今こそ替え時!ラクちんキッチンツールを検証します

今こそ替え時!ラクちんキッチンツールを検証します

計量カップやおろしがね、ピーラーなどなど、お家に必ずある定番のキッチンツール。地味な存在で、昔からずっと買い替えていないというお宅も多いのではないでしょうか。

でもじつは、キッチンツールも着実に進化。ラクで使いやすく改良されています。使いにくさを感じているなら、今こそ替え時かもしれません。

今回は数あるキッチンツールの中から、SNSで話題の製品や注目の新商品を200点ピックアップ。類似品と比較・検証しました。ストレスなし、ラク~に調理できるツボを押さえた優秀アイテムだけを紹介します!

上から見えるから量りやすい!計量カップ6選

上から見えるから量りやすい!計量カップ6選

調理の過程で水や酒などの液体を量るとき、どんな計量カップを使っていますか? 目盛りが外側にしか付いていないタイプだと、わざわざ腰をかがめて見なくてはいけませんよね。

そんなときにあると便利なのが、「上から見えるタイプの計量カップ」です。

計量カップのラクつぼ

計量カップのラクつぼ

外側だけでなく、内側に斜めの目盛りが入った計量カップがコチラです。これなら液体を入れたときに上から見て量れるので、かがむ必要がありません。

今回は、上から見えるタイプの計量カップ6点を検証しました。「使いやすさ」「量りやすさ」の2項目をチェックした結果、おすすめ順に紹介します!

貝印「KAI 上から量れる計量カップ300ml」

貝印
KAI 上から量れる計量カップ300ml
実勢価格:990円

▼テスト結果
使いやすさ:◎
量りやすさ:◎+


今回最も評価が高かったのは、貝印「KAI 上から量れる計量カップ300ml」でした。

目盛りの背景が白色になっていて、とっても見やすい! しかも10ml単位で細かく目盛りが振ってあるので、微調整もしやすいんです。

貝印「KAI 上から量れる計量カップ300ml」

安定感があるので、カップを持たずにテーブルに置いた状態でも計量できちゃいます。

貝印「KAI 上から量れる計量カップ300ml」

持ち手が握りやすいのも魅力です。液体をたっぷり入れても安定して持てます。

OXO「アングルドメジャーカップ(小)」

OXO「アングルドメジャーカップ(小)」

OXO
GOOD GRIPS アングルドメジャーカップ(小)
実勢価格:1320円

▼テスト結果
使いやすさ:◎
量りやすさ:◎

OXO「GOOD GRIPS アングルドメジャーカップ(小)」
の持ち手はやわらかい素材でできており、握りやすいカーブ状になっています。

OXO「アングルドメジャーカップ(小)」

目盛りが曲線状に付いていて、右側はカップ単位、左側はml単位で表記されています。こちらも貝印と同様、目盛りの背景が白色なので、見やすい!

カインズ「メジャーカップ300ml」

カインズ「メジャーカップ300ml」

カインズ
メジャーカップ300ml
実勢価格:598円

▼テスト結果
使いやすさ:○
量りやすさ:○

カインズ「メジャーカップ300ml」
は、2項目とも○と悪くない評価です。

カインズ「メジャーカップ300ml」

ただ、目盛りの下地が透明なので、白色のものに比べるとやや量りにくいです……。

セリア「なるほど計量カップ 350ml」

セリア「なるほど計量カップ 350ml」

セリア
なるほど計量カップ 350ml
実勢価格:110円

▼テスト結果
使いやすさ:○
量りやすさ:△

セリア「なるほど計量カップ 350ml」
は、シンプルな作りです。

セリア「なるほど計量カップ 350ml」

目盛りが赤い線ではなく、透明な線と赤い点なので、少し読みにくいかも……。

ダイソー「上から計れるメジャーカップ 300ml」

ダイソー「上から計れるメジャーカップ 300ml」

ダイソー
上から計れるメジャーカップ 300ml
実勢価格:110円

※リンクはまとめ買いです

▼テスト結果
使いやすさ:△
量りやすさ:○

ダイソー「上から計れるメジャーカップ 300ml」は、持ち手が持ちにくいのが残念でした。指を通すとカップに当たってしまいます。

ダイソー「上から計れるメジャーカップ 300ml」

目盛りは赤い線なので「量りやすさ」はgoodです。

C評価: ニトリ「積み重ねできる計量カップ 400ml」

C評価: ニトリ「積み重ねできる計量カップ 400ml」

ニトリ
積み重ねできる計量カップ 400ml
実勢価格:407円

▼テスト結果
使いやすさ:△
量りやすさ:△

ニトリ「積み重ねできる計量カップ 400ml」
は、魔法のランプのようなちょっと変わった形です。

C評価: ニトリ「積み重ねできる計量カップ 400ml」

見た目はオシャレですが、幅が広すぎるので、収納時にジャマになってしまいました。

以上、上から見えるタイプの計量カップ6製品比較のご紹介でした。ベストの貝印なら微調整もしやすいので、料理だけでなくお菓子作りにも活躍しそうですね。ぜひチェックしてみてください!

▼貝印をこえるピーラーは現れるのか?