2020年9月に発表されたApple新製品を専門家が解説!

2020年9月、アップル恒例の新製品発表会が行われました。AppleWatchやiPadの新モデル、新サブスクと発表会はなかなかのボリューム。ということで、雑誌『家電批評』がAppleの新製品ニュースをお届け! 専門家に率直な感想を伺い、Appleの新製品を解説してもらいました。

今回は、発売から毎年のペースで新作が出ているアップルウォッチ。「AppleWatch Series 6」のご紹介です。

フィットネスにもはや必携「AppleWatch Series 6」

AppleWatch
Series 6
実勢価格:
GPSモデル/4万7080円~
GPS+Cellularモデル/5万9180円~


サイズ・重量:W38×H44×D10.4mm・36.5~47.1g(44mm)、W34×H40×D10.4mm・30.5~39.7g(40mm)
OS:watchOS 7
必要環境:iOS 14以降を搭載したiPhone 6s以降が必要

「AppleWatch Series 6」は本体に3種類の仕上げが増え、2サイズ・3素材・10種のカラバリに選択肢が拡大。前モデルからの常時点灯は継承しつつ、すぐに操作できるよう改良されています。

新モデルの目玉となるのが“血中酸素”を測るセンサーが搭載されたこと。さらに、駆動時間は18時間のままですが、ワークアウト時の消費電力が改善されており、ヘルスケア端末としての地位をさらに一段上へと高めています。

「watchOS 7」の進化ポイントは?

「watchOS 7」のポイントをざっとまとめると、以下のようになります。

1:新しい7つの文字盤
ストライプ、クロノグラフプロ、GMT、アーティストなど、新しい7つの文字盤が追加されました。

2:家族との共有
自分のiPhoneを持っていない子どもやシニアでも、AppleWatchを利用可能。

3:睡眠トラッキング
就寝・起床時間の管理だけでなく、睡眠の質を高めるための「就寝準備」機能が搭載されています。

では、「AppleWatch Series 6」について、もう少し詳しく見ていきましょう。

Series 6の目玉!血中酸素ウェルネスセンサーを搭載

医療用ではないものの裏蓋の血中酸素ウェルネスセンサーにより、新型コロナウイルス感染症患者の容態を測る際も役立った“血中酸素濃度”が測定可能になりました。

パフォーマンスが向上!バッテリー駆動時間は18時間

バッテリー駆動時間は前モデル同様に18時間ですが、屋内ワークアウトで最大11時間、GPS&LTE利用での屋外ワークアウトで最大6時間と、ワークアウト時のバッテリーの持ちが向上しています。

スタイル一新!バリエーション広がってます

スタイルは、新たに「グラファイト」「ブルー」「(PRODUCT)RED」の仕上げが追加。さらに、2つの素材からなるシームレスなバンドもラインナップに追加されています。

※画像上から順に時計回り
・グラファイトステンレススチールとレザーリンク
・ゴールドステンレススチールケースとソロループ
・ブルーアルミニウムケースとブレイデッドソロループ
・シルバーアルミニウムケースとNikeスポーツバンド

【率直な感想】新しい生活様式にリンクしている

トピックとしては裏蓋に搭載された「血中酸素ウェルネスセンサー」を使った血中酸素濃度の測定機能。登山時にといわれても「?」ですが、身近なところだとマスクによる酸欠などの予防効果が期待できそうです。

手洗い機能や自宅でフィットネスなども、新しい生活様式にリンクしています。タイミング的にも今回はより一層注目度が高そうです。

小枝祐基 氏
フリーライター
小枝祐基 氏 のコメント

新色のブルーアルミニウムケースがシックな感じで、脊髄反射でポチりました。

以上、2020年9月に発表されたApple新製品「AppleWatch Series 6」のご紹介でした。

気になった人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

▼アップルウォッチ以外にも! おすすめスマートウォッチはこちら