誰でもラクにマネできる!"やらなきゃ損"な節約ワザ

食費や固定費の出費、時間のかかる家事など「節約したいけどうまくいかない」「面倒になってしまう」なんてことはありませんか?

そんな人のために、テストする女性誌『LDK』が、誰でも簡単にはじめられる「やらなきゃ損する節約ワザ」を大公開。ラクにマネできてムダを削れるワザを集めました。

その中から今回は、毎日の献立のアイディアや時短につながるの節約ワザを3つ紹介します。

節約ワザ1:曜日ごとに合わせて献立ルールを決める

アプリを使っていたとしても、毎日の献立を考えるのはかなり面倒。そのうえ、せっかく作っても、ちょっとメニューがカブると家族に「また?」と言われてしまうことも。

そんなときは近所のスーパーの特売日にあわせたり、曜日ごとのライフスタイルにあわせて、ある程度献立のルールを決めておきましょう。

例えば毎週火曜日は残り物で鍋もの、毎週水曜日は丼ものなど。仮に守れなくてもいい!! ゆるルールでOKなんです。

上記の献立表をぜひ参考にしてみて。ゼロから考えなくていいだけでも、献立に悩む時間を減らせます。

節約ワザ2:献立のアイディアは○○の素コーナーにあり

献立が思い浮かばないときは、とりあえずスーパーの〇〇の素コーナーへ行ってみましょう。種類が豊富なので献立の参考になるうえ、冷蔵庫の余りものを生かしたメニューを思いつくことも!

また、スーパーのスタート場所をここにすることで、買うものが決まって店内を回る時間を短縮できます。ほかの商品に目移りしにくくなるため、ムダ買いの防止にもつながるんです。

節約ワザ3:副菜はレシピに忠実じゃなくてOK

レシピに記載されている食材がそろっていないからといって、ほかの案を考えるのは手間が増えるばかり。副菜は、メインの残りや冷蔵庫にある食材で作れば十分なんです。

たとえばきんぴらなら、にんじんがなくてもごぼうだけで立派な一品に仕上がります!

そのほか玉ねぎだけのサラダ、キャベツだけの炒めなど食材は1つでも、調味料の組み合わせを変えればバリエーションが広がり、家族からの「またこれ?」も防げますよ。

常備調味料を組み合わせて一品に!

・玉ねぎ
・ポン酢
・かつおぶし
・マヨネーズ
・しょうが


食材は1つでも、調味料の組み合わせを変えれば献立も広がります。和食にはしょうが、こってりならマヨネーズなど組み合わせを変えてみましょう!

【おすすめ】かけるだけで一品完成 無印良品「ごはんにかけるガパオ」

無印良品
ごはんにかけるガパオ
実勢価格:350円

※リンク先はセット販売の商品ページを含みます

▼テスト結果
おいしさ:◎
満足度 :◎


忙しい時はすぐにできるおいしい「○○の素」に頼りましょう!

無印良品のかけるだけシリーズの中でいちばんの高評価を獲得したのは、「ごはんにかける ガパオ」。白ご飯にかけるだけで、タイ料理屋台の一品みたいに仕上がります。

スパイシーでエスニック好きも納得の味。具材のひき肉もたけのこもたっぷり入っていて、香辛料の香りと濃いめの味付けが食欲をそそります!

レトルト食品の売れ筋ランキングもチェック!

レトルト食品のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

以上、毎日の献立のアイディアや時短につながる節約ワザのご紹介でした。今すぐマネできることからはじめてみましょう!

『節約の便利帖』

晋遊舎
節約の便利帖
実勢価格:750円

「節約の便利帖」では、お金と時間と手間をカットしてお得に暮らす198のコツを紹介しています。ぜひチェックしてみてください。