家電おすすめ防災ライトが超進化中です!

防災ライトが超進化中です! 防災用ライトおすすめ イメージ

従来まで、明かりの備えとしては懐中電灯が一般的でした。

しかし最近は、日常生活で使えて非常時でも役立つ新しいライトが続々登場中。もしものときだけでなく、日常生活の安全性を高めてくれて生活を快適にしてくれるものも増えています。

そこで今回は雑誌『MONOQLO』の防災担当がおすすめの、進化系防災ライト6製品を紹介します!

家電おすすめエレコム「防災 乾電池式 懐中電灯 枕元ライト」

  • エレコム防災 乾電池式 懐中電灯 枕元ライト
  • 実勢価格: ¥3,055

寝床で優しく照らす3way枕元ライト

エレコム「防災 乾電池式 懐中電灯 枕元ライト」は、「枕元ライト」「懐中電灯」「モバイルバッテリー」の3wayで非常時も活躍してくれるライト。

本体をタップ、または長押しをするというシンプルな操作でライトの切り替えができます。

枕元ライトとして使用する際は3段階で明るさ調整ができ、もっとも暗い設定であれば、約350時間は点灯し続けてくれます。

普段から枕元に置いておけば、いざというときに持ち出せます。

乾電池式なので、緊急時のために電池をストックしておくのがおすすめ。アルカリ単3乾電池4本を使用します。

おすすめポイント
  1. 枕元ライト、懐中電灯、モバイルバッテリーの3Way
  2. 最長で約350時間使える
125mm
奥行
72.5mm
高さ
40mm
重量
120g
型番
DE-KD04BE

ゴム蓋付きで埃の侵入を防ぐ

ゴム蓋付きで埃の侵入を防ぐ 防災用ライトおすすめ イメージ

本体背面にUSB-Aポートが1口付属しており、ここからスマホなどへの給電が可能です。

家電おすすめパナソニック「残量チェック機能付き 電池がどれでもライト BF-BM20P-W」

  • パナソニック残量チェック機能付き 電池がどれでもライト BF-BM20P-W
  • 実勢価格: ¥2,117

どの電池でも使えるストレスフリーな手持ちライト

自宅に残っている電池って、サイズや本数がバラバラになりがち。そんな状況でも活躍するのがパナソニック「残量チェック機能付き 電池がどれでもライト BF-BM20P-W」です。

単1〜4電池いずれか1本さえあれば懐中電灯として使えます。そのうえ、電池残量を確認する機能もあります。

電池のサイズによらず明るさはほぼ同じ。ただし点灯時間が変わる点には注意が必要です。

電池を選ばない利便性だけでなく、バランスよく持ちやすいのも高評価でした。

おすすめポイント
  1. さまざまなサイズの電池が使える
  2. 電池の残量チェッカーとしても使用可能
直径
145mm
奥行
75mm
高さ
20mm
重量
255g
型番
BF-BM20P-W

どの大きさの電池も使える!

どの大きさの電池も使える! 防災用ライトおすすめ イメージ

角形電池やボタン電池は使えないものの、あまりがちな円筒形乾電池を消費できます。

家電おすすめエレコム「防災 乾電池式 懐中電灯 モバイル バッテリー機能付」

  • エレコム防災 乾電池式 懐中電灯 モバイル バッテリー機能付
  • 実勢価格: ¥2,990

USB type-C搭載のモバイルバッテリー機能付き懐中電灯

エレコム「防災 乾電池式懐中電灯 モバイルバッテリー機能付」は、一見すると普通の懐中電灯ですが、本体にUSB端子がついています。いざというとき、モバイルバッテリーとしてスマホなどの充電が可能。

明るさ4段階調整などの機能も搭載していますが、担当編集が最も驚いたのは、配光の広さ。正面に向けても、足元から天井にいたるるまで、とにかく広い範囲を明るく照らしてくれる逸品です。

