どんな素材も
スパッと切れる!

様々な工夫をこらした進化系はさみがブームとなっている昨今、1000円以下で買えるはさみの切れ味がスゴイのをご存知ですか? さらに2018年1月には7000円を超す高級はさみが発売予定で注目が集まっています。

今回はそんな高級はさみから100均で買えるはさみまでを、切れにくいとされる4素材を用意して比較調査しました。すると何でも切れる万能モデルは予想外の結果に。

今後はさみを購入するときのご参考にどうぞ。

[テスト方法]
コピー用紙(15枚まで)、ビニール、スポンジ、ダンボールを実際に切って検証。片手で素材にはさみを入れ、そのまま先端まで切り込めるかを試しました。

[検証項目]
①コピー用紙
②ビニール
③スポンジ
④ダンボール

それでは、気になる結果をご覧ください!

[1位]持ちやすく
なんでも切れる

コクヨ
エアロフィットサクサ チタン・グルーレスタイプ ハサ-PT250
実勢価格:480円

[テスト結果はこちら]

①コピー用紙:◎
②ビニール:◎
③スポンジ:◎
④ダンボール:◎

少ない枚数の切れ味は上々で、15枚まで増やしても断面もきれいに切れたほか、ダンボールも刃の先端までスムーズに切れました。

[1位]持ちやすくなんでも切れる

ビニールやスポンジも軽い感触で断面もキレイにカットできました。持ち手部分にラバー加工が施されており、長時間使用しても疲れにくいのは、他の商品と一線を画しました。

[2位]硬い素材も
軽々切れる

プラス:フィットカットカーブ プレミアムチタン SC-175STN 34-551:文房具

プラス
フィットカットカーブ プレミアムチタン SC-175STN 34-551
実勢価格:518円

[テスト結果はこちら]
①コピー用紙:◯
②ビニール:◎
③スポンジ:◎
④ダンボール:◎

人気のフィットカットカーブシリーズの最上位モデルです。コピー用紙は15枚でも多少ズレはあったものの片手で切れました。

[2位]硬い素材も軽々切れる

どの素材でも問題なく切れるうえ、切れ味は鋭くダンボールでも先端まで片手で軽い力で切れたのがスゴイ。

[3位]使いやすさなら
コレで決まり!

レイメイ藤井:スウィングカット チタンコート SH120 23314:文房具

レイメイ藤井
スウィングカット チタンコート SH120 23314
実勢価格:867円

[テスト結果はこちら]
①コピー用紙:◯
②ビニール:◎
③スポンジ:◎
④ダンボール:◎

ビニールはよれることなくスムーズに刃の先端まで切れました。また、スポンジやダンボールも刃の先端まで問題なく切れ、他のモデルよりも軽い切れ味。グリップのおかげで手が痛くならなかったのもGood!

[3位]使いやすさならコレで決まり!

支点が中心からずれた位置にある独特のフォルムが目を引き、スイング構造により軽い切れ味を実現しています。

4位: [4位]コスパ重視なら
これがイチオシ

プラス:フィットカットカーブ フッ素コート SC-175SF:文房具

プラス
フィットカットカーブ フッ素コート SC-175SF
実勢価格:260円

※Amazonはあわせ買い対象商品です

[テスト結果はこちら]
①コピー用紙:◯
②ビニール:◎
③スポンジ:◯
④ダンボール:◎

コピー用紙は15枚で切ると、用紙がよれて握りが少しきつくなりましたが、なんとか切れました。ビニールはサクッと確かな手応えで、刃を入れて最後まで切ることができ、スポンジも刃の先端までスムーズに切れました。

ダンボールはシリーズ上位モデルとの切れ味の差を感じず、先端までしっかりと切れたので、コスパと性能のバランスがとても良いモデルといえます。

5位: [5位]切れ味は
さすがのピカイチ

カール事務器:XSCISSORS XSC-70:文房具

カール事務器
XSCISSORS XSC-70
実勢価格:7000円

[テスト結果はこちら]
①コピー用紙:◯
②ビニール:◯
③スポンジ:◯
④ダンボール:◎

2018年1月発売予定の高級はさみ、「エクスシザース」。従来の2倍の厚さ3mmのステンレス鋼板を採用し、1本1本職人の水研ぎ仕上げがウリの製品です。

これは期待大と試してみたところ、少ない枚数での紙の切れ味はやはり別格。少し動かしただけでスムーズに切れるのはさすがでした。

しかしビニール素材は得意ではない様子だったのが残念。

グリップの末端まで鋼材があるので、重みがあって握りやすくなっており、ダンボールを含む紙類ならほぼ切れることが判明しました。

6位: [6位]廉価モデルながら
実力派

プラス:フィットカットカーブ スタンダード SC-175S :文房具

プラス
フィットカットカーブ スタンダード SC-175S
実勢価格:275円

※Amazonはあわせ買い対象商品です

[テスト結果はこちら]
①コピー用紙:◯
②ビニール:◎
③スポンジ:△
④ダンボール:◎

フィットカットカーブの廉価モデルですが、ビニールやダンボールでは上位モデルに劣ることなくその実力を発揮しました。

スポンジはちょっと苦手ですが、常用として使うなら十分です。

7位: [7位]薄くて
繊細な素材なら得意です

長谷川刃物:CANARY 事務用はさみ 先細 フッ素コート EP-175F:文房具

長谷川刃物
CANARY 事務用はさみ 先細 フッ素コート EP-175F
実勢価格:393円

※Amazonはあわせ買い対象商品です

[テスト結果はこちら]
①コピー用紙:◯
②ビニール:◎
③スポンジ:×
④ダンボール:×

コピー用紙は難なく切れますが、15枚になるとズレが生じて刃の先端では切れなくなりました。ビニールは刃の先端でスムーズに切れましたが、スポンジやダンボールは刃の途中から切り込めなくなり、厚みがあるものは苦手なことが分かりました。

