スクリーン投影で画質も明るさもアップ!

プロジェクターを使う際にやりがちな家の白い壁紙への投影。たしかに映像は映りますが、実は壁紙には細かい凸凹があります。そのため、壁紙投影だとキレイに映像を投影できていないのです。

プロジェクタースクリーンなら面が平らなので映像をキレイに投影できます。ホームシアターやゲームを、大画面で思う存分楽しむことができます。

▼壁紙投影

 

家の壁紙に投影した映像。凸凹で画質がスポイルされてしまっています。

▼スクリーン投影

 

スクリーンに投影した映像。画質が損なわれずキレイに映っています。

プロジェクタースクリーンを選ぶポイント

ポイント1:スクリーンは安いものでも十分!

高いものだと10万円を超えるプロジェクタースクリーンがありますが、安価なものでも十分キレイな映像を楽しめる商品がたくさんあります

国内製で2万円程度、中国製なら1万円程度で購入できるものもあるので、まずは安いものでその効果を体感してみてください。

ポイント2:選ぶなら省スペースの「吊り下げ式」

プロジェクタースクリーンには「自立式」「吊り下げ式」の2タイプがあります。使いやすさで選ぶなら間違いなく「吊り下げ式」です。窓枠から吊るせるので、他の家具の配置を気にせずに設置できます。中にはカーテンレールの設置に対応している優れものもあります。

吊り下げ式は吊るすだけだから、組み立てが簡単で設置もパパッとできちゃいます。一方、自立式だと設置が面倒です…。

プロジェクタースクリーンおすすめ5選

それでは編集部が実際に試して厳選した5つのプロジェクトスクリーンの評価をおすすめ順に紹介していきます。

点数は「解像度の高さ」「コントラストの豊かさ」「色味」「模様が見えないか」「明るい部屋での視認性」の5項目をそれぞれ10点満点で採点。

最も優れていた製品は、どのプロジェクトスクリーンなのでしょうか!?

ニトリ「遮光ロールスクリーン(ドルフィンWH180X220)裏面」

ニトリ
遮光ロールスクリーン(ドルフィンWH180X220)裏面
実勢価格 6101円

  • 解像度: 8/10
  • コントラスト: 9/10
  • 色: 7/10
  • 模様見え: 6/10
  • 明るい部屋: 9/10
  • 合計: 39/50

格安のスクリーンというとAmazonなどで見つかる中国製スクリーンを選びがちですが、灯台下暗しで入手しやすく、かつ80インチの映像を投影できるスクリーンがありました!

それは「ニトリ」。しかもカーテン用のロールスクリーンです。ただ、注意していただきたいのは、“裏面を使用する”ということです。

解像度は全体の立体感があり、コントラストは明所も暗所もよく伸びています。プロジェクトスクリーンとして総合力が高くオススメの商品です。

折原一也 氏
AVライター
折原一也 氏 のコメント

ニトリを裏返すのが解像度もコントラストも優秀でした!

ベストな理由:設置も収納もラク!

この商品はあくまでカーテンなのでカーテンレールに取り付けられるのが大きなポイント。設置&収納がスルスル~っと簡単にできちゃうんです。

釘でブラケットに取り付けワンタッチで吊るせます。

スクリーンを用意したいときはスルスル~と引き出すだけ。

収納時もスルスル~と戻すだけ。

一般的なプロジェクタースクリーンは「ガチャン」という音を立てがちですが、このスクリーンはカーテン用だから静かに収納できます。

ポイント:設置するときは表と裏を反対に!

スクリーンは白ければいいというわけではありません。こちらの商品の場合、表面はかなり色が黄ばみ白飛びします。設置する際は裏向きに取り付けましょう。

裏面は手前から奥に巻き取られる形になります。

NIERBO「プロジェクタースクリーン 84インチ 16:9」

NIERBO
プロジェクタースクリーン 84インチ 16:9
実勢価格 2549円

  • 解像度: 8/10
  • コントラスト: 6/10
  • 色: 6/10
  • 模様見え: 8/10
  • 明るい部屋: 6/10
  • 合計: 34/50

3000円以下という格安のプロジェクトスクリーンですが、映像に密度感、シルキーさがあり優秀。スクリーンとしては十分に合格点です。

NAQIER「手動吊り下げ式プロジェクタースクリーン 75インチ 4:3」

NAQIER
手動吊り下げ式プロジェクタースクリーン 75インチ 4:3
実勢価格 9889円

  • 解像度: 7/10
  • コントラスト: 7/10
  • 色: 5/10
  • 模様見え: 6/10
  • 明るい部屋: 5/10
  • 合計: 30/50

グレー系で黒が沈み込んでほしい映画に最適のプロジェクタースクリーンです。その分、輝度は低めですが用途にマッチしていればアリです。

GooDee「プロジェクタースクリーン 100インチ ワイド 16:9」

GooDee
プロジェクタースクリーン 100インチ ワイド 16:9
実勢価格 6100円

  • 解像度: 6/10
  • コントラスト: 7/10
  • 色: 6/10
  • 模様見え: 5/10
  • 明るい部屋: 9/10
  • 合計: 33/50

輪郭がくっきり出る屋外対応の高ゲインプロジェクタースクリーン。視認性が高く、明るい部屋でもしっかり映像を楽しめます。

C評価: サンローズ「ロールスクリーンアゲインスト 幅180×丈210cm」

サンローズ
ロールスクリーンアゲインスト 幅180×丈210cm
実勢価格 8980円

  • 解像度: 4/10
  • コントラスト: 4/10
  • 色: 3/10
  • 模様見え: 4/10
  • 明るい部屋: 2/10
  • 合計: 17/50

投影した映像の解像度が落ちてしまい、黒も締まりません。色も黄ばんでいます…。今回比較したプロジェクタースクリーンの中で唯一のいまいち商品でした。

C評価: ニトリ「遮光ロールスクリーン(ドルフィンWH180X220)表面」

ニトリ
遮光ロールスクリーン(ドルフィンWH180X220)表面
実勢価格 6101円

  • 解像度: 4/10
  • コントラスト: 5/10
  • 色: 4/10
  • 模様見え: 5/10
  • 明るい部屋: 4/10
  • 合計: 22/50

上で紹介したように、裏面は非常に優秀なニトリのプロジェクタースクリーンですが、表面は打って変わってイマイチ。

投影してみるとマイルド系で明るく映りますが、色が黄ばみ白飛びした印象を受けました。

おわりに

気になるプロジェクトスクリーンは見つかったでしょうか?

プロジェクターの映像をより楽しむためには安くてもプロジェクトスクリーンの用意は必須! ここで紹介した商品の中から、ゲームや映画、ドラマ、アニメなど、目的に合ったものを購入してみてはいかがでしょうか。

また、360.lifeではホームプロジェクターのおすすめ記事も公開中ですので、こちらも合わせてご覧ください!

▼ホームプロジェクター おすすめランキング