ホーム年末大掃除の最強アイテム&必殺テクを大公開

外出自粛やテレワークの浸透でお家時間が例年より長かった2020年。台所のベトベト汚れや水まわりのカビ、部屋のスミに渦巻くホコリなど、いつも以上に家の汚れが気になった人も多いはず。

2021年を真っさらな気持ちで迎えるべく、断捨離や掃除に精を出している人もいるのではないでしょうか。

そこで、これまでお掃除のプロたちに教えてもらったラクしてごっそり汚れが取れちゃうアイテムやワザを一挙公開! 1日1箇所でもいいのでぜひチャレンジしてみてください。

今回は鍋やフライパンの頑固なコゲつきの解消方法です!

キッチン洗剤を塗ったらラップパックして放置するだけ!

食器用のスポンジでこすっても落ちない鍋やフライパンの裏の汚れは「コゲ・油用洗剤+ラップパック」の方法で、ラクに輝きを取り戻します。

STEP1:洗剤をスポンジにつける

フライパンに直接ではなく、まずは濡らしたスポンジに洗剤をなじませます。泡立てなくてOKです。

STEP2:塗り広げるようにコゲになじませる

焦げ付いた部分を中心に、全体をスポンジで軽くこすり、洗剤を塗り広げます。サイドの薄い汚れにもなじませましょう。

STEP3:ラップパックして10~30分放置

ラップでフライパンや鍋の裏側をぴったり包み、洗剤が乾燥するのを防ぎましょう。そのまま10~30分おいておきます。

STEP4:スポンジで軽くこすって洗い流す

ラップをはがし、スポンジで全体を軽くこすってください。コゲが落ちたら水で洗い流します。

キッチンみるみる落ちる! LEC「茂木和哉 コゲ落としジェル」

LEC
茂木和哉
コゲ落としジェル
150ml
実勢価格:1118円

今回、使用したアイテムはコチラのLEC「茂木和哉 コゲ落としジェル」。コゲ・油用洗剤はアルカリ性なので、アルミや銅の鍋に使うと劣化することも。注意書きをよく読んでから使いましょう。

強力洗剤をパックで密着させて、汚れを分解させるのがポイント。諦めなくてもここまで落ちました!

フライパンや鍋の裏のキレイをキープするコツは、使う前に水気をしっかり取ること。濡れたまま火にかけるとコゲやすいので、裏面を拭いてから使いましょう。

また、金だわしは傷がつきやすく、逆に汚れがつく原因になってしまいます。コーティングがはげてしまうので、金だわしなどの硬いものでゴシゴシこするのは避けてください。

以上、年末の大掃除で試してほしい掃除ワザの紹介でした。諦めていた汚れもスッキリ落として、お家をもっと心地いい空間にしましょう。

▼1日3本配信! 2020年末大掃除まとめはこちら