パソコンCPUクーラーとは?

CPUクーラーとは? CPUクーラーおすすめ イメージ

PC内のパーツはCPUを筆頭に、高熱を発するものばかりで構成されています。冷却・静音パーツはケース内の風の流れ(エアフロー)をスムーズにして、効率よくパーツ冷却します。

冷却パーツを選ぶ際はエアフローを考慮し、熱による機器の故障を回避しましょう。

CPUクーラーは換装すべき?

一部製品を除き、店頭で販売されている箱入りのCPU(いわゆるリテール品)はCPUクーラーが付属しています。ただ、この付属CPUクーラーは、冷却性能がそれほど高くありません。

パソコンで高負荷の作業を頻繁にするのなら、高性能なCPUクーラーを別途購入して付け替えるのが得策です。もちろん、CPUクーラーが付属していないCPUを購入した場合も別途CPUクーラーを用意する必要があります。

パソコンCPUクーラーの選び方は?

CPUクーラーには水冷式、大型ファン、ファンレスといった種類があり、それぞれ冷却性能や静音性に違いがあります。

冷却性能と静音性を両立する場合、やや割高ですが、ポンプで冷却液を循環させる「水冷式」の利用がおすすめです。

リテール品付属ファンの特徴は?

CPUパッケージに同梱されているCPUファン。長時間、高負荷の作業をすることを前提には作られていません。

リテール品付属ファンの特徴は? CPUクーラーおすすめ イメージ

大型ファンの特徴は?

装着するにはケースとの干渉に注意が必要。リテール品のファンよりも冷却性能が高く、動作音も静か。価格も比較的安価です。

大型ファンの特徴は? CPUクーラーおすすめ イメージ

水冷式の特徴は?

CPUの熱を冷却液で冷ますタイプ。静音性に優れるぶん高価ですが、近年では大型ファンタイプとの価格差が小さくなっています。

「本格水冷」と呼ばれるタイプの製品だと組み立てに手間がかかり、あまりおすすめできません。「簡易水冷」と呼ばれる、組み込みやすく価格も手ごろなタイプを選びましょう。

水冷式の特徴は? CPUクーラーおすすめ イメージ

▼簡易水冷タイプのおすすめ

▼簡易水冷タイプのおすすめ CPUクーラーおすすめ イメージ

DEEPCOOL
LE520

最大ノイズレベル:32.9dBA

ファンレスの特徴は?

ファンが存在しないので静音性はバツグンですが、冷却性能が低いので発熱の少ない省電力のCPU向けです。

ファンレスの特徴は? CPUクーラーおすすめ イメージ

パーツの熱暴走を防ぐには?

PCパーツは熱に弱く、ケース内の温度が高いと故障の原因になります。これを防止するには、パーツの熱を外に逃がすようにケースファンを設置するのがポイントです。

とはいえ、効率よくケース全体を冷却するには、ケース内のエアフロー(空気の流れ)を考慮する必要があります。よって、ケースファンを増やす場合、すでに設置されているファンの風向きとぶつからないよう考える必要があります。

ケース内のエアフローを確認

ケース内のエアフローを確認 CPUクーラーおすすめ イメージ

PCケースのほとんどは前面のファンから空気を取り込み、背面のファンで熱を排出する仕組みです。ケース内に十分な空気の通り道がないと、排熱の効率が落ちてしまいます。

大口径のケースファンがおすすめ

PCケースは通常、複数の大きさのファンが取り付けられる設計になっていますが、別途追加する場合は静音性の高い、大口径のファンを選ぶのが賢い選択です。

▼大口径ケースファンのおすすめ
▼大口径ケースファンのおすすめ CPUクーラーおすすめ イメージ

SCYTHE
KAZE-FLEX 140mm PWM

ファン口径:140mm
最大ノイズレベル:26.45dB

CPUクーラーを買う時の注意点は?

