おすすめの電動昇降デスクは?

おすすめの電動昇降デスクは?

テレワーク用に人気急上昇中の「電動昇降デスク」。固定式の一般的なデスクとは異なり、電動で天板の高さを変えて、立っても座っても使えるタイプのパソコンデスク(電動式スタンディングデスク)です。

整体師の中山氏によると「立ったり座ったりを繰り返すことで、同じ姿勢が続いて体の一部に負担がかかるのを防げる」とのこと。また、立って仕事をすると、大きな足の筋肉が緊張するため脳が活性化し、集中力も増すといいます。

電動式なので、ノートパソコンだけでなくデスクトップパソコンを置いた状態での上下昇降もスムーズ(製品ごとの重量制限を確認する必要があります)。パソコン作業などのデスクワークの効率も上がり、テレワークでの「自宅オフィス化」に最適。視線が自然と落ちる位置にモニターがあればなおいいでしょう。

中山隆嗣 氏
整体師、空手家
中山隆嗣 氏 のコメント

後頭部・背中・腰・かかとが一直線になる姿勢が理想的です。

おすすめの電動昇降デスクは?

電動昇降式デスクは集中力が途切れず、無意識に体を動かせる形状かどうかが大切です。物の配置によっては仕事中にかなり体を動かすため、脳が働く状態をキープしやすいのです。身長の大小にかかわらず、立っても座っても適正な高さに天板を合わせられるものはかなり優秀といえます。

中山隆嗣 氏
整体師、空手家
中山隆嗣 氏 のコメント

物を操作したり動かしたりするときに移動を伴うので、より筋肉を使い、脳が活発化されます。

また、机の上や周辺をスッキリ片付けられる製品がおすすめです。ケーブル収納用のネットを天板の裏に取り付けられると、作業もはかどります。これだと机の上や周辺がゴチャついていて、机に向かう気持ちを削がれる……なんてこともなくなります。

おすすめの電動昇降デスクの選び方は?

おすすめの電動昇降デスクの選び方は?

電動昇降デスクについて、体への負担を軽減できるかどうかをチェックしたのち、電動昇降の可動範囲や速度(負荷なし+負荷あり)に音の大きさ、その他の付加機能、コスパのよさをチェック。最終的に負担減効果の比重を高めに、総合評価をつけました。

コスパ最強で扱いやすいサイズの「格安電動昇降デスク」3選(+番外編ガス式昇降デスク1選)、「電動昇降デスク」2選で、合計6選を紹介します

ガス圧式(手動昇降式)じゃダメなの?

A:正直めっちゃ上下が大変です。

両手を広げて天板の端をつかみ、片足でステップを踏みながら上に引っ張る(または下に押す)ので、うまく力が入らず1人では昇降が大変です。

ガス圧式(手動昇降式)じゃダメなの?

ガス圧の強さにもよるかもしれませんが、手動式は物を載せたら100cmより上に上がらなくなりました。たまに微調節する程度ならアリですが、頻繁に昇降する人には向きません。

それでは、格安モデルで評価の高かった商品から順に、ランキングで発表します。

【おすすめ格安昇降デスク1位】Sunon「電動式昇降デスクD56WH」|高額な製品より多機能でパワフル

Sunon
電動式昇降デスク
S56WH
実勢価格:3万9980円

サイズ:約W120×D60×H70.5~119cm
重量:31.5kg
材質:パーティクルボード+PVC(天板部)、スチール(脚フレーム)
耐荷重:約100kg

▼テスト結果

  • 昇降機能: ◎
  • 負担の少なさ: ◯
  • その他の機能: ◎
  • コスパ: ◎

見事ベストバイとなったのは、Sunon「電動式昇降デスクD56WH」。耳慣れないメーカーですが、つくりもしっかりしていて、組み立ても簡単と、良いことづくめです。

Sunonの実力を、以前『家電批評』の兄弟誌『MONOQLO』でベストバイとなったIKEAの電動昇降デスクと比較してご紹介します。(IKEAの電動昇降デスクについては、本記事後半でも解説します)

