電動バスポリッシャーって? お風呂掃除におすすめな理由

電動バスポリッシャーのイメージ

キレイなお風呂に毎日入りたいけど、入浴の前後にお風呂場をスポンジや掃除ブラシでゴシゴシこするのって、疲れるし大変ですよね。そこでおすすめなのが「電動バスポリッシャー」です。

電動バスポリッシャーとは、お風呂を掃除するのに便利な電動ブラシ。モーターでヘッドを動かし、浴槽や壁などに当てるだけで汚れを落としてくれます。

そこで、本音の家電ガイド『家電批評』が電動バスポリッシャーの人気商品をテスト。浴槽を毎日ラクに洗えるのはどれなのか探しました。

電動バスポリッシャーのテスト方法

今回は、ハンディタイプやスティックタイプなど電動バスポリッシャー4商品を集めて「浴槽の掃除のしやすさ」「充電しやすさ」「収納性」の3項目を比較しました。

その結果、浴室掃除におすすめな順に紹介します。

狙った場所をスムーズに掃除できる「BHPC130」

ブラック・アンド・デッカー
BHPC130
実勢価格:2500円

サイズ・重量:約53×123×90mm・約230g
バッテリー:単3乾電池4本
作業時間:約2時間
回転数:約170回転/分

▼テスト結果

  • 浴槽掃除のしやすさ: ◎
  • 充電しやすさ: ◎
  • 収納性: ◎
  • 評価: S

電動バスポリッシャー4製品でベストバイに輝いたのは、ブラック・アンド・デッカー「BHPC130」でした。

ブラック・アンド・デッカー「BHPC130」の検証

柔軟性のあるスポンジヘッドが浴槽の曲面や四隅に沿ってフィット。モーターの回転力は強く、小型で持ちやすいため、狙った場所をスムーズに掃除できました。また、充電タイプは乾電池式で、充電する手間もありません。

ベストバイの理由:浴槽の四隅や角にもジャストフィット

ブラック・アンド・デッカー「BHPC130」はすみにフィットする

アタッチメントのスポンジは柔軟性があるため、フィット感はバツグンです。浴槽の四隅や内部のゆったりした曲線といった、平らではない場所の掃除がほか3製品と比べて快適でした。コンパクトで握りやすく、取り回しも最高です。

テスト結果1:充電しやすさ

電源は単3電池4本。小型なのでどこでも電池の交換ができます。

テスト結果2:収納性

掃除用スポンジと同程度の大きさで、浴室に置いておけます。

平坦な面をスイスイ洗える「充電式スピーディスクラバー」

ブラック・アンド・デッカー「充電式スピーディスクラバー」

ブラック・アンド・デッカー
充電式スピーディスクラバー
実勢価格:4609円

▼テスト結果

  • 浴槽掃除のしやすさ: ○
  • 充電しやすさ: ○
  • 収納性: ○
  • 評価: A+

2位はブラック・アンド・デッカー「充電式スピーディスクラバー」でした。こちらはデッキブラシのようにも使えるスティックタイプです。

ブラック・アンド・デッカー「充電式スピーディスクラバー」の検証

専用パッドは浴槽の平坦な面をスイスイ洗えました。ただ、四隅やコーナーは苦手です。

テスト結果1:充電しやすさ

掃除を終えたら、専用のスタンドに置くだけで充電できます。

テスト結果2:収納性

一般的なお風呂掃除用のスポンジより大きめですが、浴室に置いても邪魔ではありません。

付属品が充実している「ターボプロバスポリッシャー」

Epeios「ターボプロバスポリッシャー」

Epeios
ターボプロバスポリッシャー
実勢価格:5999円

▼テスト結果

  • 浴槽掃除のしやすさ: △
  • 充電しやすさ: △
  • 収納性: △
  • 評価: A

3位のEpeios「ターボプロバスポリッシャー」もデッキブラシのようにも使えるスティックタイプ。ヘッドの付属ブラシは充実しています。

Epeios「ターボプロバスポリッシャー」の検証

しかし、ブラシを浴槽に当てると跳ねて手元が不安定に。それに大きいので、充電する場所を選びます。

テスト結果1:充電しやすさ

こちらは充電式バスポリッシャー。持ち手を取り外し、ACアダプタを差しこんで充電します。

テスト結果2:収納性

延長ポールなしでも長め。狭い浴室だと置き場所に困ります。

4位: 狙った所に当てにくい「ハンディタイプ バスポリッシャー」

ベルソス「ハンディタイプ バスポリッシャー」

ベルソス
ハンディタイプ
バスポリッシャー
実勢価格:2480円

▼テスト結果

  • 浴槽掃除のしやすさ: △
  • 充電しやすさ: △
  • 収納性: △
  • 評価: B+

4位はベルソス「ハンディタイプ バスポリッシャー」でした。

ベルソス「ハンディタイプ バスポリッシャー」の検証2

片手で操作するため、ブラシが跳ねて狙った所に当てにくいのが残念。充電も面倒でした。

テスト結果1:充電しやすさ

この製品も充電式バスポリッシャー。浴室の外まで本体を運び、ACアダプターで充電します。

テスト結果2:収納性

3位のEpeios「ターボプロバスポリッシャー」より小さいですが、浴室に置くには本体が大きめです。

電動バスポリッシャーを選ぶときの注意点

使いにくいタイプの電動バスポリッシャー

今回、電動バスポリッシャー4製品のテストでわかったのは、硬め素材のブラシのものは、あてると本体が跳ねて不安定になり、使いにくいということ。

モーターで回転する硬いブラシを浴槽にあてると、反発して跳ねるときがありました。狙った場所にあてにくいうえ、洗い残しも心配。跳ねを抑える力も必要です。

おわりに

以上、電動式で楽に掃除ができる風呂掃除ブラシ、電動バスポリッシャー4製品のおすすめランキングでした。

浴槽を毎日サッと洗うならフィット感があって小型の製品が最適解。ベストバイに選ばれたブラック・アンド・デッカー「BHPC130」なら、毎日の浴室掃除の大変さから解放されます。ゴシゴシとサヨナラして、軽い力ですみまでピカピカにしましょう!