ホームスマートロックとは?

自宅の鍵の開け閉めは、毎日の生活の中で当たり前すぎて、施錠方法を変えようなんて発想に至らないかもしれません。

しかし、いざ外出した矢先に「あれっ? 鍵閉めたっけ?」なんて不安に駆られるのは誰もが経験しているのではないでしょうか。

そんな不安を解決してくれるのがスマートロック。既存の鍵(サムターン)に取り付けるだけで、スマホで家の鍵を管理できるようになる製品です。特別な工事はほとんど不要(後付け)で利用できるのも嬉しいです。

製品によってはGPSで家の付近に着いたら自動で解錠されたり、家を出たら自動で施錠してくれたりと、鍵を持ち出さずに済むようになる優れものです。

スマートロックのメリットは?

スマートロックとは、スマホで施錠を管理できる製品。ドアの鍵に設置するだけで、施錠をスマホで管理可能な製品。なかには、賃貸でも取り付けられるタイプもあります。

鍵の開閉状況を自動で管理するのが目的の製品でしたが、最近はもっと進化し、パスワードや指紋認証など様々な機能がつくようになりました。

合鍵不要

合鍵不要 スマートロックおすすめ イメージ

合鍵もわざわざ作らなくても、スマホ間で渡せます。一時的に付与可能な製品もあります。

外出先で確認

外出先で確認 スマートロックおすすめ イメージ

外出先で鍵を閉めたか不安になっても、アプリで開閉状況を確認できます。

自動施錠

自動施錠 スマートロックおすすめ イメージ

解錠したら自動で閉めてくれます。解錠から施錠までの時間を設定できるものもあります。

ホームスマートロックの施錠タイプは?

スマートロックには大きく分けて3つのタイプがあります。

ハンズフリータイプ

あらかじめ登録してあるスマートフォンが近付くだけで施解錠ができるタイプ。スマホをいちいち取り出す必要がないので、荷物で両手が塞がっていたり、子供を抱えていたりしても楽に施解錠ができます。

ただし、Bluetoothの接続が悪いと上手く施解錠ができないデメリットも。その場合は結局スマートフォンを取り出して操作したり、元々の鍵を使ったりして施解錠しなければならないので、二度手間になることがあります。

スマホタイプ

スマホを操作して施解錠するタイプ。ハンズフリータイプのようにBluetoothの接続が悪くて操作できないという心配がありません。

マルチデバイスタイプ

スマホ以外にカードキーなどいくつかのデバイスで施解錠できるタイプ。家族に小さな子供や、高齢者など、スマホを持たない、あるいは操作に慣れていない人がいる場合におすすめです。

ホームスマートロックの検証方法は?

スマートロックの検証方法は? スマートロックおすすめ イメージ

鍵の解錠方法が増え、パスワード解錠パッドなど関連製品も各社取り揃えがあるスマートロック。

そこで、雑誌『家電批評』が、もっともおすすめのスマートロックを探すべく、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどのネット通販や量販店で購入できる人気・定番5製品を集めて、比較しました。今回は次の7項目を徹底比較しました。

比較1:機能性

合鍵機能、電池残量通知、解錠履歴閲覧機能、緊急時のアラート通知、ツインロック機能の有無と動作を確認しました

比較2:取り付け

実際に鍵に設置してみて取り付けやすさを確認。対応しているカギの種類の多さも確認しました

比較3:設定のしやすさ

アプリを使って、簡単に設定できるかを確認しました

比較4:電池交換

対応している電池の種類や設置後でも簡単に交換できるかを確認しました

比較5:開閉方法

スマホ操作以外の解錠方法があるか、関連製品の多さを確認。また実際に解錠動作をチェックし、スムーズに解錠されるか試しました

比較6:アプリ

アプリの使いやすさを実際に使用してチェックしました

比較7:付加機能

「指紋認証」「ハンズフリー」「遠隔操作」「オートロック」などのスマートロックであってほしい機能をそれぞれ確認し、独立して評価しました。また、別売りの製品についている機能も評価しています。

家電批評編集部員
プロが本音でテストする家電購入ガイド
家電批評編集部員 のコメント

指紋認証はハンズフリー機能の代わりになります(編集部・土屋)

評価の高かったスマートロックははたして? それでは発表します。

ホームスマートロックのおすすめは?