昇降機能はIKEAよりSunonが圧勝

昇降機能はIKEAよりSunonが圧勝

IKEAの電動昇降デスクは、天板下に上下ボタンがありますが、Sunonはメモリー機能を使えばワンタッチで好みの高さに変えられて快適。また、100cm未満なら1mm単位で高さを調節可能です。

昇降機能はIKEAよりSunonが圧勝

IKEAは誤操作防止のロックがありSunonにはロック機能ありません。ですが、昇降させている最中に障害物に当たると、ストッパーが働き自動で3cm戻ってくれます。メモリー機能で昇降中に目を離しても安心です。

昇降機能はIKEAよりSunonが圧勝

天板に物を載せると昇降速度が変わる製品もありますが、Sunonは一定。ダブルモーター仕様なのでパワーがあります。

Sunonには高さ表示があり、メモリー機能により好みの高さを記憶しておけばワンタッチ調節も可能。ロック機能はありませんが、昇降中に障害物に当たると自動で戻る機能を備えています。

また、左右の脚にモーターを搭載し、昇降時のパワーもIKEAに匹敵。昇降機能だけ見ると、Sunonの圧勝です。

幅120cm&スクエアなら置きやすい

幅120cm&スクエアなら置きやすい

IKEAは天板のサイズがかなり大きいのが特徴で、デスクを広く使いたい人には向いている半面、十分な設置スペースがないと設置すること自体が難しくなります。

その点、Sunonは幅120cmでジャストサイズ。幅はIKEAより40cm小さいですが、パソコンや資料を置くには十分な広さです。また、組み立てやすさもバツグンです。

幅120cm&スクエアなら置きやすい

他製品は脚から組み立てたり、電装パーツの収納ボックスを組み立てたりするのが面倒でしたが、Sunonはたった6個のパーツから成るシンプルな組み立て式。超簡単でした。

幅120cm&スクエアなら置きやすい

本体重量も組み立てパーツ数もIKEAよりと比べるとSunonが優秀です。(※パーツ同士を接続するためのビス類やアジャスターは個数に含みません)。

Sunonはパーツの数も少なく、組み立てやすさもバツグンでした。Sunonは、自宅にIKEAを置ける十分なスペースがない、机の上にたくさんの物を載せない、高さ(70.5~119cm)の範囲が合うという人におすすめです。

体を動かせば体の負担も軽減

体を動かせば体の負担も軽減

IKEAが以前、ベストバイに選ばれた理由の1つに、L字型による体への負担の少なさがあります。ポイントは無意識に体を横に動かせる構造かどうかなのですが、これは意識的に体を動かしたり、スペースがあればサイドワゴンを追加したりすれば解決しそうです。

【おすすめ格安昇降デスク2位】山善「電動昇降デスクメモリー付き ELD-FS(MBK)/T1200(WN)」|昇降スピード重視ならあり

山善(YAMAZEN):電動昇降デスクメモリー付き ELD-FS(MBK)/T1200(WN)

山善(YAMAZEN)
電動昇降デスクメモリー付き
ELD-FS(MBK)/T1200(WN)
実勢価格:4万9800円

サイズ:約W120×D70×H71~117cm
重量:39.5kg
耐荷重:約80kg(均等荷重)

▼テスト結果

  • 昇降機能: ◎
  • 負担の少なさ: ◯
  • その他の機能: ◯
  • コスパ: ◯

2位は山善「電動昇降デスクメモリー付き ELD-FS(MBK)/T1200(WN)」。機能自体はほぼSunonと同等。あとは作業スペースの広さと天板を上げる速さに価格差の価値を感じられるかどうかですが、速さを求めるならコレです。

上りと下りで速度が異なる

上りと下りで速度が異なる

上りと下りの速度が異なるのが特徴で上りは素早く、下りは3秒ほどゆっくりになります。下りが遅いのは載せているものが揺れないように配慮しているようで好感が持てます。負荷をかけると、わずかに速度が変化(上下とも1秒以下)しましたが、それでも上りは最速。

