文房具シャーペンにこだわって勉強や仕事の効率アップ!

シャーペンにこだわって勉強や仕事の効率アップ! シャーペンおすすめ イメージ

メモをとるときやアイデア出しなど、大人になっても意外と使うことが多いシャーペン。「シャープペン」「シャープペンシル」とも言われ、勉強用や仕事用だけでなく、その他さまざまな用途に使用される文具のひとつです。

使用時間が長くなりがちだからこそ、書き心地や筆記中の疲れにくさなどにもこだわりたいところ。

そこで、雑誌『LDK』と兄弟誌『MONOQLO』では、人気のシャーペンを比較テスト。キレイな文字が書けて大人が持ちたくなるデザインのおすすめを探しました。

文房具シャーペンの選び方は?

おすすめ商品を紹介する前に、まずはシャーペンの選び方のポイントをお伝えします。

選び方1:フィット感

選び方1:フィット感 シャーペンおすすめ イメージ

シャーペンを選ぶとき、グリップのフィット感は非常に重要です。筆記具は、全般的に長時間使用していると手が疲れてくるため、なるべくその疲れや痛みを軽減しておく必要があります。

シャーペンのグリップ部分は、金属やプラスチック素材が使用されたハードタイプと、シリコンラバーのやわらかめのタイプがあります。

グリップが硬すぎたり、逆に柔らかすぎて力が入りすぎてしまう構造だったり、すべったり、手に馴染まない形だったりすると、すぐに疲労がたまり、場合によっては痛みにまで発展してしまいます。

ストレスフリーな筆記を実現するために、グリップの握り心地を重視したり、ソフトグリップなど負担を軽減するタイプのものを選んだりするといでしょう。

選び方2:書き心地

シャーペンの書き心地は、さらさらと滑るように書けるものから、しっかりとした筆記感の感じられるもの、用紙につっかかってしまうようなガタガタした書き心地のものなど、さまざまです。

どのような書き心地が好みかは自分次第なので、軽い力で流れるように文字や絵を描きたいという方はさらさら書けるものを、一画一画落ち着いて丁寧に書きたいという方はしっかりとした筆記感のあるものを選ぶようにすると良いでしょう。

選び方3:機能性

現代のシャーペンは、グリップが進化していて非常に持ちやすく、長時間の筆記でも疲れにくくなっています。

シャーペンの芯の出し方はノック式のものが中心でしたが、最近はラインナップが豊富でさまざまな機能性を備えたアイテムが登場しています。

本体を振ることで芯が出る振り子式(フレフレ機構)、筆記するたびに内部で芯が回転して芯先がとがり続ける自動芯回転機能を採用したものは使い勝手が良く、筆記に集中することができます。

ほかにも、極細でブレない線を描ける製図用シャープペンシルや、芯折れ防止機能で芯が折れにくいものなど、以前では考えられなかったようなアイディアが盛り込まれたペンも発売されています。

このような機能はとても便利ですが、それが自分に必要だと感じるかどうかは人それぞれ。自分にあった機能性のものを選ぶのがおすすめです。

選び方4:価格

シャーペンの価格は幅広く、100円均一で買える低価格のものから、1000円や2000円を超えるものもあります。デザイン性に優れた高級感のあるシャーペンは、プレゼントにも向いています。

自分が何のために、どんな機能性を持ったシャーペンが欲しいのか、それによって価格帯を決めましょう。

文房具女性向けを『LDK』が、男性向けを『MONOQLO』が探しました

「アガる」文具を選べば、仕事や家事、趣味などさまざまな場面で、やる気、効率、テンションがぐーんとUPします。

女性向けを『LDK』が、男性向けを『MONOQLO』が探しました シャーペンおすすめ イメージ

雑誌「LDK」のアンケートによると、シャーペンは、ボールペンとハサミに次いで読者が使う文房具の第3位でした。

しかし、シャーペンは、三菱鉛筆・ゼブラ・トンボ鉛筆・パイロット(​​PILOT)などさまざまなメーカーから多くの商品が発売されています。種類が多くて機能にも幅があるシャーペンはどれを選べばいいのか悩んでしまいますよね。

そこで今回は、雑誌『LDK』と兄弟誌の『MONOQL』が、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングなどネット通販で購入できる、人気のシャーペンを比較しました。

LDKが「アガる」文房具をテスト!

