家電電気代の高騰で夏のエアコンが心配……

電気代高騰のニュースが飛び交う2022年。いろいろなものが値上がりしているうえに電気代のアップは痛いところですよね。

そうはいっても、真夏のエアコンはもはや必須。在宅時間が増えているなか、熱中症対策としても欠かせない存在です。

電気代は、この1年間で1683円もアップ

電気代は、この1年間で1683円もアップ

値上がり傾向にある電気代は、2022年も上昇傾向が続いています。東京電力の「平均モデル」の電気代は、去年の5月から今年5月までの間に1683円もアップ。

原因は、請求される電気代に含まれている「燃料費調整額」と「再生可能エネルギー発電促進賦課金」によるものです。

日本の発電の主流は火力発電ですが、その発電をするための燃料を輸入しています。ウクライナ情勢の緊迫化などによって燃料となる天然ガスや石炭の輸入が困難になり、燃料費調整額が高騰したためと言われています。

電気代は、この1年間で1683円もアップ

電気代の値上がりは気になるものの、エアコンなしで夏を乗り切るのも難しいですよね。

そこでエアコンを使いながら少しでも節電し、電気代の負担を軽くするために、プロに節電術を聞いてみました。

家電節電できて快適なおすすめエアコンを知りたい!

節電できて快適なおすすめエアコンを知りたい!

電気代の高騰は避けられないものですが、なにか自分で備えることができたら──。ということで、節電を考えたエアコン選びやエアコンのメンテナンス方法について、プロに聞いてみることにしました。

「プロによるエアコンの新常識」第1回では、ハイエンドモデルとシンプルモデルはどちらがお得なのか、ランニングコストを比較しました。すると、10年以上使う&充実機能を求めるなら、ハイエンドがおすすめという結果になりました。

▼「プロによるエアコンの新常識」第1回はこちら

第2回の今回は、具体的に最新ハイエンドモデルではどのエアコンがおすすめなのか、家電コーディネーターの戸井田さんに選んでもらいました。

S評価日立「
白くまくんXシリーズ 
RAS-X40M2」

日立「白くまくんXシリーズ RAS-X40M2」
王冠アイコン

日立
白くまくん Xシリーズ
RAS-X40M2
実勢価格:34万9800円

室内機サイズ・重量:W798×H295×D385mm・16.5kg
畳数目安:14畳

S評価でベストバイを獲得したのは、日立「白くまくん Xシリーズ RAS-X40M2」です。

油汚れの洗浄も得意な白くまくんXシリーズ。内部の汚れを根こそぎ落とす「凍結洗浄」は唯一無二の機能で、クリーニング代の節約になること間違いなし。風の通り道が清潔だから、省エネ性も長続きします。

熱交換器をまるっと自動洗浄

熱交換器をまるっと自動洗浄

熱交換器の汚れを加熱融解し、凍らせて一気に流す「凍結洗浄 除菌ヒートプラス」を搭載。内部を自動で水洗いしてくれます。油汚れにも強いのも魅力。

ファンのほこりをブラシで掃除

ファンのほこりをブラシで掃除

ファンを逆回転させ、羽根に蓄積されやすい小さなほこりをブラシで掃除。払ったホコリも凍結洗浄で洗い流します。

室外機も自動で洗い流す

室外機も自動で洗い流す

室外機の自動洗浄は日立だけの技術。自動洗浄機能によって砂ぼこりから熱交換器の目詰まりを防ぎ、運転能力低下によるムダな電気代も節約できます。

戸井田満樹 氏
家電評論家
戸井田満樹 氏 のコメント

今年のイチオシは「白くまくん」です!

A+評価三菱電機「霧ヶ峰FZシリーズ 
MSZ-FZ4022S」

三菱電機「霧ヶ峰FZシリーズ MSZ-FZ4022S」

三菱電機
霧ヶ峰FZシリーズ
MSZ-FZ4022S
実勢価格:36万5750円

サイズ:W890×H285×D358mm
重量:21kg
畳数目安:14畳

A+評価を獲得したのは、三菱電機「霧ヶ峰FZシリーズMSZ-FZ4022S」です。

省エネ性業界最強の機種。360度状況を検知して、Wファンで細かく吹き分け。最適な運転をすることでムダな電気代を使いません。ダストボックス搭載で、掃除機能も優秀です。

人の居場所や動きを察知

人の居場所や動きを察知

赤外線センサー「ムーブアイmirA.I.+」を搭載。人によって違う温度の感じ方を、人の手先・足先の温度から見分けて温度をコントロールしてくれます。

A評価パナソニック「Folia LXシリーズ Eolia CS-LX402D2」

パナソニック「Folia LXシリーズ Eolia CS-LX402D2」

パナソニック
Eolia LXシリーズ
CS-LX402D2
実勢価格:32万8680円

サイズ:W799×H295×D385mm
重量:15.5kg
畳数目安:14畳

A評価のパナソニック「Eolia LXシリーズ CS-LX402D2」は、空気清浄機能のおかげで内部が汚れにくく、クリーニング代の節約に。無給水加湿と外気を取り込む換気機能を初搭載し、快適さがアップしています。

A評価富士通ゼネラル「ノクリアXシリーズ ノクリア AS-X402M2」

富士通ゼネラル「ノクリアXシリーズ ノクリア AS-X402M2」

富士通ゼネラル
ノクリアXシリーズ
AS-X402M2

実勢価格:34万8800円
サイズ:W798×H293×D396mm
重量:20.5kg
畳数目安:14畳

富士通ゼネラル「ノクリアXシリーズ AS-X402M2」もA評価。温度と速さの違う気流をコントロールし、L字型の部屋も隅々までムラがなく快適な温度に。効率的な運転で節電効果も大です。

A評価シャープ「P-Xシリーズ AY-P40X2」

シャープ「P-Xシリーズ AY-P40X2」

シャープ
P-Xシリーズ
AY-P40X2
実勢価格:32万8680円

サイズ:W798×H295×D373mm
重量:18kg
畳数目安:14畳

シャープ「P-Xシリーズ AY-P40X2」もA評価です。プラズマクラスターNEXT搭載で消臭やカビ抑制などが期待できるので、最小限の掃除で長持ちしやすい一台です。

A評価ダイキン「Rシリーズ うるさらX AN40ZRS」

ダイキン「Rシリーズ うるさらX AN40ZRS」

ダイキン
Rシリーズ
うるさらX AN40ZRS
実勢価格:34万5410円

サイズ:W798×H295×D370mm
重量:16kg
畳数目安:14畳

同じくA評価のダイキン「Rシリーズ うるさらX AN40ZRS」は、吸排気に対応する唯一のルームエアコン。窓を閉めたまま換気ができるので、暑い夏も効率よく涼しさを保てます。

A評価東芝ライフスタイル「大清快J-DTシリーズ 
RAS-J402DT」

東芝ライフスタイル「大清快J-DTシリーズ RAS-J402DT」

東芝ライフスタイル
大清快J-DTシリーズ
RAS-J402DT
実勢価格:21万1000円

サイズ:W798×H250×D352mm
重量:15kg
畳数目安:14畳

同じくA評価の東芝ライフスタイル「大清快J-DTシリーズ RAS-J402DT」は、風を感じさせない無風感技術が神レベル。ムダな電気を使わずに快適な空間にしてくれます。好みを学習して運転制御する学習運転モードも搭載。

以上、プロおすすめのハイエンドモデルのエアコン7選でした。次回はプロが教えるエアコン節電ワザを紹介します。

家電エアコンの売れ筋ランキングもチェック!

エアコンのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。