スマートロックのおすすめ比較表

ランキングは項目名で並び替えられます
商品
A評価
スイッチボットSwitchBot ロック
スマートロックおすすめ スイッチボット SwitchBot ロック イメージ
4.10
5.00 5.00 5.00 3.00 5.00 5.00 5.00 0.00 3.00 5.00
A評価
キャンディハウスセサミ 4
スマートロックおすすめ キャンディハウス セサミ 4 イメージ
3.80
5.00 5.00 5.00 3.00 3.00 4.00 0.00 5.00 3.00 5.00
A評価
QrioQrio Lock Q-SL2/T
スマートロックおすすめ Qrio Qrio Lock Q-SL2/T イメージ
3.80
5.00 4.00 5.00 4.00 4.00 5.00 0.00 5.00 3.00 3.00
C評価
LockinG30 Smart Lock
スマートロックおすすめ Lockin G30 Smart Lock イメージ
2.30
1.00 1.00 3.00 5.00 2.00 3.00 3.00 0.00 3.00 2.00
C評価
GIMDOWスマートロック
スマートロックおすすめ GIMDOW スマートロック イメージ
2.00
1.00 2.00 2.00 5.00 3.00 1.00 0.00 0.00 1.00 5.00

A評価【1位】スイッチボット「SwitcBotロック」

  • スイッチボットSwitchBot ロック
  • 実勢価格: ¥10,183

総合評価: 4.10

機能性
 5.00
取り付けやすさ
 5.00
設定のしやすさ
 5.00
電池交換のしやすさ
 3.00
開閉方法
 5.00
アプリ
 5.00
指紋認証
 5.00
ハンズフリー
 0.00
遠隔操作
 3.00
オートロック
 5.00

豊富な開閉方法と設定も簡単

スマートロックのおすすめ1位でA評価・ベストバイトとなったのは、スイッチボット「SwitcBotロック」。ベストバイの要因はその解錠方法の豊富さ。別売りの指紋認証パッドを追加で設置すれば、指紋認証にパスワード、専用のカードでの解錠方法を併用することができます。特に指紋認証は、ハンズフリー機能並にドアの開閉を楽にしてくれます。

パスワードは一時的な鍵の付与に便利で、専用のカードはお年寄りや子どもなどスマホを使用しない人に合鍵を渡す際に役立ちます。

また、アプリもわかりやすく、設定や接続の設定がスマートにできました。なんとなく「スマートロックって便利そうだけど、設定が大変そう……」という不安を抱えている人も安心して使えるはずです。

実際に使ってみると、ポケットやカバンから鍵を探す手間がなくなり想像以上にストレスフリー! また、両手に荷物を持ちながらでも、指紋認証なら簡単に解錠でき楽々スムーズです。焦って家を出ても鍵の閉め忘れの心配は不要。加えて、パッドがあれば携帯の電源が切れても締め出される心配はなく、まさにいいこと尽くしでした!

筆者も早速自宅に導入しようと思いましたが、なんと自宅の鍵が対応していないことが判明……。導入を検討する際は自宅のドアの鍵が対応してるかは要チェックです。

おすすめポイント
  1. 開閉方法が豊富
  2. 関連のスマートホーム製品と連携しやすい
59mm(約)
奥行
73.2mm(約)
高さ
111.6mm(約)
重量
253g
型番
W1601700

別売りの「指紋認証パッド」

別売りの「指紋認証付きパッド」をつければ、パスワードまたは指紋認証で合鍵を作ることができます。パスワードは有効期限も設定可能。合鍵もパスワードで付与できます。

別売りの「指紋認証パッド」 スマートロックおすすめ イメージ

スイッチボット
指紋認証パッド
実勢価格:¥8982

指紋認証
指紋認証 スマートロックおすすめ イメージ

スマートロック自体には合鍵機能が備わっていませんが、指紋認証付きパッドをつければ、パスワードまたは指紋認証で合鍵を作ることができます。パスワードは有効期限も設定可能。

指紋認証 スマートロックおすすめ イメージ2

パスワードももちろん便利ですが、数字を打つ手間はかかってしまいます。指紋認証は、登録した指の指紋を読み込ませるだけで解錠できて非常に便利。

指紋認証 スマートロックおすすめ イメージ3

また指紋の感度が悪い時は、指紋情報を追加で補足が可能。指紋は最大100個登録でき、一人で10本すべての指を登録しても余裕があります。

専用のカードキーでも開けられる

指紋認証パッドに1枚ついてくる専用のカードなら、パッドにタッチするだけで解錠が可能です。

専用のカードキーでも開けられる スマートロックおすすめ イメージ

指紋認証パッドに1枚ついてくる専用のカードなら、パッドにタッチするだけで解錠が可能です。

別売りの「スマートカード」

さらに、別売りの「SwitchBotカード」を追加すれば、前述の専用カード3枚がセットになっており、家族の合鍵として共有するのに便利です。財布の中に予備として入れておいたり、スマホを持っていない子どもやお年寄りに持たせる使い方をしている人が多いようです。

