感動した神アイテムを発表! 「2021年上半期 ベストバイ」

早くも2021年が半分過ぎました。『家電批評』ではたくさんの製品をテストして紹介してきましたが、今年はいつも以上に「これ絶対買ってほしい!」と感動させてくれたものがたくさんありました。

そこで、そんな「神アイテム」を「家電批評 2021年上半期 ベストバイ」として発表します! すべての製品は、プロのチェックによる「ベストバイと呼べる根拠アリ」。ぜひお買い物の参考にしてください。

今回ご紹介するのは、手帳アプリ部門からTakeya Hikage「Planner for iPad」と、家計簿アプリ部門からZaim.Inc「Zaim」です。

スマートフォンデジタル×手書きでシステム手帳を最適化! Takeya Hikage「Planner for iPad」

 
王冠アイコン

Takeya Hikage
Planner for iPad
アプリ価格:無料(アプリ内課金あり)

Takeya Hikage「Planner for iPad」は同期したGoogleカレンダーの上から手書きで予定を書き加えられます。また、付箋などのリフィルも充実しています。

マストバイな理由:iPadで出先でのスケジュール調整も簡単!

Takeya Hikage「Planner for iPad」2

Googleカレンダー上に手書きできます。

Takeya Hikage「Planner for iPad」3

デジタルとアナログで効率よく使えます。

▼「Planner for iPad」について詳しい検証はこちら

スマートフォン使ったお金が一目瞭然! Zaim Inc.「Zaim」

王冠アイコン

Zaim Inc.
Zaim
アプリ価格:無料(アプリ内課金あり)

 

「Zaim」は、便利機能満載の家計簿アプリ。カードを連携すると支出管理を自動で行い、内訳まで細かく表示。お金の流れを読むことが貯金への近道です。

マストバイな理由:便利機能が満載!

Zaim Inc.「Zaim」2

撮影するだけでレシートの読み取りも一瞬! 

Zaim Inc.「Zaim」3

医療費控除の申請フォーマットを作ったり、給付金情報や保険商品などを探したりできます。

▼詳しい検証はこちら。家計簿アプリの10製品比較ランキング

以上、「【家電批評 2021上半期 ベストバイ」に選出された、Takeya Hikage「Planner for iPad」とZaim.Inc「Zaim」の紹介でした。

スケジュール管理や家計管理をアナログでやっている人こそ、便利なのでおすすめです。お金も時間もデジタルで上手に管理しましょう。
 

手帳の売れ筋ランキングもチェック!

手帳のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

『家電批評』 2021年8月号

 『家電批評』 2021年8月号

晋遊舎
家電批評
2021年8月号
700円

『家電批評』2021年8月号には、神アイテム33選+αが掲載されています。ぜひ参考にしてみてくださいね。