AV機器暮らしの悩み&ストレスが解決できるWi-Fi術って?

今では私たちの生活に欠かせないものとなったWi-Fi。ですが、そんなWi-Fiのことを「ギガの節約で使うもの」程度に考えていませんか?

実は、最新家電の多くはWi-Fiと連携させることでより便利になるんです。そこで、本音の家電ガイド『家電批評』が、快適な部屋づくりができるストレスゼロの最新Wi-Fi術をお届けしちゃいます。

Wi-Fi術を駆使して家中の悩みを解決するとともに、「ぶっちゃけ、Wi-Fiのことよくわかってない」というストレスも解決します!

AV機器大量のCDは無線レコーダーでスマホに転送!

快適な部屋づくりにあたり、「リビング」「キッチン」「風呂・トイレ」など、エリアごとにフォーカスしました。

今回は自分の部屋編です。最近の音楽は、ダウンロード販売やサブスクが一般的ですが、好きなアーティストのCDはついつい買ってしまいますよね。

ただ、部屋が狭くて大量のCDを片付けられない人もいるのでは? そこでおすすめしたいのが、CDの曲を手間なくスマホに転送できるバッファローの「ラクレコ」です。

AV機器いろんな曲を取り込み放題! バッファロー「ラクレコ RR-W1-BK」

※画像はAmazonより

バッファロー
ラクレコ RR-W1-BK
実勢価格:9170円

サイズ・重量:W145×D168×H17mm・約350g
電源:AC100V 50/60Hz
最大消費電力:8W

バッファロー「ラクレコ RR-W1-BK」は、Wi-Fiでスマホと接続するだけで、PCを経由せずに楽曲を取り込める無線レコーダー。

ACアダプタで給電しますが、別売りでモバイルバッテリーから給電できる専用ケーブルも販売されています。また、曲の読み込み、読み込んだ曲の再生などは専用アプリで行います。プレイリストやシャッフル再生など、よく使う機能を搭載しています。

AV機器歌詞やジャケ写もネットから自動取得してくれる

取り込みは、1曲につき30秒〜1分ほど。歌詞の表示、シャッフル再生、プレイリストの作成など、よく使われる機能は備えていて、音楽プレーヤーとしては不足なく使うことができます。

ただし、楽曲の再生は専用アプリのみでしか行えず、Apple Musicなど他の音楽再生アプリとの互換性はありません

転送時間は1曲たったの約1分!

STEP1:本体とスマホをアプリで接続

アプリを起動して本製品とスマホを接続して、取り込みをスタートします。

STEP2:収録曲から取り込む曲を選択

すぐに収録曲が表示されるので、その中から取り込みたい曲を選択します。

STEP3:音質を設定して取り込みスタート!

音質設定は5段階から選べます。音質が良いほどデータ量は増えます。

屋内用と屋外用をスイッチで切り替える

5GHz帯の電波は、実は屋外で使用することが電波法によって禁止されています。外で使うときは注意しましょう。

意外とスマホの容量を圧迫するかも

アプリは32MBとかなり軽量ですが、20曲ほど取り込むと約220MBまでデータ量が増加しました。音質設定や曲の長さなどでデータ量は変化しますが、気にせずバンバン取り込んでいると容量を圧迫する可能性があるので気をつけましょう。

以上、バッファロー「ラクレコ RR-W1-BK」の紹介でした。

操作もシンプルで使いやすいので、懐かしいCDや、買ったはいいけど放置しているCDの曲をスマホに取り込んで整理してはいかがでしょうか。

AV機器無線LANの売れ筋ランキングもチェック!

無線LANのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。