LDKが「アガる」文房具をテスト! シャーペンおすすめ イメージ

雑誌『LDK』では、大人女子が使いたいと思えるおしゃれで機能的なシャーペンを調査!

文具ライター・やまぐちまきこさん、文具プランナー・福島槙子さんと一緒に、シャーペンの「書きやすさ」はもちろん、「デザイン」も評価しました。

MONOQLOが「人前で使いたくなる」文房具をテスト!

MONOQLOが「人前で使いたくなる」文房具をテスト! シャーペンおすすめ イメージ

メモを人に見せたとき、「なんて書いてあるの?」と聞かれるのが恥ずかしい……ビジネスシーンなどの人前で字を書くとき、安っぽいペンを取り出す自分が恥ずかしい……。そんな恥ずかしい思いはもうさせません。

そこで雑誌『MONOQLO』では、きれいな文字が書きやすいシャープペンの特徴「六角形の持ち手」「芯径0.5ミリ以上」を満たしたシャープペンをピックアップ。

持ち方などは特に気にせずに「きれいに書けるか」、大人が持ちたくなる「デザイン」かを、文具ライター・やまぐちまきこさんと書道家・かわくぼみちこさんと一緒に、MONOQLOの編集部員が実際に書いて検証しました。

それでは、まずはLDKによる女性向けシャーペン、次にMONOQLOによる男性向けシャーペンの順に、それぞれランキング形式で結果を紹介します!

文房具女性用シャーペンのおすすめは?

プロと一緒に実際に使ってみた、シャーペンのおすすめランキングです。それぞれの項目を緑のボタンで並べ替えられるので、商品選びの参考にしてみてくださいね。
※リンク先は紹介カラー以外も含みます。

ランキングは項目名で並び替えられます
商品
A評価
三菱鉛筆ユニ アルファゲル スイッチ
シャーペンおすすめ 三菱鉛筆 ユニ アルファゲル スイッチ イメージ
4.50
5.00 4.00
0.5mm
A評価
ぺんてるオレンズ AT デュアル グリップタイプ
シャーペンおすすめ ぺんてる オレンズ AT デュアル グリップタイプ イメージ
4.00
4.00 4.00
0.5mm
B評価
三菱鉛筆クルトガ KSモデル
シャーペンおすすめ 三菱鉛筆 クルトガ KSモデル イメージ
3.50
3.00 4.00
0.5mm
B評価
パイロットザ・ドクターグリップ
シャーペンおすすめ パイロット ザ・ドクターグリップ イメージ
3.50
4.00 3.00
0.5mm
B評価
サンスター文具オートマチックシャープ ノクフリー
シャーペンおすすめ サンスター文具 オートマチックシャープ ノクフリー イメージ
3.00
3.00 3.00
0.5mm