また、防水機能も付いており、雨の日でも活躍します。

おすすめポイント
  1. 配光が広い
  2. USB type-Cの搭載のモバイルバッテリー機能付き
直径
55mm
高さ
155mm
重量
145g
型番
DE-KD05BK
USB type-C搭載のモバイルバッテリー機能付き懐中電灯 防災用ライトおすすめ イメージ

USB-Aポートと USB type-Cポートをそれぞれ1口ずつ搭載しています。

家電おすすめドウシシャ「停電検知 LEDシーリングライト ハパつく」

  • ドウシシャ停電検知 LEDシーリングライト ハパつく
  • 実勢価格: ¥8,980

停電したら自動で点灯するシーリングライト

ドウシシャ「停電検知 LEDシーリングライト ハパつく」は、見た目は一般的なシーリングライトですが、停電を検知すると小さいライトが点灯する機能を搭載。

事前に単4電池4本をシーリングライト本体にセットしておくことで、約4時間照らし続けてくれます。

災害などで停電が発生しても、家の中での行動の助けになる有益な機能です。

おすすめポイント
  1. 停電したら乾電池から給電して約4時間照らす
直径
560mm(スポンジ含まず)
厚み
91mm(スポンジ含まず)
重量
1.4kg
型番
TKEY06DXDA

停電すると小さなライトが点灯!

停電すると小さなライトが点灯! 防災用ライトおすすめ イメージ

停電時には小さなライトが点きます。普段は6畳用のシーリングライトとして使え、部屋の雰囲気に合わせて調光することも可能です。

家電おすすめNBSs(日本防災スキーム)「いつでもランプ tsuita」

  • NBSs(日本防災スキーム)いつでもランプ tsuita
  • 実勢価格: ¥3,135

6時間点灯し続ける充電機能付き電球

NBSs(日本防災スキーム)「いつでもランプ tsuita」は、『MONOQLO』防災担当が特におすすめする防災ライト。通常の26口金のLED電球として使用できる、充電機能付き電球です。

本体に2600mAhのバッテリーを搭載。普段から照明として使っているだけで同時に充電されます。

停電時は口金から本製品を外し、専用プラグを装着することで、ソケットに繋がなくとも約6時間点灯させることができます。

本体がプラスチック製なので、落として割れにくいのも嬉しいポイントです。

おすすめポイント
  1. 自動で充電され停電時は懐中電灯として使える
  2. 普段は普通の電球として使える
直径
6cm
高さ
11.7cm
重量
100g
型番
E26NW50WS

専用プラグなしでも使える

専用プラグなしでも使える 防災用ライトおすすめ イメージ

日頃は通常の照明として使用。

専用プラグなしでも使える 防災用ライトおすすめ イメージ2

停電時は単体で使えます。電極の側面と底面を指で繋ぐと、明かりが点灯。もちろん、電流が流れるようなビリッと感はありません。

家電おすすめトップランド「ライト付き コンセントタップ」

  • トップランドライト付き コンセントタップ
  • 実勢価格: ¥1,945

停電しても床を自動で照らす足元ライト

トップランド「ライト付き コンセントタップ」は、コンセント差し込み口が3口付属したライト付きのタップ。

コンセントをさしながらの日常使いはもちろんのこと、停電時でも廊下移動の際など足元を明るく照らしてくれます。

担当編集が実際に使ってみると、持ち出しライトとしても非常に優秀だと感じました。

おすすめポイント
  1. 普段はコンセントとしても使える足元ライト
  2. 停電時に足元を照らせて持ち出しライトにもなる
49.5mm
奥行
37.0mm
高さ
99.5mm
重量
112g
型番
M7410
停電しても床を自動で照らす足元ライト 防災用ライトおすすめ イメージ

停電しても足元を照らしてくれます。

以上、おすすめの防災ライト6選の紹介でした。

災害時のためだけでなく、日常生活も安全に便利にしてくれるので一石二鳥。アウトドアにも役立ちそう。比較的手頃な値段なので、ぜひ生活のなかに取り入れてみてください。

家電おすすめ懐中電灯の売れ筋ランキングもチェック!

懐中電灯のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。