スマートフォン2020の総まとめ!最強コスパの家電&デジタル一挙公開

コロナ禍に見舞われたこの1年間、ネットを疑う家電ガイド『家電批評』ではテストにテストを重ね、数々の掘り出しものを発見してきました。その中には、こんな時代だからこそ生まれたベストヒットアイテムも。

今回は、家電界隈をくまなく巡ってきた取材班が思わずうなった、趣味満喫アイテムをご紹介します。

スマートフォン今年はこんなものがヒットしました

振り返ってみると、2020年3月の緊急事態宣言とともに、コロナ対策グッズが大注目となりました。また、巣ごもり需要により、さまざまな家電も売れました。

▼パナソニック「ジアイーノ」
品薄になりプレミア化。空気清浄機の売り上げもUP。

▼パソコン・周辺機器
テレワーク需要でパソコンや周辺機器が売れ、Webカメラやヘッドセットは特に品薄に。

▼キッチン家電
外出自粛でキッチン家電人気に火がつきました。また感染予防の観点から、体温計やハンドソープの自動ディスペンサーなど非接触家電も人気に。

▼ドライブレコーダー
直接コロナとは関連しませんが、あおり運転の厳罰化で需要がさらに高まりました。

▼Nintendo Switch
大人気ソフト「あつまれ どうぶつの森」の発売に加えて、外出自粛の影響で、Nintendo Switchも大争奪戦に。

▼4Kテレビ
オリンピック需要が期待された4Kテレビですが、延期になっても巣篭もり需要で販売台数は好調。とくにハイセンスでは前年比200%を超える大ヒット。

そのほかにも、夏の猛暑でネッククーラーが売れたり、度重なる台風被害などで防災アイテムが売れるなど、ヒット商品を振り返ってみると、今年1年の社会の動きが見えてくるようです。

今回は、レコードプレイヤーやプロジェクターなど2020年注目されたオーディオ製品を紹介します。

AV機器おうち時間でレコード初体験 ソニー「PS-LX310BT」

ソニー
PS-LX310BT
実勢価格:2万208円

サイズ・質量:W430×H108×D367mm・約3.5kg

ソニー「PS-LX310BT」は、復権しつつあるアナログレコードの入門用プレイヤー。おうち時間にレコードを始める人が多いようで、例年以上の売れ行きをマークしました。

Bluetooth対応のワイヤレススピーカー、サウンドバー、ヘッドホンなどと接続し、ワイヤレスでレコードの音を楽しめます。新たなレコードの楽しみ方ができます。

ここ5年ほど、レコードの出荷数は右肩上がりなんです。

AV機器壁から天井までスクリーンに アンカー「Nebra Astro」

アンカー
Nebra Astro
実勢価格:2万9990円

サイズ・重量:W91.2 ×H82×D89.2mm・約380g

アンカー「Nebra Astro」は、丸い、手のひらサイズのプロジェクターで、手軽にネット動画を楽しめます。上位モデルに比べると画質や機能で一歩劣るものの、価格は約半額程度。コスパのよさが光ります。

アンドロイドTVに対応しており、Netflix やAmazonプライムビデオなどのネット動画をすぐに楽しめます。

AV機器品切れになるほどの大ヒット! ロード「NT-USB Mini」

ロード
NT-USB Mini
実勢価格:1万3855円

サイズ・重量:W5.5×H14.2×D8.9cm・585g
出力端子:USB-C、3.5mm ヘッドホンアウト

ロード「NT-USB Mini」は、USBで手軽にPCに入力でき、2020年4月の発売から品薄が続いた人気のUSBマイクです。ビデオ会議で自分の声を確実に伝えられます。ゲーム実況、ポッドキャストをはじめとする声の配信でも注目されました。

程よく声を拾ってくれるので、テレワークでほぼウェブ会議という人には重宝します。

以上、趣味満喫アイテムのご紹介でした。2020年注目されたオーディオアイテムで、おうち時間をさらに充実させてみませんか?

AV機器『家電批評』2020年12月号

家電批評
2020年12月号

家電デジタルの最強コスパ140製品を紹介した「安くて良いモノ スペシャル」を特集している『家電批評』2020年12月号はこちらから購入できます。ぜひチェックしてみてくださいね。