A評価【1位】三菱鉛筆「ユニ アルファゲル スイッチ」

  • 三菱鉛筆ユニ アルファゲル スイッチ
  • 実勢価格: ¥748

総合評価: 4.50

 
書きやすさ
 5.00
デザイン
 4.00

小学生っぽくならない大人シャーペン

女性用シャーペンのおすすめランキングで1位となり、ベストバイを獲得したのはA評価の三菱鉛筆「ユニ アルファゲル スイッチ」​です。

太めのグリップで筆圧が強い人でも、力をかけすぎず字が書きやすいです。デザインも子どもっぽすぎず、カフェ勉強などにもいいです。

芯の太さ
0.5mm
型番
M51009GG1P.51
やまぐちまきこ 氏
文具ライター
やまぐちまきこ 氏 のコメント

筆圧の強い私でもスルスル書けました。

福島槙子 氏
文具プランナー
福島槙子 氏 のコメント

太めグリップで安定して筆記しやすいです。

淡いカラーも魅力的

淡いカラーも魅力的 シャーペンおすすめ イメージ

書きやすく女性が使いやすい淡いカラーです。

筆圧が強くても書きやすい

筆圧が強くても書きやすい シャーペンおすすめ イメージ

芯は0.5mmです。太めですべり止め付きのグリップのおかげか、力をかけやすくスルスルと字が書け、書き味がなめらかです。

持ちやすくデザインもいい

持ちやすくデザインもいい シャーペンおすすめ イメージ

グリップが付いており持ちやすい上、ペンケースに入っていても悪目立ちしないデザインです。コットンピンクのくすんだ色合いもかわいいです。

A評価【2位】ぺんてる「オレンズ AT デュアル グリップタイプ」

  • ぺんてるオレンズ AT デュアル グリップタイプ
  • 実勢価格: ¥1,280

総合評価: 4.00

 
書きやすさ
 4.00
デザイン
 4.00

一度出すだけで芯が出続ける設計

女性用シャーペンのおすすめランキングの2位は、A評価の​ぺんてる「オレンズ AT デュアル グリップタイプ」でした。

一度芯先を少し出すだけで芯が出続ける設計です。集中力が途切れることなく思考し続けられます。

芯の太さ
0.5mm
型番
XPP2005-C

書きやすさ

書きやすさ シャーペンおすすめ イメージ

スルスルと書き心地はよいです。

B評価【3位】三菱鉛筆「クルトガ KSモデル」

  • 三菱鉛筆クルトガ KSモデル
  • 実勢価格: ¥411

総合評価: 3.50

 
書きやすさ
 3.00
デザイン
 4.00

芯が回ってトガったまま

女性用シャーペンのおすすめランキングの3位は、B評価の​三菱鉛筆「クルトガ KSモデル」でした。

細身のボディですが、持ちづらくはありません。カラー展開は淡いピンクなどもあります。

芯の太さ
0.5mm
型番
M5KS1P.32

書きやすさ

書きやすさ シャーペンおすすめ イメージ

筆記時のブレを抑えた設計ですが、書きやすさは普通です。

B評価【3位】パイロット「ザ・ドクターグリップ」

  • パイロットザ・ドクターグリップ
  • 実勢価格: ¥640

総合評価: 3.50

 
書きやすさ
 4.00
デザイン
 3.00

グリップが太く疲れにくい構造

女性用シャーペンのおすすめランキングの同3位は、B評価のパイロット(PILOT)「ザ・ドクターグリップ」でした。

ノックしたときしか芯がでない機能付きです。グリップが太く持ちやすいです。

芯の太さ
0.5mm
型番
HTDG90RNV

書きやすさ

書きやすさ シャーペンおすすめ イメージ

持ちやすくて書きやすいです。

B評価【5位】サンスター文具「オートマチックシャープ ノクフリー」

  • サンスター文具オートマチックシャープ ノクフリー
  • 実勢価格: ¥340

総合評価: 3.00

 
書きやすさ
 3.00
デザイン
 3.00

細くて少し手に負担がかかる

女性用シャーペンのおすすめランキングの5位は、B評価のサンスター文具(Sun-Star Stationery)「オートマチックシャープ ノクフリー」でした。

本体が細く軽いので、書いているときにやや手に負担がかかる印象でした。

芯の太さ
0.5mm
型番
S4483219

書きやすさ

書きやすさ シャーペンおすすめ イメージ

若干手に負担がかかるため、書きやすさはそこそこです。

次は雑誌『MONOQLO』がテストした、男性向けシャーペンのおすすめランキングです。

文房具男性用シャーペンのおすすめは?

