.8msと、応答速度はゲームでも十分なレベル。ちなみに4K/120Hzは2021年秋にソフトウェアDLで対応です。

検証結果5:リモコン【○】

東芝「REGZA X8900Kシリーズ」3

アプリボタン6つのほか、任意設定できるボタンが1つと十分。ただ、配置に違和感がありました。

検証結果6:音声アシスタント【◎】

Googleアシスタントによる音声操作のほか、ハンズフリー操作対応なのが優秀です。

検証結果7:起動速度

東芝「REGZA X8900Kシリーズ」4

YouTube……4.51秒
電源オン……7.11秒


YouTubeの起動と電源オンのスピードは遅め。ただ、カーソルの動きはスムーズでした。

AV機器有機ELテレビ12製品のランキングはこちら

東芝「REGZA X8900Kシリーズ」5

ちなみに、有機ELテレビ12製品を比較した際のランキングがこちら。フナイも東芝も新機能があと一歩で順位が伸びず。同率で6位でした。

折原一也 氏
AVライター
折原一也 氏 のコメント

フナイ、東芝とも、新機能には少し気になるところが見られました。

AV機器【まとめ】新機能もコスパも改善の余地あり

以上、フナイ「8040シリーズ」と東芝「REGZA X8900Kシリーズ」の比較結果でした。

今回テストしてわかったのは、どちらも前モデルよりも確実に進化しているけれど、その中で少しだけ物足りない部分があったということです。

そして、この2モデルは発売から間もないために値下がり幅も小さく、まだ価格が高め。コスパを考えると割高感は否めず、いまはまだ手が出しにくい状況です。

とはいえ、それぞれのモデルで新採用された機能には、今後まだまだ発展していく余地が十分にあります。これからどんどんと改善されていき、さらに魅力的な一台が登場することに期待です!

AV機器有機ELテレビの売れ筋ランキングもチェック!

有機ELテレビのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

AV機器『家電批評』2021年10月号

『家電批評』2021年10月号

晋遊舎
『家電批評』
2021年10月号
実勢価格:700円

『家電批評』2021年10月号では、「プロがこっそり教えるベストヒット」の特集を掲載しています。こちらもぜひチェックしてみてください。