8位: [8位]固いものには
弱いんです

エコー金属:ソフトグリップ 事務用はさみ:文房具

エコー金属
ソフトグリップ 事務用はさみ
実勢価格:108円


[テスト結果はこちら]
①コピー用紙:△
②ビニール:◯
③スポンジ:×
④ダンボール:△

軽く動かしただけで刃にザラザラとした感触が伝わり、コピー用紙は10枚から切れにくくなるなど、厚みのあるものでは切れ味が落ちました。ダンボールは切り口がギザギザになりましたが、なんとか切れて大健闘というところ。


今回検証をして、値段が高い製品のほうが切れ味が良い傾向にあるということを、改めて認識しました。しかし、得意不得意な素材は価格には関係なく、製品そのものの特質ということも明らかになりました。ぜひ、はさみ選びの参考にしてみてください。

はさみの選び方

ここまでは検証結果をもとに、おすすめのはさみをご紹介しました。ここからは、「おすすめ商品は分かったけど、はさみの選び方のポイントも知りたい...」という方のために、おすすめのはさみの選び方をご紹介します。はさみ選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

はさみの選び方

1 刃の形状を確認
はさみといっても刃の形状は様々で、何を切るかの用途によって使用すべき形状は異なります。刃の形状と用途をまとめてみたので、ぜひご確認ください。

・ストレート刃(細かい作業向き、薄手の紙など)

・ベルヌーイカーブ刃(幅広い素材、薄手の紙から段ボールまで)

・ハイブリッドアーチ刃(厚手のもの向き、段ボールなど)

以上が一般的な刃の形状です。用途によって刃の形状を合わせるようにしましょう。刃の形状は、商品パッケージの裏側に記載されていることがほとんどですから、確認してみましょう。

2 グリップを確認
意外と見落としやすい点ですが、はさみにおけるグリップも重要な確認ポイントです。グリップの良し悪しで、はさみの切れ味も変わってきます。

特におすすめのグリップは、樹脂製のグリップです。樹脂製のグリップは、非常に柔らかく手の痛みなども気になりません。こちらも商品パッケージ裏面のプクリーナハンドルの欄に記載されていますので、確認してみてください。

3 刃の特殊加工を確認
はさみの刃には、使用用途に合わせて特殊加工がなされていることが多いです。ですから、使用用途に合った特殊加工がされているはさみを選ぶのもひとつの手です。例えば、グルーレス刃・アンチグルー刃(粘着テープ向き)や、チタンコート刃(長く使いたい方向き)などがあります。

4 サイズを確認
はさみ本体のサイズを確認するのも良いでしょう。近年スティックタイプはさみの人気が高く、ペンケースなどに入るコンパクトなはさみの需要が高まっています。持ち運び用に使いたいという方はコンパクトなものを選び、お家で使いたいという方はこれまでご紹介した機能性を重視したはさみを選ぶのが良いでしょう。

5 安全性を確認
はさみは子供が使用するには危険な道具です。子供が使う場合でも安全に使用できるよう、安全性を重視したはさみを選ぶことをおすすめします。刃先が丸く作られていたり、保護キャップが付いていたりするものなどです。子供が使用するはさみの場合、こうしたはさみを選ぶようにしましょう。

6 利き手に合うか確認
一般的にはさみは右利き用に作られていることがほとんどですが、左利き用のはさみもあります。左利きの方が右利き用のはさみを使用した場合、使いづらさを感じることがほとんどです。右利き用のはさみを使い、不便さを感じないためにも利き手に合ったはさみを選びましょう。

はさみの管理方法

ここでは、「長くはさみを使いたい...」という方におすすめのはさみの管理方法をご紹介します。

まず保護キャップを付ける方法についてです。保護キャップを付けずにはさみを保管しているという方も多くいらっしゃいますが、それは大変危険ですし切れ味も悪くなります。保管キャップを付けることで鋭く尖っているはさみからご自身を守り、はさみのサビからも守ることができます。保護キャップは必ず付けるようにしましょう。

次に切れ味が落ちた時の対処方法をご紹介します。はさみの切れ味が落ちたと思ったら、簡易的なものだとアルミホイルを用いて処理することができます。アルミホイルで刃を研くだけで簡単に切れ味は復活します。それでも切れ味が悪い場合は、ホームセンターなどの専門店に依頼をし刃を研いでもらうことがおすすめです。以上の方法で、一本のはさみを長く愛用するようにしてみてください。

おわりに

いかがでしたか?今回の比較テストではコクヨ「エアロフィットサクサ チタン・グルーレスタイプ ハサ-PT250」が一位になりました!いつも使うものだからこそ、こだわって選んでみてくださいね!