A+評価【1位】コクヨ「KOKUYO ME シャープペンシル(0.7mm)」

  • コクヨKOKUYO ME シャープペンシル(0.7mm)
  • 実勢価格: ¥693

総合評価: 5.00

 
きれいに書けるか
 5.00
デザイン
 5.00

キレイな文字が書けて大人な見た目のコクヨME

男性用シャーペンのおすすめランキングで1位となり、ベストバイに選ばれたのはA+評価のコクヨ(KOKUYO)「KOKUYO ME シャープペンシル(0.7mm)」でした。

六角形のシャープペンシルは鉛筆に寄せた見た目のものが多かったのですが、本製品は洗練されたかっこよさで、まさに大人のための美文字シャープペンシルです。

もちろん、肝心の「きれいに書けるか」もダントツのベスト。

ラバーグリップで手がすべりにくいので、筆圧が弱く力が入りづらい筆者でも、とめ・はね・はらいがしっかりした文字を書くことができました。

おすすめポイント
  1. とめ・はね・はらいがしっかり書ける
  2. ラバーグリップですべりにくい
  3. 洗練されたかっこいいデザイン
芯の太さ
0.7mm
型番
KME-MPP402DB-1P

【きれいに書けるか】六角形とラバーですべらずゆっくり書ける

【きれいに書けるか】六角形とラバーですべらずゆっくり書ける シャーペンおすすめ イメージ

持ち手部分がしっとりした質感のラバーに覆われていて、手をしっかり受け止めてくれます。

すべりにくくかつ低重心なので、一字一字しっかり書くことができます。

【きれいに書けるか】六角形とラバーですべらずゆっくり書ける シャーペンおすすめ イメージ2

丁寧に書けて線がブレません。

やまぐちまきこ 氏
文具ライター
やまぐちまきこ 氏 のコメント

軸が太めなので安定してきれいな文字が書けます。

クセの強い文字がキレイに変化!
クセの強い文字がキレイに変化! シャーペンおすすめ イメージ

字に自信がないという一般男性にも試してもらった結果がこちら。

やわらかなタッチで少し揺れる癖がありますが、六角形のラバーの持ち手で安定感が出て、濃いめの上手な文字が書けました。

かわくぼみちこ 氏
書道家
かわくぼみちこ 氏 のコメント

字のバランスが良くなり、いつものペンより上手に書けています。

【デザイン】淡い色のクリップと鉛筆感のなさが大人向き

【デザイン】淡い色のクリップと鉛筆感のなさが大人向き シャーペンおすすめ イメージ

ブロンズのようなゴールドのクリップが大人らしくておしゃれ! 胸ポケットからチラッと見せると、かっこよく決まりそうです。

【デザイン】淡い色のクリップと鉛筆感のなさが大人向き シャーペンおすすめ イメージ2

六角形のシャープペンには鉛筆の形を再現したものが多く、大人が持ちにくいデザインも。その点、鉛筆感が少ないのは貴重です。

【デザイン】淡い色のクリップと鉛筆感のなさが大人向き シャーペンおすすめ イメージ3

クセをカバーしてくれる、とっておきの一本です。

A評価【2位】ゼブラ「シャープペン ノックペンシル M-1700 0.5mm」

  • ゼブラシャープペン ノックペンシル M-1700 0.5mm
  • 実勢価格: ¥150

総合評価: 4.00

 
きれいに書けるか
 4.00
デザイン
 4.00

持ち手が太めで握りやすく安定する

男性用シャーペンのおすすめランキング第2位は、A評価のゼブラ(ZEBRA)「シャープペン ノックペンシル M-1700 0.5mm」でした。

軽そうな見た目に反して、低重心で安定して字が書けます。大人が持ちやすい、シックな色みも評価されました。

220円というお手頃価格なうえに、振るだけで芯が出る「フリシャ機能」搭載で、プラスαの使い勝手も充実しています。

おすすめポイント
  1. 安定して字が書ける
  2. 色みがシック
  3. 振るだけで芯が出る
芯の太さ
0.5mm
型番
B-MA117-GR

きれいな線が続けて書ける

きれいな線が続けて書ける シャーペンおすすめ イメージ

六角形が手にフィットします。

きれいな線が続けて書ける シャーペンおすすめ イメージ2