別売りの「スマートカード」 スマートロックおすすめ イメージ

スイッチボット
SwitchBotカード
実勢価格:¥1980

ここは惜しい

GPSで自宅の近くの指定の範囲に入ると自動で家の鍵が解錠される、ハンズフリー機能。スイッチボットは指紋認証やアップルウォッチとの連携が鍵やスマホ操作代わりになるため、この機能は搭載されていません。ハンズフリーも選べて、かつ指紋認証も使えるともっとよかった!

家電批評編集部員
プロが本音でテストする家電購入ガイド
家電批評編集部員 のコメント

防犯性を考慮すると指紋認証のほうが良さそうです(編集部・土屋)

さらに、関連のスマート製品と連携してよりスマートに!

スイッチボットには関連のスマート製品が多くあり、組み合わせることで様々な動作を「自動化」することができます。

さらに、関連のスマート製品と連携してよりスマートに! スマートロックおすすめ イメージ

スイッチボット
スマートリモコン ハブミニ
実勢価格:4480円

サイズ:W65×D20×H65mm・36g

スイッチボット「スマートリモコン ハブミニ」は、自宅に設置し、テレビやエアコンなどのリモコンを登録することでスマホがリモコン代わりになる製品。スマートロックを接続し、「鍵が開いたら、接続されている照明をつける」などの設定をすれば、解錠と同時に自動で家電を動かす、なんてことができます。自宅に帰ってからの動作がよりスマートに!

A評価【2位】キャンディハウス「セサミ 4」

  • キャンディハウスセサミ 4
  • 実勢価格: ¥11,224

総合評価: 3.80

機能性
 5.00
取り付けやすさ
 5.00
設定のしやすさ
 5.00
電池交換のしやすさ
 3.00
開閉方法
 3.00
アプリ
 4.00
指紋認証
 0.00
ハンズフリー
 5.00
遠隔操作
 3.00
オートロック
 5.00

単独使用でハンズフリー機能を使える

スマートロックのおすすめ2位は、A評価のキャンディハウス「セサミ 4」

スイッチボットとは僅差でしたが、大きな違いはハブなど関連製品をほとんど使用しないで済むこと。特にハンズフリー機能をハブなしで、スマートロック単独で使用できるのは非常に重宝します。

関連製品が不要な人は、これ一つあれば十分です。とにかく他の製品と比べて安いので、コスパ重視の人におすすめです。

57mm
奥行
54.5mm
高さ
92.7mm
重量
105g
型番
855835006273

解錠の範囲を設定できる

解錠の範囲を設定できる スマートロックおすすめ イメージ

解錠の範囲を設定できるので、設定した範囲に入ったら自動でスマホと接続されます。

ここは惜しい

ここは惜しい スマートロックおすすめ イメージ

パスワードなどの解錠用のパッドがないので、基本はスマホでの解錠しかできません。ハンズフリー機能は常に位置情報を共有する必要があるため電池の消耗も激しくなり、スマホの電池がなくなり解錠できなくなる不安はあります。

A評価【2位】Qrio「Qrio Lock Q-SL2/T」

  • QrioQrio Lock Q-SL2/T
  • 実勢価格: ¥21,234

総合評価: 3.80

機能性
 5.00
取り付けやすさ
 4.00
設定のしやすさ
 5.00
電池交換のしやすさ
 4.00
開閉方法
 4.00
アプリ
 5.00
指紋認証
 0.00
ハンズフリー
 5.00
遠隔操作
 3.00
オートロック
 3.00