Intel第11世代以前のクーラーは、12世代以降との互換性がありません。

Intelが第12世代以降のCPUで採用しているCPUソケット「LGA1700」は、2004年以来となるCPUサイズの変更が行われました。そのため、CPUクーラーにもそれまで使われていた製品とは異なるサイズのものが必要になっています。

現在販売されているCPUクーラーの中には、古いCPUにしか対応していない製品も少なからず存在するため、製品を購入する際には対応するソケット形状を必ず確認しましょう。

CPUクーラーを買う時の注意点は? CPUクーラーおすすめ イメージ
CPUクーラーを買う時の注意点は? CPUクーラーおすすめ イメージ2

CPUクーラーがどのCPUソケットに対応しているかは、メーカーサイト、販売サイトの仕様表、店頭に並んでいるパッケージなどで確認できます。

パソコンCPUクーラーのおすすめは?

CPUクーラーのおすすめは? CPUクーラーおすすめ イメージ

「パーツの理解は深まったけど、やっぱり間違いのない製品を買いたい!」そんな人に向けて、雑誌『自作PC 最強バイブル 2024』の中で紹介されたドスパラ店員によるおすすめ製品ランキングを公開します!コストパフォーマンスの高い製品を中心に選出されているので、お財布にも優しいです。

第1位DEEPCOOL「AK400 WH PASTEL BLUE」

CPUクーラーおすすめ DEEPCOOL AK400 WH PASTEL BLUE※画像はドスパラ公式のもの イメージ1

※画像はドスパラ公式のもの

  • DEEPCOOLAK400 WH PASTEL BLUE
  • 実勢価格: ¥4,405
主な対応ソケット
LGA 1700、Socket AM5•AM4
風量
66.47CFM
高さ
155mm

第2位DEEPCOOL「LE720 WH R-LE720-WHAMMN-G-1」

CPUクーラーおすすめ DEEPCOOL LE720WHR-LE720-WHAMMN-G-1※画像はAmazonより イメージ1

※画像はAmazonより

  • DEEPCOOLLE720WHR-LE720-WHAMMN-G-1
  • 実勢価格: ¥12,464
主な対応ソケット
LGA 1700、Socket AM5•AM4
風量
85.85CFM
ラジエーターサイズ
W120xD402xH27mm
型番
R-LE720-WHAMMN-G-1

第3位Scythe「虎徹 MARK3 SCKTT-3000」

CPUクーラーおすすめ Scythe 虎徹MARK3 SCKTT-3000※画像はAmazonより イメージ1

※画像はAmazonより

  • Scythe虎徹MARK3 SCKTT-3000
  • 実勢価格: ¥3,319
主な対応ソケット
LGA 1700、Socket AM5•AM4
風量
16. 90~67.62CFM
高さ
154mm
型番
SCKTT-3000

4位: DEEPCOOL「AK620 R-AK620-BKNNMT-G」

CPUクーラーおすすめ DEEPCOOL AK620 R-AK620-BKNNMT-G※画像はAmazonより イメージ1

※画像はAmazonより

  • DEEPCOOLAK620 R-AK620-BKNNMT-G
  • 実勢価格: ¥7,100
主な対応ソケット
LGA 1700、Socket AM5•AM4
風量
68.99CFM
高さ
160mm
型番
R-AK620-BKNNMT-G

5位: NZXT「Kraken 240 RL-KN240-B1」

CPUクーラーおすすめ NZXT Kraken 240 RL-KN240-B1※画像はAmazonより イメージ1

※画像はAmazonより

  • NZXTKraken 240 RL-KN240-B1
  • 実勢価格: ¥20,641
主な対応ソケット
LGA 1700ほか
風量
21.67~78.02CFM
ラジエーターサイズ
W123xD275xH30m
型番
RL-KN240-B1

パソコンまとめ:CPUクーラーで熱による故障を防ぐ

以上、CPUクーラーのおすすめランキングでした!

CPUクーラーは色を合わせるためか、PCケースと同様にホワイトやパステルカラーが人気です。

また、最近では2位の「LE720 WH R-LE720-WHAMMN-G-1」のように、デザイン性と冷却性能を兼ね備えた水冷のCPUクーラーも多くのユーザーに選ばれています。

ご紹介した選び方のポイントを参考に、目的に合った最適な冷却・静音パーツを見つけてみてくださいね。

CPUクーラーのおすすめ

CPUクーラーのおすすめ CPUクーラーおすすめ イメージ

DEEPCOOL
AK400 WH PASTEL BLUE
ドスパラ限定モデル

パソコン冷却パーツの売れ筋ランキングもチェック!

冷却パーツのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。