適度に重心が低めなのでペン先が安定しやすく、一字一字丁寧にきれいな文字が書きやすいです。

A評価【3位】ピッツ「えんぴつみたいなシャープペン&消しゴム」

  • Pizz(ピッツ)えんぴつみたいなシャープペン&消しゴム
  • 実勢価格: ¥750

総合評価: 3.50

 
きれいに書けるか
 4.00
デザイン
 3.00

鉛筆型の消しゴムがセットの少し大人な鉛筆風シャープペン

男性用シャーペンのおすすめランキング第3位は、A評価のPizz(ピッツ)「えんぴつみたいなシャープペン&消しゴム」でした。

誰もが懐かしい、レトロな鉛筆風デザインのシャープペン。しっとりしたマットな質感がグリップの役割を果たしてくれるので手になじみます。

デザインは好みが分かれますが、ノック部分が金属なので、やや子どもっぽさがやわらいでいます。

おすすめポイント
  1. マットな質感で手になじむ
  2. すべりにくくしっかり字が書ける
芯の太さ
0.5mm
型番
Pizzpen_dg_001

手にフィットして線がブレにくい

手にフィットして線がブレにくい シャーペンおすすめ イメージ

マットな質感ですべりにくいです。

手にフィットして線がブレにくい シャーペンおすすめ イメージ2

全面にマット塗装が施されているので、どこを持ってもすべりにくいのが特徴。しっかり字を書くことができます。

B評価【4位】コクヨ「鉛筆シャープ」

  • コクヨ鉛筆シャープ
  • 実勢価格: ¥131

総合評価: 3.00

 
きれいに書けるか
 3.00
デザイン
 3.00

軽くスラスラ書けるので、アイデア出しには丸

B評価のコクヨ「鉛筆シャープ」は男性用シャーペンのおすすめランキングで4位となりました。

軽くて自然と走り書きになってしまうので、丁寧に文字を書くのはあまり向きません。

全体的につるつるしているので、持ったときにすべりやすいのも難点。ただ、軽いので持ち運びには良さそうです。

芯の太さ
0.5mm
型番
PS-PE105D-1P

少し線が揺れてしまう

少し線が揺れてしまう シャーペンおすすめ イメージ

思わず走り書きしてしまうような軽さなので、丁寧に字を書くのはやや難しいです。

B評価【4位】ナカバヤシ「あの とき いろ 六角シャープ」

  • ナカバヤシあの とき いろ 六角シャープ
  • 実勢価格: ¥275

総合評価: 3.00

 
きれいに書けるか
 3.00
デザイン
 3.00

長さがあるのでペン先が安定しにくい

B評価のナカバヤシ「あの とき いろ 六角シャープ」は男性用シャーペンのおすすめランキングで同率4位となりました。

サラッとした質感で手はすべりにくいのですが、全体が長いためかペン先に力が入れづらいです。

学生時代の思い出や情景をテーマにしているだけに、見た目は少し好みが分かれるかもしれません。

芯の太さ
0.5mm
型番
LSP-04-05-12

若干線が歪んでしまう

若干線が歪んでしまう シャーペンおすすめ イメージ

他の製品と比べてやや本体が長いためか、ペン先が安定しません。

C評価【6位】無印良品「木軸六角シャープペン・消しゴム付シャープ」

  • 無印良品木軸六角シャープペン・消しゴム付シャープ
  • 実勢価格: ¥394

総合評価: 2.50

 
きれいに書けるか
 2.00
デザイン
 3.00

軽くて細いので美文字を書くのは困難

C評価の無印良品「木軸六角シャープペン・消しゴム付シャープ」は男性用シャーペンのおすすめランキングで6位となりました。

消しゴム部分まで鉛筆を再現した本製品。鉛筆のような持ちやすさはなく、力が入りづらいのでコントロールが難しいです。

自分がイメージしたときよりも汚く書けてしまう、ちょっと残念なシャープペンシルでした。

芯の太さ
0.5mm
型番
61415826

文字が揺れやすい

文字が揺れやすい シャーペンおすすめ イメージ

持ち手が細くしっかり持てないので、ペン先が動いてしまい狙った位置に書きづらいです。

文房具芯を削れるシャーペンの実力は?