機能の豊富さもSunonと同等

機能の豊富さもSunonと同等

1mm単位での高さ調整はできませんが、機能としてはほぼSunonと同じ。メモリー機能はSunonより1つ多い、4つまで登録可能です。

【おすすめ格安昇降デスク3位】FLEXISPOT「電動昇降式スタンディングデスク」|全体的に質感が高い

フレキシスポット(FlexiSpot):電動昇降式スタンディングデスク EG1

フレキシスポット(FlexiSpot)
電動昇降式スタンディングデスク
EG1
実勢価格:2万8800円

▼テスト結果

  • 昇降機能: ◯
  • 負担の少なさ: ◯
  • その他の機能: ◯
  • コスパ: △

3位はFLEXISPOT「電動昇降式スタンディングデスク」。人気メーカーの電動昇降式デスク。エントリーモデルのため昇降機能はシンプルですが、全体的な質感の高さはさすがです。

【番外編】武田コーポレーション「ガス圧昇降式デスク T9-GSD120BR」

武田コーポレーション:ガス圧昇降式デスク T9-GSD120BR

武田コーポレーション
ガス圧昇降式デスク
T9-GSD120BR
実勢価格:1万9288円

▼テスト結果

  • 昇降機能: △
  • 負担の少なさ: △
  • その他の機能: △
  • コスパ: ◯

武田コーポレーション「ガス圧昇降式デスク「T9-GSD120BR」。中心のガスシリンダー1本で天板と左右の伸縮する脚を支える構造です。男前インテリア風の天板や脚元にキャスターを装着可能、価格もお手頃ですが、手動での昇降が結構面倒でした。

こちらは今回テストした中で、ガス式だったので「番外編」扱いにしてます。

次に、以前検証を行った少し大きめの電動昇降デスク2製品を紹介します。スペースに余裕のある方はこちらもご検討ください。

【おすすめ昇降デスクその1】IKEA「ベカント コーナーデスク 右 電動昇降式」

イケア(IKEA):ベカント コーナーデスク 右 電動昇降式

イケア(IKEA)
ベカント
コーナーデスク 右 電動昇降式
実勢価格:6万9990円

サイズ:W160×D110×H65~125cm
重量:45.35kg(3つの構成パーツの合計)
耐荷重:70kg

▼テスト結果

  • 昇降機能: ◯
  • 負担の少なさ: ◎
  • その他の機能: ◎
  • コスパ: △

IKEA「ベカント コーナーデスク 右 電動昇降式」。同じ姿勢を続けて体に負担がかかるのを防いでくれる最高の電動昇降デスクです。

天板サイズも幅広でコーナーもあオシャレなデザイン。立つ・座るの動作だけでなく、横への移動や体をひねる動作も加えられます。作業スペースが広くて体への負担も少ないという夢のようなデスクです。

電動昇降機能はいたってシンプル

電動昇降機能はいたってシンプル

ボタンを押すだけで手間なくアップダウンできます。メモリー機能はないので、迷わないで使える半面、目印がないと毎回ピッタリ同じ高さに合わせるのは難しいです。

【おすすめ昇降デスク】タンスのゲン「電動昇降式スタンディングデスク 69100001」

タンスのゲン:電動昇降式スタンディングデスク 69100001

タンスのゲン
電動昇降式スタンディングデスク
69100001
実勢価格:4万2800円

▼テスト結果

  • 昇降機能: ◯
  • 負担の少なさ: ◯
  • その他の機能: ◯
  • コスパ: ◎

タンスのゲン「電動昇降式スタンディングデスク 69100001」。電動昇降の移動範囲は申し分なく、負担減効果もしっかり。

3パターンの高さを記憶可能

3パターンの高さを記憶可能

山善と同様に衝突検知センサーを搭載。高さの設定がラクな点では山善と互角ですが、降りの速度が少し遅いのは気になりました。

【まとめ】上げ下げの手間を考えたら電動がおすすめ

以上、電動昇降デスクのおすすめランキング6選でした。ベストバイは電動昇降のSunon。高さ表示やメモリー機能、障害物検知機能など、使いやすい機能を備えつつ、昇降速度も優秀です。電動昇降デスクを狙っている人は、ぜひアマゾンなどでチェックしてみてください!