キッチン食材をおいしく&長く保存する簡単な方法は?

食材をおいしく&長く保存する簡単な方法は?

食材が鮮度を失う原因は水分や乾燥、空気に触れる、低温など食材によってさまざま。なんとなく保存をして、気づけば腐らせているという人も多いのではないでしょうか。食品は3つの保存方法を理解すると美味しさと長持ちが叶うんです。

「おいしさ」と「長持ち」が叶う保存のキホン

保存方法1:常温

直射日光が当たらない風通しのよい場所で保存すること。部屋によっては日光や温度の影響で野菜の成長が進み旨味を損なう可能性があるので注意しましょう。

保存方法2:冷蔵

一定の温度を保てる冷蔵室ですが、季節によって庫内温度は変化すると言われています。野菜室は冷蔵室に比べて湿度が高いため、水気に弱い野菜は避けてください。

保存方法3:冷凍

長期保存は冷凍一択ですが、本来の食材の旨味が壊れてしまうことも。しかし、時短調理には最適で、解凍や調理方法を工夫することで食感も保てます。

ということで、テストする女性誌『LDK』が料理家の皆さんと一緒にズボラさんでも取り組める世界一カンタンな食品保存ワザを大研究。食材がいつもよりおいしくて長持ちするテクニックやおすすめアイテムを紹介します。

キッチン野菜の短期保存は常温・冷蔵!長期保存は冷凍して時短調理に

野菜は短期保存が基本。常温・冷蔵で湿気や乾燥から守って食感や旨味を保ちます。長期保存する場合は冷凍で野菜の細胞を壊して短時間調理に生かしましょう。

短期保存方法1:常温

短期保存方法1:常温

常温保存に適しているのは土の中で育つ野菜。直射日光を避けて風通しのよい場所で保管しましょう。葉物は水分が蒸発しやすいので常温保存には向いていません。

短期保存方法2:冷蔵

短期保存方法2:冷蔵

冷蔵保存では、「湿気」や「乾燥」によって野菜の腐敗が加速してしまいます。湿気に弱いにんじん、いも類はキッチンペーパーで水気を取ってから保存するのがコツ。一方、乾燥に弱いネギやほうれん草は濡れキッチンペーパーで包んであげましょう。それぞれの野菜が何が苦手なのかを知っておくだけでも、保存の基準になります。

長期保存方法:冷凍

長期保存方法:冷凍

冷凍すると野菜の中の水分が凍り、脱水状態になることで味がよくしみこみます。元の食感とは変わってしまいますが、火の通りが早くなるので時間短縮につながります。

酒寄美奈子 氏
料理研究家
酒寄美奈子 氏 のコメント

時短を目的にすれば冷凍野菜も役立ちます。

今回は、大根・きのこ・刻みネギの冷凍保存テクを紹介します。

キッチン大根は切って冷凍すると味がしみやすい

大根は切って冷凍すると味がしみやすい

大根は切ってから保存袋に入れて冷凍すると、生のまま料理するよりも短時間で味がしみやすくなります。冷凍室から出したらすぐ料理に使えるのもメリットです。

大根は切って冷凍すると味がしみやすい

いちょう切りにするとより短時間で火が通る!

大根は切って冷凍すると味がしみやすい

分厚い大根もしみしみに完成。

大根おろしは「すりおろす⇄冷凍」どちらもおいしい!

▼すりおろしてから冷凍

大根おろしは「すりおろす⇄冷凍」どちらもおいしい!

大根をすりおろしてからラップで茶巾包みにして冷凍。食感や味の変化はほぼなし。

▼冷凍してからすりおろす

大根おろしは「すりおろす⇄冷凍」どちらもおいしい!

大根を冷凍したあと、半解凍してからすりおろします。この場合もふんわり感が出ます。

キッチンきのこは冷凍の前に石づきを落とす

きのこは冷凍の前に石づきを落とす

しめじは石づきを切り落としてほぐし、しいたけは軸を切り落として保存袋に入れて冷凍。香りや旨味も増します。

キッチン刻みねぎは冷凍時にペーパーに包めばパラパラ!

刻みねぎは冷凍時にペーパーに包めばパラパラ!

刻みねぎを保存容器に入れて冷凍すると水分が出て1つの塊になり取りにくくなります。

そこで試して欲しいのがキッチンペーパーを敷いて全体を包む方法。

これをしておくだけでねぎから出る水分をキッチンペーパーが吸っていつでもパラパラになり、使いたい分だけすぐ取れます。

キッチンおすすめ:鮮度、開閉しやすさがピカイチの「ジップロック」

おすすめ:鮮度、開閉しやすさがピカイチの「ジップロック」
王冠アイコン

ジップロック
フリーザーバッグ L
実勢価格:298円

SPEC:26.8×27.3cm/耐冷-70℃/耐熱100℃/厚さ0.06mm

ジップロック「フリーザーバッグ L」は、フリーザーバッグ9製品比較でベストバイにえらばれました。スーッとはまりやすく、開けやすいよう工夫されたジップはさすが! 密閉力が高く鮮度キープも優秀。使い勝手と鮮度の良さを考えるなら、やや高めでもアリです!

おすすめ:鮮度、開閉しやすさがピカイチの「ジップロック」

ジップがはまりやすく、なぞるだけでスーッとキャッチしてストレスなし!

以上、世界一カンタンな食品保存ワザとおすすめアイテムの紹介でした。

それぞれの食材に合った保存術を知れば、鮮度をキープしたままムダなく最後まで使いきることができます。どれも簡単にできるので、ぜひマネしてみてくださいね。

キッチン保存用バッグの売れ筋ランキングもチェック!

フリーザーバッグやポリ袋など保存用バッグのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。