  • 北星鉛筆大人の鉛筆 彩 芯削りセット
  • 実勢価格: ¥473

芯先の細さが自由自在! 自分好みに削れるシャーペン

北星鉛筆(KITA-BOSHI)「大人の鉛筆 彩 芯削りセット」は、鉛筆と同じ木が軸に使われており、鉛筆並みに持ちやすいシャーペン。

芯を削りながら好みの書き味を見つけられます。

芯径
2mm
型番
OTP-680BST
芯先の細さが自由自在! 自分好みに削れるシャーペン シャーペンおすすめ イメージ

付属の芯削りで微調整できます。

文房具シャーペンのおすすめメーカー・ブランドは?

ここでは、シャーペンの代表的なメーカー(ブランド)を3社、紹介します。

三菱鉛筆

三菱鉛筆 シャーペンおすすめ イメージ

シャーペンのおすすめメーカーは、「三菱鉛筆」です。

ほかのメーカーも書き心地とコスパの良いシャーペンをたくさん販売していますが、三菱鉛筆は特に機能的で、疲れにくい工夫が凝らしてあるシャーペンが多いのが特徴です。

特に三菱の鉛筆ブランドである「uni(ユニ)」の商品は、スタイリッシュで使いやすい機能的なモデルが多く、人気シャーペンランキングの常連でもあります。

パイロット

パイロット シャーペンおすすめ イメージ

おすすめメーカーの2つ目は、パイロットです。

ボールペンを始めとした数多くの筆記用具は世界中から愛されています。長く書き続けていても手が疲れにくい「ドクターグリップ(Dr.Grip)」シリーズは学生から社会人まで幅広い世代から支持されています。

ゼブラ

ゼブラ シャーペンおすすめ イメージ

シャーペンだけではなく、ボールペンやマーカーなど様々な筆記用具を開発しているメーカーです。シャーペンとしては、芯が折れない「デルガード」を開発したことでも有名です。

文房具シャーペンのおすすめ まとめ

以上、シャーペンのおすすめランキングでした。

雑誌『LDK』と兄弟誌『MONOQLO』が、大人向けのデザインでキレイな文字が書ける1本をそれぞれ探した結果、ベストバイに選ばれたのは三菱鉛筆「ユニ アルファゲル スイッチ」​コクヨ「KOKUYO ME シャープペンシル(0.7mm)」でした。

LDKのおすすめ

LDKのおすすめ シャーペンおすすめ イメージ
LDKのおすすめ シャーペンおすすめ イメージ2

三菱鉛筆
ユニ アルファゲル スイッチ

雑誌『LDK』が選ぶ女性用シャーペンのベストバイは三菱鉛筆「ユニ アルファゲル スイッチ」​です。

女性が使いやすい淡いくすみカラーで、大人が持っていても悪目立ちしないデザイン。太めのグリップが持ちやすく、なめらかな書き味でスルスルと文字が書けます。

MONOQLOのおすすめ

MONOQLOのおすすめ シャーペンおすすめ イメージ
MONOQLOのおすすめ シャーペンおすすめ イメージ2

コクヨ
KOKUYO ME シャープペンシル(0.7mm)

雑誌『MONOQLO』が選ぶ男性用シャーペンのベストバイはコクヨ「KOKUYO ME シャープペンシル(0.7mm)」でした。

鉛筆感の少ない大人向けの洗練されたデザインが魅力。ラバーグリップで手がすべりにくく、とめ・はね・はらいがしっかりとしたキレイな文字が書けます。

気になったアイテムは、ぜひチェックしてみてくださいね。お気に入りの文房具で仕事や勉強の気分をアゲていきましょう。

文房具シャーペンの売れ筋ランキングもチェック!

シャーペンのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。