解錠方法も多く動作も安定

スマートロックのおすすめ同2位は、A評価のQrio「Qrio Lock Q-SL2/T」

同2位のセサミ4とほぼ同じ使い勝手ですが、Qrio CardやQrio Key、Pad(パスワード解錠)などの連携製品はセサミより充実しています。

セサミと比べて高価なものの、パッドもあり解錠方法は多く、動作も安定しています。子どもやお年寄りがいる家庭におすすめです。

57mm
奥行
77mm
高さ
115.5mm
重量
207g
型番
Q-SL2/T

電池2つでも動く

電池2つでも動く スマートロックおすすめ イメージ

4つ電池を入れられるので電池切れの不安が少ないです。電池交換が簡単なのもいいです。

ここは惜しい

ここは惜しい スマートロックおすすめ イメージ

スマートロックは鍵が回る箇所に設置しますが、鍵のサイズが大きかったり、高さがあるとつけられない場合も。Qrioは高さを細かく調整できないのが残念です。

C評価【4位】Lockin「G30 Smart Lock」

  • LockinG30 Smart Lock
  • 実勢価格: ¥32,800

※パスワード解錠パッドとWi-Fiゲートウェイセットでの販売のみです

総合評価: 2.30

機能性
 1.00
取り付けやすさ
 1.00
設定のしやすさ
 3.00
電池交換のしやすさ
 5.00
開閉方法
 2.00
アプリ
 3.00
指紋認証
 3.00
ハンズフリー
 0.00
遠隔操作
 3.00
オートロック
 2.00

スマートロックのおすすめ4位は、C評価のLockin「G30 Smart Lock」。今回は検証では、接続が安定せず、アプリを開いても再接続する手間がかかり、使い勝手が惜しい結果となりました。

型番
G30

C評価【5位】GIMDOW「スマートロック」

スマートロックおすすめ GIMDOW スマートロック イメージ1
  • GIMDOWスマートロック
  • 検証時価格: ¥7,480

総合評価: 2.00

機能性
 1.00
取り付けやすさ
 2.00
設定のしやすさ
 2.00
電池交換のしやすさ
 5.00
開閉方法
 3.00
アプリ
 1.00
指紋認証
 0.00
ハンズフリー
 0.00
遠隔操作
 1.00
オートロック
 5.00

スマートロックのおすすめ5位は、C評価のGIMDOW「スマートロック」。今回の検証では、パスワード解錠のパッドは反応が悪く、アプリは英語と日本語が混在しわかりづらかったです。

ホームスマートロック導入の疑問Q&A

ここでは、スマートロックを導入したいと思ったときに気になる疑問を紹介します。

Q1. 設置って簡単?

A. 難しい製品もあります

A. 難しい製品もあります スマートロックおすすめ イメージ

据え付け型は鍵を一旦外して、自分で取り付ける必要があります。工事不要で、めんどうな取り付け方法も不要・貼り付けタイプの両面テープ型と比べて、テープがはがれて落下する心配はありませんが、設置は面倒で業者にお願いしたいところです。

Q2. どんな鍵にも設置可能?

A. 場合によっては取り付け不可能

A. 場合によっては取り付け不可能 スマートロックおすすめ イメージ

ドアノブにカギが直接ついているタイプのドアには、設置できません。

Q3. カギが2つある場合どうしたら?

A:紐付け可能なメーカー増えてます

A:紐付け可能なメーカー増えてます スマートロックおすすめ イメージ
A:紐付け可能なメーカー増えてます スマートロックおすすめ イメージ2

2つの鍵を1つのアプリで登録することができます。開ける順番には注意が必要です。

Q4. スマホを持ってないです

A. 設定にはスマホが必要です

スマートロックを設定をする際は、スマホのアプリが必要になります。そのため家のオーナーがスマホを持っておくのは絶対必要な条件です。

家に1人でもスマホを持っていない家族がいる家庭は、スマートカードなどスマホ操作不要の解錠方法がある製品を選びましょう。カードは、緊急用に財布の中に入れておくのもオススメです。

A. 設定にはスマホが必要です スマートロックおすすめ イメージ

Qrio
QrioCard
実勢価格:2200円

Q5. 防犯が心配です

A. 解錠履歴が確認できむしろ安心

A. 解錠履歴が確認できむしろ安心 スマートロックおすすめ イメージ

カギの解錠履歴がスマホで確認できるので、カギの閉め忘れもチェックでき、防犯対策にもいいです。

A. 解錠履歴が確認できむしろ安心 スマートロックおすすめ イメージ2

設定した鍵に不備が生じたり、家で問題が起きた際用に緊急で鍵を開ける機能があるものも。

ホームまとめ:スマートボットは解錠・設定・設置がスマート!

以上、スマートロックのおすすめランキング5選でした。

スマートロック最新5製品比較で見事ベストバイに輝いたのは、スイッチボット「SwitcBot ロック」。解錠方法の多さが1位の最大の要因ですが、アプリの使い勝手など基本性能も優秀でした.

まとめ:スマートボットは解錠・設定・設置がスマート! スマートロックおすすめ イメージ

スイッチボット
SwitcBotロック

スマートロックが気になっているという人は、本記事のおすすめランキングを参考に、お気に入りの製品を見つけてみてください。

ホームスマートロックの売れ筋ランキングもチェック!

スマートロックのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。